残業の多い業種、少ない業種ランキング – もっとも多いのは「運輸業、郵便業」の月25.4時間

残業の多い業種、少ない業種ランキング - もっとも多いのは「運輸業、郵便業」の月25.4時間

日本の就業者一人あたり労働時間は先進国の中でも長い方だと言われている。自分が働いている業種、これから働こうとしている業種は残業が多いのか、少ないのか。これはぜひ知っておきたい情報だ。

今から20年以上前のバブル時代には「24時間戦えますか」などの勇ましいCMもあったが、この低成長時代においては、仕事も家庭も趣味も両立させたいという人も増えている。

ここでは厚生労働省「労働統計要覧(平成26年度)」をもとに、どの業種が一番、所定外労働(残業や休日出勤などの実労働時間)が多いのかを紹介してみたい。対象は30人以上の事業所。

最初に全産業の平成26年度の所定外労働の平均を出してみると月12.8時間だった。
さらにここ数年の推移をみると、平成25年度は12.4時間、平成24年度は12.2時間、平成23年度は11.9時間と実は少しずつ増えている。

所定外労働時間は、景気と密接にリンクしており、「景気がよくなる」→「受注が増える」→「既存の社員で対応」→「残業や休日出勤が増える」→「社員を増やす」という風に流れていく。アベノミクス効果なのだろうか。所定外労働時間の平均時間が増えるというのは、少しずつ景気が良くなっていることの現れでもあるので、一概に悪いとも言えないところもあるのだ。

では次に業種別で見ていこう。

残業が一番多い業種は「運輸業、郵便業」

調査の結果、月間の所定外労働が一番多いのは「運輸業、郵便業」の25.4時間だった。
もともと慢性的な人手不足がちな業界の上に、オンラインショッピング経由で買い物をする人の増加、活発になって来た企業間物流の増加で、取扱の荷物が飛躍的に増えていることが想像できる。残業時間が長い「運輸業、郵便業」では、賃金の1割以上を残業代が占めている。

次いで残業が多いのが「情報通信業」の月間20.2時間。通信、情報サービス、インターネット附随サービス、放送などからなる「情報通信業」の中でも、情報サービス業は企業のIT活用、クラウドの成長、企業のグローバル化によって需要が急増、複数のエンジニアがプロジェクト・チームで仕事を進めるため、所定外労働時間が多くなりがちな傾向にあるようだ。

3番目、4番目は景気の動向と関係の深い「建設業」の月間18.4時間、「製造業」の17.5時間と続く。

産業別 1ヶ月の所定外労働時間数

資料:厚生労働省「平成26年度 毎月勤労統計調査」 単位:時間
産業別 1ヶ月の所定外労働 時間数

もっとも残業が少ない業界は「医療、福祉」「教育、学習支援業」

反対に全業種の中でもっとも残業の少ない業界を見ると、一番は「医療、福祉」の月間5.8時間だった。その次に少ないのが「教育、学習支援業」の6.3時間となっている。

「医療、福祉」は、医師は週間就業時間60時間以上の人も多く長時間労働が慢性化しているが、全体で見るとシフト制が進んでいるからなのか、月間5.8時間ともっとも少ない結果となった。

残業の多い業種ランキング

業種 月間残業時間
1位 運輸業、郵便業 25.4
2位 情報通信業 20.2
3位 建設業 18.4
4位 製造業 17.5
5位 学術研究、専門・技術サービス業 16.0
6位 電気・ガス・熱供給・水道業 15.7
7位 鉱業、採石業、砂利採取業 14.9
8位 金融・保険業 13.4
9位 不動産業、物品賃貸業 11.5
10位 サービス業(他に分類なし) 11.4
11位 複合サービス事業 8.1
12位 卸売業、小売業 8.0
13位 生活関連サービス業、娯楽業 7.2
14位 宿泊業、飲食サービス業 6.6
15位 教育、学習支援業 6.3
16位 医療、福祉 5.8
調査産業計 12.8

転職にあたっての考え方

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を意識しよう。適切な労働時間で働き、休暇を取得することは、仕事に対する意識やモチベーションが高まると同時に、業務効率の向上にプラスの効果が期待される。一方、長時間労働や休暇が取れない生活が続くと、メンタルヘルスに影響を及ぼす可能性が高くなり、生産性も低下する。

特に20代~30代は、所定外労働(残業や休日出勤などの実労働時間)が多くなる傾向がはっきりと出ている。これは「若いから無理がきく」「年下だから残業を頼みやすい」「独身の人が多いから」「現場に近いから」など、さまざまな理由が想像されるが、効率的に働いてしっかり休むことを意識しよう。

転職にあたっても、仕事と生活、仕事と趣味をはっきり分けたい人、大事に考えたい人は、希望業界が現在の業界と比べて、残業が多いのか、少ないのかを調べる。多くなるようであれば、その業界の中でも長時間労働の抑制や年次有給休暇の取得に前向きに取り組んでいる企業を探そう。「経営者が長時間労働を当然と考えている」、「社員が時間外労働の上限を把握していない」、「取引先との関係が長時間労働を前提としている」などは、もっとも注意すべき点だ。

出店:厚生労働省「労働統計要覧(平成26年度)」の 「D労働時間 – 産業別月間実労働時間数」を参照

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 2016年8月の転職求人倍率は2.81倍
  2. 転職するならこの業界!「業界別 平均年収ランキング2015!」最も高い業界はここ
  3. 外資系勤務経験者は必見 「グローバル人材転職フェア」が2016年10月21日(金)に大手町で開催
  4. 厚労省、女性の活躍推進状況が優良な「えるぼし」企業46社を認定
  5. 正社員転職の合同企業説明会 「KYOTOジョブフェア」が12月17日(土)に開催- 近畿圏の企業120社が集結
  6. 【女性限定】リクナビNEXT「私の転職フェア」東京 が2017.1.14(土)開催(登録でQUOカード)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール