「金融業界(銀行・証券など)」の良い点・良くない点 – 働いている人に聞いてみました!(転職の参考)

「金融業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)

「金融業界」に転職を考えている方へ。経済の血液とも言われる「金融業界」は、銀行業、信用金庫や商工組合などの協同組織金融業、貸金業、クレジットカード業、金融商品取引業、商品先物取引業、補助的金融業などがあります。

今回は「金融業界」で働いている人(働いていた人)に、業界の良い点と良くないと思う点をアンケートで答えていただきました。ぜひ転職の参考にしてください。生保や損保などの「保険業」はこちらをご覧下さい。

「金融業界」の良い点・良くないと思う点

※このアンケート結果は随時、増えていきます。また「自分も投稿したい!」という方は、ページ下の青色ボタンから送信してください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

金融業界の良い点

金融業金融業の良い点などについて。社会的地位(客観的な見られ方)が高いこと、平均給与水準が他業界に比べ高いこと、金融というビジネスを行う上で無くてはならないもので、根幹ともいえる業務に携わることで、他業界に転職した際にも通じる常識や知識を身につけ養うことができることが良い点であり、おススメできるところです。

金融業界の良くないと思う点

金融業の悪い点などについて。平均給与水準が高いことから、人気のある職種であり入社するまで、したあとの競争は厳しいので、裁量や責任のある役割につくことは他の業界に比べ困難かと感じます。
また、業務柄、法律や行政による規制が厳しいため、仕事に自由や遊びといった部分を感じることは若干難しいかもしれません。以上があまりおススメできない点です。
(男性 32歳 東京都 金融業)

金融業界の良い点

銀行業金融業界は金融商品だけでなく、様々な勉強をする必要があります。税金や保険など日常生活に関係することが多く学ぶことができるので、この業界で頑張ることは仕事だけでなく、日常生活にも大変役立ちます。

金融業界の良くないと思う点

金融業界には様々な金融商品を販売しています。今や市場は買い手市場ですので、商品によってはなかなか売れないものもありますが、そのような商品にもノルマがあり、知人や友人を頼ることにより、疎遠になってしまうことがあります。
(男性 45歳 沖縄県 金融業)

金融業界の良い点

金融業信託銀行の支店にて、窓口ではなく裏方の事務を担当していました。専用端末への入力、電話対応、紛失や相続の相談を受けていました。
良い点は、全ての作業にマニュアルがあるため、一度覚えてしまえばあとはスムーズに作業を進めることができるということです。正確さ、事務作業の早さに自信がある方はおすすめです。
また、金融系の資格取得に対する勉強会や補助(資格試験代を会社が負担してくれる)も魅力です。資格取得は簡単ではありませんが、自分の人生にも役に立つ知識を得ることが出来ます。
さらに、9連休を上期と下期に一度ずつ、つまり年に必ず二回とれるので、旅行が趣味の方には嬉しいと思います。これは、土日月火水木金土日と長く不在にすることで、不正を防ぐ役割がある休暇とのことで(長期不在にすると不正が発覚しやすくなる傾向があるそうです)、実質取れないなどということもなく、社員は皆楽しみにしているリフレッシュ期間です。

金融業界の良くないと思う点

マニュアル作業とはいえ、業務量が多いので常に忙しいです。そして、マニュアルから逸脱する案件は本部確認をしながら進めるためとにかく時間がかかり、ストレスです。
また、嘱託職員が想像しているより多く、正社員の数が少ないため、裁量の問題で仕事はあまり任せられず、仕事の負担は大きいままだと感じました。
さらに取り扱う商品がお金のため、小さなミスが許されない風土というか、個人単位の入力ミスの影響で支店全体が帰れなくなったり、本部へ報告などがよくありました。
そして、資格取得は非常に大変で、先輩社員の方も常に何かしらの勉強をしている状況でした。株式情勢などどうにもできないことでクレームの電話などを受けることもありました。
(女性 31歳 東京都 専業主婦)

金融業界の良い点

お客様とのコミュニケーションを密に取る仕事なので、人と話すことが好きな方には向いている業界です。また、お金を扱う仕事なので、もくもくと数字を追いかけて、大きなお金を動かすことも多いので、普段では見かけない額のお金を動かすのはおもしろいです。

金融業界の良くないと思う点

お客様のお金を扱うので、1つのミスも許されず、ふとした気の緩みが命取りになるので、常に緊張感があり、ピリピリすることが多いです。それゆえお客様からのクレームも多く、こちら側の都合とお客様の言い分との落とし所を見つけるのが大変です。お金が合わない時などはたとえ1円でも大騒ぎです。
(女性 27歳 奈良県 情報通信業)

金融業界の良い点

銀行で働いていました。銀行の仕事はもちろんですがそれ以外に、お客様に説明できるように年金や保険の情報にも詳しかったです。変更事項があると、支店内でも勉強会があるのでよく理解できていました。常に新しい情報が入ってくるので、とても良い点です。

金融業界の良くないと思う点

仕事は忙しかったです。特に年末は女性でも0時を過ぎることもありました。お盆休みもありません。忙しい日と暇な日があり、お客様の締日の都合などで、左右されます。どんなに体調が悪くても忙しい日は休めませんでした。良くない点です。
(女性 41歳 福岡県 専業主婦)

金融業界の良い点

金融業銀行で働いていました。お給料は安定しているので、ボーナスも期待出来るかと思います。また基本的にリストラなどは無い印象でした。金融商品や経済、年金に相続など勉強するのでお金のこと全般に詳しくなれますので、生きていく上で役に立ちます。女性役職もたくさんいるので、女性でも出世することは可能です。

金融業界の良くないと思う点

やはり、ノルマがキツイです。基本的に目標数字に追われることになります。達成出来ないと上司から詰められたり、精神的に追い詰められることも多々あります。昔は銀行で女子行員といえば事務職でしたが、今は女性も皆営業です。営業が向いていないなら、正直キツイ業界だと思います。
(女性 27歳 奈良県 専業主婦)

金融業界の良い点

融資の際はお客さんと話をすることができるので、コミュニケーションスキルがあがります。お金のこと(利息や銀行等)に詳しくなります。返済できなくなったお客さんと裁判を通じて和解したときは裁判所へ行くことができます(普段あまり裁判所に縁がない人にはいい経験になると思います)。

金融業界の良くないと思う点

お金を通じてお客さんの年収や生活等がわかってしまいます。知り合いが返済に来たときの気まずさは言葉にできません。融資を受けにきて、調査した結果融資をお断りするときもあるのですが、なかなか納得してもらえず食い下がってきたとき、納得してもらえるまで説明するのに苦労しました。
(女性 40歳 埼玉県 元金融)

金融業界の良い点

地方銀行の営業をやっています。都市銀と違って、私たちは地場の中小企業がメインの得意先になりますので、取引は信用金庫とバッティングすることが多いです。良いと思う点は、銀行の融資を通して、お客さんの事業が伸びた時です。金融業のやりがいを感じます。

金融業界の良くないと思う点

銀行業テレビドラマの半沢直樹以降、銀行のイメージがものすごく悪くなった気がします。決してあのような非人道的な事ばかりやっている訳ではないのですが、同窓会や地元の会合などに出ても、どこかよそよそしく話されている気がします。
(男性 35歳 愛知県 地方銀行)

※このアンケート結果は随時、増えていきます。また「自分も投稿したい!」という方は、ページ下の青色ボタンから送信してください。みんなで作る「業界・業種の良い点・良くないと思う点」ページを目指しています。どうぞよろしくお願い申し上げます。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「予備校業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]
  2. [看護師の転職] 認定看護師と専門看護師の違いについて
  3. コールセンター業の概要と仕事について
  4. 「医療業界(医療事務など)」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)
  5. 「左官工事業界」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  6. 「金融業界」の良い点・良くない点(その2) - 働いている人に聞いてみました!(銀行・證券へ転職)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール