[転職体験談] IT関連企業から経営コンサルティングファームに転職したS.Aさん(男性)

[転職体験談] IT関連企業から経営コンサルティングファームに転職したS.Aさん(男性)

今回登場するのは、安定したIT関連の東証一部上場企業の課長職をなげうって、実力主義の外資系経営コンサルティングファームに転職したAさん(男性)。転職を考えたきっかけと実際の転職活動、採用決定から実際に働いて見て思ったこと、そして転職希望者へのアドバイスと注意点を書いてもらいました。

前職は、IT関連の東証一部上場企業の課長職

ぬるま湯。
こんな幸せな状況はありません。
IT関連の東証一部上場企業の課長職。
給料もそれなり、ボーナスは年2回。一時金は年1回。
若い頃にプログラマーとしてスタートし、設計、基盤SE。そのキャリアを見込まれて営業職を8年。SE現場と営業が一体化してのソリューションはユーザ受けも上々で充実した日々を過ごしていました。
しかし、自分に欠けている技術に目を向けない日はありませんでした。
私の場合、それは「コンサルティング」です。
下流から上流全てを経験し、技術をベースにしたコンサルタントになりたい。その願望は日々募っていきます。現行の会社にコンサル業務はありません。
40歳を越えての転職には勇気が必要です。
また、会社側からすると、営業マンに転職されるのは、それはそのまま「会社の損失」となり、相応の反発も予想されます。
しかし、人生は一度きり。自分に足りない技術を埋める希望を捨てきれず、転職を決意しました。

外資系のコンサルティングファームに決定!

さて、そうと決まればまずは自分のスキルとそのニーズの調査です。
どの会社がどのような人材を欲しているのか、そのニーズと自分のやりたい仕事が一致するか?
大手・中堅のIT関連の企業のホームページにアクセスし、経歴書を送り続けましたが、どこからも返信がありません。
転職に成功した友人に聞くと、「そんなもんだよ。自分の会社の人事部の動きみりゃわかるじゃん」と言われ、なるほどと思いました。
そこで、次は転職エージェントを探すことにしました。
これはかなり、動きが迅速です。
業界大手のリクルートエージェントさん(現リクルートキャリア)をはじめ、早速数社と面談、多くの企業を紹介していただきました。
その中には、応募済みの企業も含まれており、ホームページだけではわからない、エージェントの持つ情報の豊富さが伺い知れました。
結局紹介いただいたコンサルファームの1社に決定。外資系だったので不安もありましたが、チャレンジングな気持ちもあり、転職することに成功しました。

まず転職先の企業文化に慣れろ?-実際に働いてみて

転職をした外資系経営コンサルティングファームでは数か月の研修期間を経て、ITのコンサル現場に配属。
ここでまず面食らったのは、「言葉使い」でした。
なんでそこ英語?みたいな。いえ、外資系といっても、全員日本人です。ユーザ企業も日本の企業です。まあともかく、会社の雰囲気に慣れるのが先決なので、ツッコミはしないのが吉です。
ただし、入社した際のポジションにもよりますが、上司が外国人である可能性が高いので、英語は必須です。
転職先では、希望通りの部門に配属され、企業システムの大きな絵を描き、日々、提案に次ぐ提案。その緊張感たるや、前職の比ではありません。仕事量も多く、特に「中途採用組」は徹底的に無茶ブリされます。業務に関連するキーマンだけ紹介してもらい、あとは自分の感覚で、TPOを外さずに動くだけ。私の場合は前職で培ったスキルに自信があったので、それを前面に押し出し、最初は反発があったものの、次第に理解度が深まったように思えます。

転職希望者へのアドバイス – 落とし穴はないのか

私には同じ業種に転職した友人が多く、転職前にたくさんの意見を聞くことができました。私も含め、多くの人が経験した最初のハードルは、「慰留」です。長く在籍した会社であればあるほど、今までお世話になった人が入れ代わり立ち代わり慰留に来ます。そして慰留する条件をいろいろ提示してきます。ポジションアップであったり、給料であったり……。もちろんそれで納得できれば、あえて厳しい世界に飛び込む必要はありません。しかし、私のケースのように業態に関する理由ならば条件が合うはずもありません。強い決意で離職の理由を話すべきです。
私の意志の示し方はこうでした。退職日を12月のボーナス日の前日にしたのです。つまり「ボーナスはいらない。それよりも、チャンスを無駄にしたくない」という意志を表したのです。後で聞くと、これはかなりの説得力があったと言われました。

IT業界は意外と狭いです。どこかで必ず再会します。喧嘩別れにならないよう、根気強く、そして強い意志を持って、冷静に(これが一番大事)話を進めましょう。
ただし、具体的な転職先は伝えない方が良いと思います。場合によっては、慰留してくれた「恩人」が、転職の邪魔をする「敵」に豹変することも。円満退職。これが転職への第一歩です。

Aさん(男性)が現在住む栃木県

Aさん(男性)が現在住む栃木県

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [転職体験談] 小売業からIT業界に転職をチャレンジしている23才の男性の話 写真はEさんの家の近くにある香川県まんのう公園のルミナリエ
  2. キャリアアップを目指して医療系IT企業に転職したH.Mさん(女性)
  3. [転職体験談] 生保から生保
  4. [転職体験談] 雰囲気一変で転職決意、一部上場の建機レンタル会社に転職した Yさん(男性)
  5. [転職体験談] 生保から航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性 - その成功の秘訣は?
  6. 「志望動機は超大事だよ!」と転職後にあらためて思った Yさん(女性)の話

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール