「ITコンサルティング業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]

「ITコンサルティング業界」はどんな仕事?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]

「ITコンサルティング業界」はどんな仕事?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]

「ITコンサルティング業界」の特徴

2001年に日本は5年以内に世界最先端のIT国家を目指すという目標を掲げ、ITサービスの恩恵を誰でも享受できるようにすることを目的に計画を進めました。
その年からブロードバンドの価格は下がり、85万件だった加入者は2004年8月には20倍の1,692万件に膨れ上がり、現在では固定系ブロードバンドサービスの契約数は約3,700万となっています。ITサービスの拡大、電子商取引、電子政府の促進、自治体業務の電子化、各種電子コンテンツの拡充などに牽引されて爆発的な伸びを見せたのです。つまり、ITが「ネットワーク化とアウトソーシング化の時代」から「インターネットの時代」へ転換した時期です。
インターネットを利用した企業サービスの増大に伴い、それを実現するためにITコンサルタント(IT系コンサルティングファーム)が活躍を始めます。どの業務をどうすれば企業が儲かるかを考え、業務を洗い出し、それをIT化プロセスとしてまとめます。それをSierが設計、そしてソフトウェア化する。大まかに表現するとそうなりますが、ITに携わる人間が問題点として認識したことがあります。それはほとんど「IT」には関係ありません。つまり、企業の経営層、従業員など関係者との「共通認識」を持つことの難しさです。例えば、経営者が新しいビジネス環境に対応しようと事業を考えることと、現場責任者が考える仕事とでは違うのは当然です。しかし、その「思い」を整理、共有することが必要で、それがITコンサルタントに求められる重要なスキルの一つになっていきます。

「ITコンサルティング業界」の現況

ITコンサル企業の成り立ちは数パターンあります。一つは、自社で持っていた情報処理部門を子会社化して独立させ、そのノウハウの外販をはじめるケース。現在、企業名に「親会社名+システム」とか「親会社名+ソリューション」とかが付く会社が多いのはそのためです。(例:伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、丸紅情報システムズ(MSYS)、新日鉄ソリューションズ(NS Solutions)、電通国際情報サービス(iSiD)など)親会社のシステムのコンサル、開発もしますが、同時に外販している企業がほとんどです。

別のケースでは、「ソフトハウス」と呼ばれるソフト開発を主体とする企業が、ユーザ企業の業務ノウハウを蓄積し、それをITプロセスのコンサルに生かすケースです。ソフトハウスはドンドン上流工程に食い込んでいきました。また、その「逆」のケースもあります。つまり、戦略コンサルの企業がITコンサル、SI、システム運用など、上流業務から下流業務に食い込むケースです。どちらも強み、弱みがありますが、前者はプログラムやパッケージ、ネットワーク、DB、システム基盤などのIT技術に強く、後者はビジネスニーズやビジネスプロセス洗い出し、その可視化、BPR、ITを企業変革につなげるなど、戦略に強い印象があります。

「ITコンサルティング業界」に転職を考えている人へ

ITコンサル業界に転職を考えている人向けのアドバイスで締めくくりたいと思います。
コンサル業務は他の業務と比較すると給与が高めです。これは大きなメリットですが、他のIT業種と同じく、仕事がハードで離職率が多い業種であることも事実です。しかし、ユーザ企業のキーマンや取締役などと会話することも多く、経営とITの密接な関わりを視野に入れた高度な仕事ができます。それはコンサルを辞めた後でも自分の力となって蓄えられます。ユーザ企業のCIOや、自治体の情報管理部門長と話をすると、「実はどこどこのITコンサル会社出身なんだ……」なんていう話、多いです。つまり、当初はその企業にコンサルで参画し、そのあとスカウトされて……というイメージですね。
そのような意味で、当面の転職先というだけではなく、自分の将来におけるポジショニングのプランにもラインを引きやすい業種であると言えるでしょう。

●その他「情報通信業」の話をみる

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「学習塾・予備校業界」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  2. 「情報通信業界」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  3. 「ソフトウェア開発業界」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  4. 「医療業界(医療事務など)」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)
  5. 「電子部品・デバイス・電子回路製造業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴、仕事内容 [業界研究]
  6. 「保険業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール