[私の転職理由] 成長を求めて不満の無かった放送局を退職(茨城県・女性34歳)

[私の転職理由] 成長を求めて不満の無かった放送局を退職(茨城県・女性34歳)

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は特に不満も無かった放送局を退職し、結婚式場に転職した茨城県の女性(34歳)のお話しです。

成長を求めて不満の無かった放送局を退職

以前は放送局の制作部で番組の企画・制作と放送業務を担当していました。小さな放送局でしたのでいろんな放送業務に携わりました。
もともと20代前半にフリーランスでイベントの司会や冠婚葬祭の運営および進行業務のアルバイトに携わっていたため、その実績も買われ即戦力として採用されたと人事部に聞きました。入社当時から1つの放送局に終身雇用されるつもりは無く、ひと通り仕事をこなせるようになったら次の会社に移動するか独立を考えていました。
退職のタイミングは入社から2年か3年と決めていました。人間関係や職場に大きな問題は無く働きやすい職場だったのですが、楽な職場に自分のさらなる成長は無いと思い退社を決めました。自分と職場のタイミングを見計らい円満な退社だったと思います。上司や同僚には強く引き止めて頂き大変ありがたかったのですが、後継の新人が正式に決まり、晴れて次のステップへと進むことになりました。

結婚式場に転職、でも過酷な職場で大変

転職した職場は結婚式場です。当時流行のハウスウエディングを専門とする会社で、リノベーション後の新規大量採用の機会に私も雇用して頂きました。採用された理由は、冠婚とイベントの司会進行、プランナーの業務経験がある事が大きく作用したようです。正直、以前の職場の給料と比べると3割ダウンだったのでお断りしようかと思ったのですが、自分を必要としてくれているという所に魅力を感じ就職を決めました。
週休1日で土日祝日は必ず出勤、一日11時間勤務という環境でかなり体力的にも大変な職場だと覚悟はしていましたが、それを上回る過酷さで、大変身体に堪える職場でした。取得しようと決めていたウエディングプランナーの資格勉強もなかなか進まないほどです。
この職場に転職して思った事は、冠婚業はもう十分という事です。子どもはまだいませんが、子育てしながらこの仕事を続けることは現実的では無いと思ったからです。周りのプランナーたちも結婚・出産とともにその多くが退職していきました。

「転職グッド」編集部からのコメント

「ネガティブな退職理由をポジティブな理由に変換」でも解説したように、退職理由というものは往々にして後ろ向きなものになりがちですが、この人の場合は実にさっぱりというか、特に不満も無い中で、さらなる成長を求めて退職した珍しい例です。
ただ新しい職場の結婚式場は、給料3割減、週休1日で1日11時間労働と過酷なようで、子どもが出来たら続けられないと言い切っているのをみると、転職は良かったのか悪かったのか、少し考えてしまいます。
未経験の業界に飛び込もうとしている場合は、事前に業界の成り立ちやビジネスの仕組み、世間の評判などを徹底的に調べて、納得した上で挑戦すべきだと思います。「業種ごとの年収や残業時間、休日数、離職率等の各種データ、ランキング」をみると、業界の構造的に長時間労働が多い業種、女性が働きづらい業種、平均年収が高い低い業種がはっきりとわかります。ぜひ参考にしてみてください。
このほかにも「私の退職理由と転職できた理由」に多数の実例を載せていますのでご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [介護職に採用された理由] 面接で祖母の介護経験と知識を上手にアピールできた
  2. [私の転職理由] 生協の宅配ドライバーを辞めて、食品調理会社に転職(埼玉県・男性33歳)
  3. [私の転職理由] 長時間労働のWeb制作会社で身体を壊し退職、同業他社へ(沖縄県・女性25歳)
  4. [採用された理由は?] 前職を短期で辞めた理由など、すべてを正直に話したからだと思う
  5. [私の転職理由] 高卒後入隊した自衛隊から探偵会社に転職(神奈川県・男性29歳)
  6. [私の転職理由] 自社商品を強制的に買取させられる会社を退職(茨城県・女性23歳)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール