「冠婚葬祭業界(結婚・葬儀)」の良い点・良くない点 – 働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)

「冠婚葬祭業界(結婚・葬儀)」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)

「冠婚葬祭業界(結婚・葬儀)」に転職を考えている方へ。人生の中で新たな門出を祝う結婚式、そしてお世話になった人を見送る葬儀。どちらも私たち日本人にとってとても重要な式です。「冠婚葬祭業界」はそんな人生の重要なワンシーンのお手伝いをする業界です。

今回は葬儀業、結婚式場業、冠婚葬祭互助会など「冠婚葬祭業界」で働いている人(働いていた人)に、業界の良い点と良くないと思う点をアンケートで答えていただきました。みんなで作る「業界・業種の良い点・良くないと思う点」ページです。ぜひ転職の参考にしてください。

「冠婚葬祭業界(結婚・葬儀)」の良い点・良くないと思う点

※このアンケート結果は随時、増えていきます。また「自分も投稿したい!」という方は、ページ下の青色ボタンから送信してください。どうぞよろしくお願い申し上げます。

冠婚葬祭業界の良い点

ウェディングプランナーウェディングプランナーをしていましたが、良い点としましては、幸せなお客様に出会え、当日はもちろん幸せいっぱいのお手伝いが出来ます。仕事をしながら感動が絶えない毎日です。
基本的にお客様は、結婚式の段取りは初めての方がほとんどで、プランナーをとても頼りにしてくれます。色々とご提案・アドバイスが出来るので仕事に対する自信にもつながります。

冠婚葬祭業界の良くないと思う点

世間がお休みの平日夜や土日にお客様が打ち合わせに来られるので、おのずと休日出勤が普通になります。学生時代の友人や恋人や家族と過ごす時間はかなり少なくなります。
また、会社にもよると思いますが、同業他社の自分の知人・友人の結婚式に参加しずらい事もまれにあるようです。
お客様の門出・一生の思い出に携わる仕事なので責任は重大です。自己管理も重要になってきます。
(女性 39歳 福岡県 専業主婦)

冠婚葬祭業界の良い点

総合葬祭業に従事しております。良い点と言っていいかはわかりませんが、人の最後を黒子の立場から支えて、無事に送り出せるお力添えが出来た時の達成感は、ほかの商売では味わえないかもしれません。
また、マニュアル通りではできない部分も多いため、臨機応変な対応が身に付きます。

冠婚葬祭業界の良くないと思う点

休みが不規則の為、家庭を持ってる方、付き合いの多い方などには我慢しなければならない部分が出てくるかと思われます。
また、ミスが許されない為(次は無い)、極度の緊張、ストレスへの耐性がなければ難しい業種かとおもわれます。
(男性 32歳 福島県 総合葬祭業)

「冠婚葬祭業界(結婚・葬儀)」の良い点・良くない点

冠婚葬祭業界の良い点

現在、結婚式場で勤務をしています。お客様のために一生懸命、親身になって当日の結婚式を迎え、感謝されることはなかなか他の業界では味わえないことだと思います。加えて、素敵な会場が職場になりますので環境としては刺激があると思いますし、自身の美意識も高まります。

冠婚葬祭業界の良くないと思う点

この業界は、結婚式を挙げる人が減っていることに伴い、今後伸びるとは考えにくい業界だと思います。結婚式のみではなく、多角化している企業の方が見通しはあるかもしれません。
また、業界全体としてサービス業ということもあり、給与は低め、休みは少なめです。
(男性 31歳 東京都 冠婚葬祭業)

冠婚葬祭業界の良い点

葬儀イラスト以前葬儀社で働いておりました。お葬式を取り扱うので選択肢に取り入れない方は多いと思いますが、普段聞く機会のあまり無い葬儀の常識や礼儀作法等を見につけることができるため、自身の人生に役立つ勉強ができるいい機会になると思います。

冠婚葬祭業界の良くないと思う点

葬儀業界はいつ仕事が入るか分からないため、決まった休みを取ることが出来ないので大変です。前の日の夜に次の日の予定が変更になることは常ですし、お盆などの繁忙期には一週間以上出て行く場合もあります。また、お客様の悲しみに触れる時間が多いため自身の気持ちをしっかり持たなければならない点も大変です。
(女性 25歳 福岡県 現在は主婦)

冠婚葬祭業界の良い点

ウェディングドレスのメーカーに勤めていました。(国内各地の式場へ卸すことがメインでした)年に数回の新作発表時には素敵なドレスに触れることができ、とてもワクワクしました。エンドユーザーとやりとりすることはほとんどありませんでしたが、人生の節目に間接的でも携わることができたので大変やりがいがありました。

冠婚葬祭業界の良くないと思う点

近年結婚式を挙げないという方や、お金をあまりかけないという方も増えてきているため、業界全体の景気は悪化傾向にあると思います。この先もなかなかよくなるとは思えません。その為、倒産する会社やお給料が上がらない、ということをよく耳にしました。ただ、全て無くなるということはないと思いますので、この先もやっていける、という企業を選ぶのが大事だと思います。
(女性 29歳 京都府 現在は金融業)

冠婚葬祭業界の良い点

結婚式イラストホテルのウェディングプランナーとして働いていました。この仕事は何と言っても、お客様の幸せな一日のお手伝いをする、とてもやりがいのある仕事です。挙式後も結婚記念日や、お子さまが生まれて会いに来てくれる方も。そんな時は心からやっていてよかったと思えます。

冠婚葬祭業界の良くないと思う点

土日祝日は出勤が当たり前です。また、担当業務にもよりますが、一人で複数のお客様を担当するので、打ち合わせとその後の処理でどんなに頑張っても残業は必須になるかと思います。場合によっては休日出勤を余儀なくされることも、稀ですがあり得ます。
(女性 31歳 千葉県 主婦)

※このアンケート結果は随時、増えていきます。また「自分も投稿したい!」という方は、ページ下の青色ボタンから送信してください。みんなで作る「業界・業種の良い点・良くないと思う点」ページです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「アパレルショップ業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  2. 「小売業界(アパレル)」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  3. [看護師の転職] 病棟勤務の経験しかなくてもクリニック勤務は務まるの?
  4. 「建設業界」の良い点・良くないと思う点を働いている人に聞きました!(転職の参考にどうぞ)
  5. 「金融業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)
  6. 「食料品製造業(食品加工業)」の特徴と現況、転職希望者へのアドバイス

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール