[私の転職理由] 出産を機に毎日終電の職場から、残業の無い住宅営業に転職(女性・静岡県)

[私の転職理由] 出産を機に毎日終電の職場から住宅営業に転職(女性・静岡県)

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は出産を機に、毎日ほぼ終電で、残業が当たり前だったインテリアデザインの会社を退職し、働き方が寛容な住宅営業の会社に転職した静岡県の女性のお話しです。

毎日終電の仕事なので、いくら工夫しても出産後は難しかった

インテリアデザイン事務所で勤めていていましたが、以前は毎日終電までの残業をするなどハードな生活をしていました。
妊娠をきっかけに仕事の時間を考慮してもらい、残業時間もかなり減ったのですが、出産し保育所に預けたため、お迎えの時間を気にしなければならず、仕事に差し支えるようになりました。

またどうしても子供の体調で休みを考えなければ行かず、急な休みなどもありチームとして仕事をしていく上では厳しい状況でした。会社のチームメンバーや上司なども理解があり、続けようと思えば続けられる状況ではありましたが、仕事上作業の回転も速く、チームとして役割分担をしているのにできない状況は自分としても考え直すタイミングかなと思い、今現在の自分の出来る範囲で会社に貢献できる仕事を探そうと考えるようになりました。全部を満たすことはなかなか難しいのだなとわかりました。

働き方に寛容だった住宅営業会社に転職

元々は建築学科出身で、一級建築士の資格も持っていました。実務として使っていない資格でしたが、国家試験としての知名度と信頼度が高かったようで、仕事を探す際は、かなり有効だったと感じます。
とは言え、私が希望した部署は住宅営業です。その会社は展示場に営業部隊を置き、問い合わせのあったお客様を夜訪問する営業スタイルをとっていなかったため、働きやすいと思い、決めました。

私は子供たちのお迎えにも行けますし、無理言って水曜日曜休みにしてもらえたので、平日はママ友との交流も子供たちの習い事にも同行し、日曜日は家族でゆっくり出来る環境になりました。自分の挑戦してみたいことはインテリアデザインの仕事にあったかもしれません。
住宅営業として新たな世界に入り大変ですが、成長する子供たちと過ごす時間がやはり一番だったなと今は思えています。

「転職グッド」編集部からのコメント

今回は出産を機に、毎日ほぼ終電帰社、長時間労働が当たり前だった会社を退職して、比較的に働き方に寛容な住宅営業の会社に転職をした方です。
この方の場合は、前職の会社も妊娠に合わせて、残業時間や休日も配慮してくれたりと、女性にはそれなりに働きやすい会社なのですが、やはり基本的に会社自体が残業過多、長時間労働体質だと、自分だけ助けてもらっているような感じになってしまい、徐々に心苦しくなってしまうものです。

そうなると、女性が結婚後も働くには、やはり妊娠出産の女性社員が多数働いている会社や、もともと残業が少ない会社、あとはこれからの働き方として増えていきそうな「限定正社員」制度など柔軟な雇用形態を導入している会社が良いのですね。

企業側もせっかく育ってきた社員が辞めてしまうのは大きな損失です。たとえばこの方も建築学科出身ですでに一級建築士を所有しているなど優秀なわけです。それが会社が長時間労働前提の仕事になってしまっているから、小手先だけを配慮しても、辞めてしまうのです。特に中小企業は上場している大手と違って、毎年毎年優秀な人材が新卒で入って来るわけではありません。業績が伸び悩んでいる会社はこういった仕事の進め方から改革していかなければ、駄目かもしれませんね。
このほかにも「私の退職理由と転職できた理由」に多数の実例を載せていますのでご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [私の転職理由] 転職を考えたのは自分のやりたいデザイン会社を見つけたから(三重県・男性28歳)
  2. [介護職に採用された理由] 面接で祖母の介護経験と知識を上手にアピールできた
  3. [私の転職理由] 土地活用の会社の設計職から、測量の仕事に転職(大阪府・男性32歳)
  4. 上司の性格が悪く退職を決意、同じ業界の他社にそのまま転職
  5. [私の転職理由] 自社商品を強制的に買取させられる会社を退職(茨城県・女性23歳)
  6. [私の転職理由] 高卒後入隊した自衛隊から探偵会社に転職(神奈川県・男性29歳)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール