[私の転職理由] 前職はMR、同じ製薬会社の国内大手に20代で転職(女性・東京都)

[私の転職理由] 同じ製薬会社の国内大手に20代で転職(女性・東京都)

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は前職の製薬会社MRから、同じ製薬会社で国内で5本の指に入る大手に転職した東京都の女性(34歳)のお話しです。

前職は製薬企業のMR、転職理由は自分の力を試したくなった

前職では製薬企業のMRをしていました。業界の中では比較的中堅どころの会社だったのですが、新しい薬がほとんど開発されずに10年以上前に発売された高血圧の薬が売り上げのメインという寂しい状況でした。他社が様々な新機序の薬を開発して勉強会や講演会などを盛んに行い、病院などに採用されている状況をみていると、自分もせっかくMRとして学術業務と営業業務を行うなら最先端の薬を扱いたいという思いが強くなりました。

自社で新しく開発されている途中の薬も承認が滞っていて発売が延期になるという話を聞き、自分のスキルを上げるためにも若いうちに他社に移りたい気持ちが強くなりました。また、大手や外資系の給与の多さも少なからず羨ましく思っていました。その分競争も激しいとは思いますが、もっと大手の会社へ行って自分の力を試してみたいという気持ちもありました。

国内で5本の指に入る他の製薬会社に20代で転職

ちょうど、取引先の病院でよく顔を合わせて軽い雑談などをする同業他社の先輩に、転職しようか迷っていることを何気なく話したところ、「うちの会社に来ないか」と誘われました。福利厚生も良く、新薬の発売も続々控えているという国内の製薬メーカーで、5本の指に入る規模のその会社についてはもともと印象が良かったので、候補の一つとして考えました。

他の同業他社にもアプローチはしてみたのですが、将来性と安定性、堅実性を考えるとやはり先輩のいるその会社が気になり、MR転職専門サイトを通してエントリーしました。先輩にはエントリーしたことは伝えたのですが、実際に何か取り計らいがあったかは不明です。普通に中途採用試験を受けて採用されました。

採用された理由としては、自分がそれまで得意としていた循環器領域がその会社でもメインで力を入れている領域だったことが大きいと思っています。また、年齢的にもまだ二十代と若く、転勤も問題ないことを話した上で、どんどんスキルを上げていきたいという熱意を買ってくれたのだと思います。

「転職グッド」編集部からのコメント

「こんな中小企業に転職するのはやめておいた方がいい」にも出ていますが、成長が止まっている会社というのは若い人にとって魅力がありません。(年輩者にとっては居心地がいいのですが)

何年も新製品や新サービスを発表していないと、経営陣も社員も知らず知らずのうちに過去の遺産に頼るようになり、創造する力が失われていくのです。その先にあるのは衰退の2文字です。特に優秀な若手ほど、そんな停滞感に危惧を抱き、もっと自分が成長できる会社で働きたいと考えているのですね。

これをご覧の20代、30代の皆さんの会社は成長をしていますか。もし何年も売上が伸びていないとか、新しい商品を開発する情熱が感じられない会社の場合は、5年後の自分の将来を真剣に考えるべきです。人間は易きに流れる動物なので注意が必要です。
このほかにも「私の退職理由と転職できた理由」に多数の実例を載せていますのでご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 上司の性格が悪く退職を決意、同じ業界の他社にそのまま転職
  2. [介護職に採用された理由] 面接で祖母の介護経験と知識を上手にアピールできた
  3. [私の転職理由] 子どもの頃の夢を捨てきれず31歳で念願の電気工事会社に転職(男性・大阪府)
  4. [私の転職理由] 生協の宅配ドライバーを辞めて、食品調理会社に転職(埼玉県・男性33歳)
  5. [私の転職理由] 看護学校卒業後に系列病院で働くもあまりの激務に転職(愛知県・女性27歳)
  6. [私の転職理由] 出産を機に毎日終電の職場から住宅営業に転職(女性・静岡県)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール