なぜ辞めていくのか?転職入職率と離職率の高い業種、低い業種ランキング

なぜ辞めていくのか?転職入職率と離職率の高い業種、低い業種ランキング

「離職率」がもっとも高い業種(辞める人が多い業種)は何だと思いますか。人は誰しも、辞めたくて働いている訳ではありません。仕事をしていくうちに、長時間労働や休日数の少なさが嫌になったり、残業をしても手当がつかなかったり、職場の雰囲気が悪かったり、やむを得ず辞めていくケースが大半なのです。
ここでは厚労省の「平成27年雇用動向調査」を参考に、「転職入職率」と「離職率」の高い業種、低い業種を並べてみました。転職にあたって、離職率の高い業種に飛び込んで行くには、それなりの動機と行動力が必要です。ぜひ転職活動の参考にしてください。なお「転職入職率」とは、過去1年以内に他の会社に勤めていた人が入職した割合になります。

転職入職率と離職率の高い業種、低い業種

産業別の転職入職率と離職率(単位%)
「転職入職率」がもっとも高かったのは、 「宿泊業、飲食サービス業」の17.7%、次いで自動車整備業、機械等修理業、職業紹介・労働者派遣業、廃棄物処理業、ビルメンテナンス業、警備業などの「サービス業(他に分類されないもの」の17.3%、3番目が理容業、美容業、エステティック業、リラクゼーション業、旅行業、結婚相談業、家事サービス業、冠婚葬祭業などの「生活関連サービス業、娯楽業」の16.7%となっています。

一方、「離職率」がもっとも高かったのも、 「宿泊業、飲食サービス業」の28.6%、「生活関連サービス業、娯楽業」21.5%、「サービス業(他に分類されないもの」20.0%と、「転職入職率」と同じになっています。なお「離職率」の概念について厚生労働省では、常用雇用者のうち、調査期間内に退職または解雇されたものを指します。

つまり、この3業種は、もっとも多く人を採用するけれども、1年以内にその多くの人が退職をしていく業種ということです。特に「宿泊業、飲食サービス業」に至っては、28.6%と、約3割の人が辞めていってしまうのです。

転職入職率 % 離職率 %
C.鉱業、採石業、砂利採取業 4.4 10.0
D.建設業 7.0 9.5
E.製造業 6.2 10.4
F.電気・ガス・熱供給・水道業 5.1 7.8
G.情報通信業 6.5 10.7
H.運輸業、郵便業 11.6 12.0
I.卸売業、小売業 9.5 15.0
J.金融業、保険業 5.8 8.7
K.不動産業、物品賃貸業 14.2 15.9
L.学術研究、専門・技術サービス業 8.8 11.1
M.宿泊業、飲食サービス業 17.7 28.6
N.生活関連サービス業、娯楽業 16.7 21.5
O.教育、学習支援業 10.9 15.6
P.医療、福祉 10.8 14.7
Q.複合サービス事業 5.6 8.1
R.サービス業(他に分類されないもの) 17.3 20.0

なぜ辞めていくのか?

出て来た人に好感が持てない人が辞めていく理由は、「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」「給料等収入が少なかった」「職場の人間関係が好ましくなかった」「会社の将来が不安だった」「仕事の内容に興味を持てなかった」「能力・個性・資格を生かせなかった」などとなっています。上記の3業種は特にその傾向が強いのではないのでしょうか。

「宿泊業、飲食サービス業」の場合は一般の人が休んでいる時に働くのが常なので、どうしても「労働時間、休日等の労働条件が悪かった」と考える人が多くなります。また「宿泊業、飲食サービス業」は賃金、年収の面においても全ての産業の中で最下位になっているため「給料等収入が少なかった」の人も相当数いると考えられます。

また職場の正規雇用率(社員がいる割合)が低いことも想像されます。産業構造的に多くのコストをかけることができず、パートタイマーやアルバイトを中心に仕事をまわしているため、なかなか従業員が定着しないのです。結果的に特定少数の人にしわ寄せがいってしまい、長時間労働や離職に繋がるという負のスパイラルに陥ります。

求められる事業構造の変革

なぜ辞めていくのか?製造業や建設業などの第二次産業から、サービス業を中心とした第三次産業へのシフトが明らかになっており、特に「宿泊業、飲食サービス業」「生活関連サービス業、娯楽業」「サービス業(他に分類されないもの」などの業種は今後も就業者数が増えていくと思われますが、働く環境が現在のようにあまり良いものではないと、転職を繰り返す人が増えていき、生活が安定しなくなってしまいます。欧米諸国のように若年層の失業率が高くなったり、ワーキングプア(働く貧困層)の状態が増えていくことは、望ましいものではありません。

これらの業種には事業構造の変革への取り組みが求められています。もちろん産業構造を変えることは一朝一夕にできることでもなく、需要と供給のバランスが取れてこそ成り立つものではありますが、付加価値の高く単価の高い商品やサービスの開発と提供や、インターネットやパソコンを活用した事業フローの効率化や、営業時間、労働時間の見直しによる労働条件改善、従業員のスキルアップとキャリアアップを図る教育システムの導入など、面倒だけど重要なことを、一つ一つ地道に改善していってはどうでしょうか。

特にサラリーマン経営者は4年6年で交代するため、チャレンジをせずに、目先の利益(自分が在任中の期間の利益)を追求しがちです。これはこれで(後世の評価を考えると)人として理解出来るのですが、だからと言って、ひと頃世間を賑わせた牛丼の低価格競争のような安易な(誰でも思いつくような)作戦に目を向けるのではなく、平均年収が高く、労働時間が短く、そして離職率が低い、他の業種がうらやむような事業を目指していくべきだと考えます。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞn

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール