完全週休2日制が普及している業界、していない業界ランキング – 1位は金融業、保険業

完全週休2日制が普及している業界、していない業界ランキング

週のうち5日間を目一杯働いて2日間ゆっくりと休む。仕事の理想型ですが、現在、完全週休2日制を採用している企業数の割合は50.7%と思ったほど高くありません。ここでは厚生労働省の「平成 27 年就労条件総合調査」をもとに業種別に完全週休2日制を導入している企業の割合を出してみたいと思います。

完全週休2日制の企業は約50%

主な週休制の形態をみると、月3回、隔週、月2回、月1回など「何らかの週休2日制」を採用している企業割合は 85.2%、「完全週休2日制」を採用している企業割合は、50.7%でした。完全週休2日の企業はまだ半数ほどでしかありません。

これを企業規模別にみると、1,000 人以上が 69.3%、300~999 人が 59.5%、100~299 人が 54.1%、30~99 人が 48.3%となっており、従業員数の多い企業ほど休日が多いことがわかります。

完全週休2日がもっとも高いのは「金融業、保険業」

産業別に完全週休2日制の企業割合をみると、「金融業、保険業」が 91.2%で最も高く、次いで「情報通信業」の87.5%、3番目が「学術研究,専門・技術サービス業」の77.3%、4番目が「医療、福祉」の67.9%となっています。

業界の9割が完全週休2日の「金融業、保険業」は、銀行や国内金融マーケットが土曜日曜が休みであることから、関連する企業は並行して休みを取りやすいということがわかります。3番目の「学術研究,専門・技術サービス業」は、学校や官公庁と連携している企業が多いことが影響していると思われます。

完全週休2日制の企業は約50%

完全週休2日の割合が低いのは「鉱業,採石業,砂利採取業」

一方で、完全週休2日の割合が低い業界は「鉱業,採石業,砂利採取業」 が22.6%で最も低く、次いで「運輸業,郵便業」の29.6%、3番目に低いのが「宿泊業,飲食サービス業」の31.7%、4番目が「生活関連サービス業,娯楽業」の39.5%、5番目が「建設業」の40.0%となっています。

「鉱業,採石業,砂利採取業」は労働環境や労働条件の整備が著しく低いのが原因でしょうか。全業種の中でも群を抜いて低い数字に留まっています。

転職にあたって

今回は「完全週休2日制」を導入している企業の産業別割合を切り口に紹介してみましたが、この結果は以前紹介した「年間の労働時間業種ランキング」「残業時間の多い業界ランキング」の統計結果と似たような傾向にあります。

またこのことは完全週休2日制が浸透している業界は、労働環境や労働条件についてしっかり取り組んでいる企業が多いことの表れともいえるでしょう。

転職にあたって、仕事とプライベートを両立させたい、趣味や習い事などに取り組みたいことを第一優先に考えている人は、上記3つの調査結果をよく確認した上で、そもそも前提として「労働時間」「残業」の多い業種はなるべく選ばないことも大きなポイントです。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 日本の有休消化率ランキング
  2. 1000人のキャリア女性と企業による日本最大規模の「女性表彰イベント」が12月に開催
  3. 正規社員は前年同期に比べ53万人の増加、6期連続の増加(労働力調査)
  4. 今後3年間の転職者の採用予定
  5. 「日本の給料&職業図鑑」が大ヒット!RPG化で楽しく、日本の職業375種の解説と生涯賃金も
  6. 現在の職場の満足度を教えて下さい - 正社員の1位は「雇用の安定」、では正社員以外(パート等) の1位は?

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール