平均労働時間が一番少ない業種は?全業種の2015労働時間ランキングを発表

平均労働時間が一番少ない業種は?全業種の2015労働時間ランキングを発表

転職するならなるべく労働時間の少ない、残業の少ない会社がいい。働き方の多様化、個人志向の高まりによって、仕事以外の例えば家族や趣味、習い事、地域活動などのボランティアも大事にしたいという人が増えている。

ちなみに労働時間の定義とは、労働者が実際に労働した時間数のことを言い、休憩時間や有給休暇取得分は除かれる。
統計などによく出てくる「所定内労働時間数」とは、事業所の就業規則で定められた正規の始業時刻と終業時刻との間の実労働時間数のことで、「所定外労働時間数」とは、早出、残業、臨時の呼出、休日出勤等の実労働時間数のことをいう。この2つの合計を「総実労働時間数」と呼ぶ。

「転職グッド」ではさまざまな統計をもとにランキングを発表しているが、今回は1ヶ月に実際どれだけ働いているか?どの業界が一番労働時間が少ないのか?を「産業別 総実労働時間数」を参考に比べてみた。
データは厚生労働省が公表した労働統計要覧(平成26年度)で、30人以上事業所の結果を対象にした(30人以下の事業所は省いた)。

また合わせてこちらの「残業の多い業種、少ない業種ランキング」もぜひ転職活動の参考にしてほしい。

全ての業種の平均労働時間は1ヶ月149時間

結果によると、平成26年の全産業の1ヶ月あたりの平均時間は149.0時間だった。ちなみに前年の平成25年は149.3時間、平成24年は150.7時間、平成22年は149.8時間と、ここ5年間ほとんど変わっていない。
労働時間の増減は景気と密接に関わっているのだが、近年の緩やかな景気回復とは裏腹にまだ労働時間には影響が出ていないようだ。

では業種別に見ていこう。

1ヶ月の労働時間が一番少ない業種は「宿泊業、飲食サービス業」

1ヶ月の労働時間が一番少ない業種は「宿泊業、飲食サービス業」の109.3時間だった。二番目に少ない業界よりもなんと20時間近く少なく圧倒的だ。これは、今回の調査が正規、非正規社員両方の労働時間を合わせているため、労働時間の短い非正規社員比率が高い「宿泊業、飲食サービス業」が自然と少なくなることや、ホテルや旅館、飲食店などは長時間営業の事業所やお店が多く、勤務時間がシフト制で明確に分かれていることが影響しているだろう。

次いで少なかったのは「学校教育、その他の教育、学習支援業」の128.3時間。その次が「生活関連サービス業、娯楽業」の134.3時間、「医療、福祉」の142.1時間となっている。
「学校教育、その他の教育、学習支援業」には、幼稚園、小中高、大学などのほか、学習塾、図書館、博物館、植物園なども含まれる。いずれも終業の時間がはっきりしている仕事なので、自然と労働時間が少なくなるのかもしれない。(もちろん教員、講師などは、終業後の方が大変だという声も多い)。

下記グラフをご覧いただくとわかるが、月間労働148.3時間の「不動産業、物品賃貸業」までは平均より少なく、152.4時間の「複合サービス事業(郵便局、協同組合)」以上は平均より多い結果となった。

平均労働時間が一番少ない業種は?全業種の2015ランキングを発表

反対に労働時間の多いのは「建設業」「運輸業」

反対に1ヶ月の労働時間が1番が多いのは「建設業」の174.5時間、2番目が「運輸業」の170.9時間だった。数字だけでみると最もすくない「宿泊業、飲食サービス業」の109.3時間と比べて、70時間近く多くなっている。70時間と言えば月の平均勤務数22日で割ると1日3.18時間!も多い。(ただ統計結果の宿泊業の労働時間が少なすぎるという点も多々ある)
ここ数年の景気回復や震災復興需要などで仕事は増加している一方、求職者数は減少する傾向にあり、業界自体が人手不足になっている事が大きな理由だろう。仕事は増えているが、人手不足で、労働者個人に負荷がかかり、長時間労働や週休2日が取れない、結果的に労働環境が悪くなり、働きたいと思う人も少なくなるという悪循環が続いている。まだまだ「建設業=力仕事」のイメージが強く、人口の半分を占める女性が敬遠しがちなのも、人手不足の原因ではないか。

また2番目が「運輸業」も似たような課題を抱えている。オンラインショッピングなどの普及で荷物は増えているものの、アマゾンが仕掛けた送料無料サービスによって、1個あたりの運賃は下落傾向にある上に、業界内での競争も激しく、結果的に利益率が低下している。会社としてはなるべく利益率をあげるためにさまざまな効率化を考えるわけだが、そもそもトラックは1回に積める荷物の量が決まっており、運ぶスピードも当然、法定速度が決まっているので、1時間あたりに運ぶ荷物を増やすことはできない。つまり構造的に、どうしても効率化をしにくい業界であるために、各ドライバーに負担がかかりやすく、結果的に長時間労働というマンパワーに頼らざるを得なくなっているといえよう。
これらを解決するには、拠点を主要となる幹線道路に多数設け、リレー方式で効率良くつなぐことでの走行距離の短縮、荷物の小サイズ化により1回あたりに運べる個数を増やすなどが考えられるが、いずれにしても中小企業が単独で取り組むには難しい問題で、同業界でのエリアネットワーク強化、小売り業との連携強化で梱包段階にまで踏み込む必要があるように思える。

1ヶ月あたりの労働時間数が少ない業種ランキング

労働時間を少ない順に並べたのが以下の表になる。厚生労働省 労働統計要覧(平成26年度)

業種 月労働時間
1位 宿泊業、飲食サービス業 109.3
2位 教育、学習支援業 128.3
3位 生活関連サービス業、娯楽業 134.3
4位 その他サービス業(他に分類不可) 139.3
5位 卸売業、小売業 140.0
6位 医療、福祉 142.1
7位 金融業、保険業 147.0
8位 不動産業、物品賃貸業 148.3
9位 複合サービス事業 152.4
10位 電気・ガス・熱供給・水道業 155.1
11位 学術研究、専門・技術サービス業 159.9
12位 鉱業、採石業、砂利採取業 160.9
13位 情報通信業 163.4
14位 製造業 164.6
15位 運輸業、郵便業 170.9
16位 建設業 174.5
平均 全産業平均時間 149.0

転職にあたってのポイント

適切な労働時間で働き、休暇を取得することは、仕事に対する意識やモチベーションが高まると同時に、業務効率の向上にプラスの効果が期待される。一方、長時間労働や休暇が取れない生活が続くと、メンタルヘルスに影響を及ぼす可能性が高くなり、生産性も低下する。

特に近年は、冒頭でも述べたとおり、働き方の多様化、個人志向の高まりによって、仕事以外の例えば家族や趣味、習い事、地域活動などのボランティアも大事にしたいという人が増えている。「よく働き、よく眠り、よく遊べ」ではないが、1日24時間を3つ分け、8時間労働、8時間仕事以外、8時間睡眠を、意識していくと、より良い生活が得られるのではないかと思う。

転職活動にあたっても、業界ごとのおおよその構造(労働時間)を把握した上で、企業として休暇や残業に誠実に取り組んでいる会社をぜひ見つけたい。転職サイトには「残業少ない」「有給取得率●●%」などの指標も載っているので、さまざまな項目から絞り込んでみるのもいいだろう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 仕事と子育ての両立を目指す女性向け就職フェア「第2回 レディGO!Project」 が10/28(金)新宿エルタワーで
  2. 配偶者控除を廃止して、共働き夫婦に対応した新制度を創設か?
  3. 転職をして給料が増えた人、減った人、変わらなかった人(転職者実態調査)
  4. 転職するに当たって、どのような準備活動をおこなったか(転職者実態調査)
  5. リクナビNEXT主催「はじめての転職フェア」大阪 が12.10(土)開催
  6. マイナビ保育士「職場発見セミナー

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール