正社員になりたいけどなれない「不本意 非正規雇用者」が315万人を超えてしまった

正社員になりたいけどなれない「不本意非正規雇用」の人が日本全体で315万人も!

雇用の安定は本人にとってはもちろん国にとっても重要な課題の一つです。雇用の不安定な人が増えると、晩婚化や未婚による少子化、住宅や車などの購入控えによる消費減退が進むほか、何より常に不安に覆われている人が多い不健全な状態になってしまいます。

正社員として働きたいけど、やむを得ず派遣労働、契約社員、パートアルバイトなどの非正規労働で働いている人(不本意非正規)はどれ位いるのでしょうか。

総務省が発表した平成27年「労働力調査」によると、正社員として働く機会がなく、非正規雇用で働いている人(不本意非正規)は全体で約315万人。現在約約2,000万人いるといわれる非正規雇用労働者全体の16.9%を占めています。

下記の表は正社員になりたいけれども、やむを得ず非正規雇用で働いている人を年代別に表したものです。

正社員になりたいけれど、やむを得ず非正規雇用で働いている人

年齢(歳) 人数(万人) 割合
15~24歳 28万人 12.8%
25~34歳 71万人 26.5%
35~44歳 67万人 17.9%
45~54歳 62万人 16.9%
55~64歳 64万人 16.6%
65歳以上 22万人 8.8%
全体 315万人 16.9%

ここでの問題は、若年層25~34歳の不本意非正規雇用が71万人ともっとも多いことです。割合も26.5%と他の年代と比べ、圧倒的に高くなっています。本来、仕事のキャリアを積み、将来の日本を背負って立つべき年代が、不本意な雇用状態に置かれていることは良いことではありません。

24歳以下が28万人であったのに比べ、急激に増えているのは大学新卒者の30%以上が3年以内に退職するなど、雇用のミスマッチによる若者の早期離職が一因だと思われます。

賃金も大きな差がつく正規と非正規

非正規雇用は、正規雇用と比べ、雇用が不安定、賃金が低い、能力開発の機会が少ないといった課題があります。
特に賃金は生活の面で影響が大きく、25歳~29歳男女計の場合で正社員が月24万円に対して、非正規が約19万円と約8割の賃金格差があります。これが35歳~39歳になると、正社員が月31万円に対して、非正規が約20万円と約11万円もの差が出てしまいます。(平成27年賃金構造基本統計調査より)

平成27年賃金構造基本統計調査
このグラフは正規雇用と非正規雇用の賃金カーブ(時給ベース)を表したものです。50歳~54歳になるとほぼ2倍の開きがでていることがわかります。

一般的に非正規雇用の期間が長ければ長いほど、正社員への転換は難しくなっていきますので、賃金格差の開きが少ない若年層のうちに、なるべく早く正社員転換を進めていくことが重要になってきます。

正社員転換・待遇改善実現プランの決定

このような情勢を受けて、経済成長を重視する安倍政権は2016年1月、非正規雇用労働者の正社員転換や待遇改善を目指す「正社員転換・待遇改善実現プラン」を発表しました。

具体的には、今後5年間で、不本意非正規雇用労働者の割合を現在の約18%から10%以下に、新規大学卒業者の正社員就職の割合を現在の約92%から95%に、正社員と非正規雇用労働者の賃金格差の縮小を図るというもので、キャリアアップ助成金の活用促進による正社員転換等の推進のほか、派遣労働者については改正労働者派遣法の円滑な施行、有期契約労働者については無期労働契約への転換ルールの周知、育児・介護休業の取得推進等やいわゆるマタハラを防止するための法改正などの取り組みを予定しています。

これらが改善されると、雇用の質が高まり、生産性の向上が期待できるため、これからの日本の経済成長にとって、大きなメリットになるのはもちろん、各個人にとっても今以上に豊かな生活が送れるようになることが想像されます。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 転職をして給料が増えた人、減った人、変わらなかった人(転職者実態調査)
  2. マイナビ、看護師のための転職イベント・合同病院説明会を東京ほか全国4カ所で初めて開催
  3. 「正社員になりたい理由」、1位は「より多くの収入を得たいから」、では2位は?
  4. 日本最大級エンジニア転職イベント「@typeエンジニア転職フェア」が2016年10月29日(土)開催
  5. 2016年6月の有効求人倍率は1.37倍で、前月に比べて0.01ポイント上昇
  6. 平成28年度国家公務員採用一般職試験、女性の合格者数は2,548人で過去最高を記録

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール