[私が介護職に採用された理由] 面接で祖母の介護経験と知識を上手にアピール-未経験のハンデを突破

[介護職に採用された理由] 面接で祖母の介護経験と知識を上手にアピールできた

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は携帯電話関連の会社から心機一転、未経験の介護職に転職をした岩手県の女性(31歳)に話していただきました。

お客からのクレームや問い合わせに疲れ、退職を決意

以前は携帯電話関連のお仕事をしていました。次々と色んな新商品が発売され、そのたびサービス内容が変更されたり、販売方法が変わったりとおちつきませんでした。そのたびお客さんからの問い合わせやクレームなどに追われ、仕事に疲れてしまいました。

また、他社との間にお客さんの争奪戦も始まり、雰囲気も悪くなり、嫌気がさしてきました。その時は契約社員だったので、正社員でお仕事をしたかった というのも 転職しようと思った理由でした。

採用された理由は、面接で祖母の介護経験をアピール

現在は介護のお仕事をしています。未経験でしたが、祖母の介護をしていた経験もありましたので、その時に得た知識と経験を面接官にアピールしました。

他にも、やる気だけは感じ取ってもらいたいと思い大きな声ではきはき答えることや、聞かれた質問に対して間を開けず直ぐ理解し、答えるようを心がけました。

また、見た目で面接に落ちることだけはいやだったので、頭の先から爪の先まで注意し、清潔感を感じてもらえるように努力しました。また、面接時、この仕事を始めたらどのように頑張って行きたいのか自分で想像し、うまく答えることができました。

「転職グッド」編集部からのコメント

医療、福祉業界、特に介護職は慢性的な人出不足ということもあり、常に求人募集がおこなわれているところも多いようです。でもだからといって、誰でも受かるというものでもありません。

この方は、携帯電話関連の仕事から、まったく畑の異なる介護職への転職でした。面接では祖母の介護経験で得た、知識や体験談を面接官にアピールして、採用を得たとのこと。未経験ということが反対に良かったのかも知れません。

これからの日本は高齢化社会を迎えます。65歳以上の高齢者人口は3,100万人を超え、日本の総人口の4分の1(25%)を占めるまでになり、2060年には総人口の40%に達すると見込まれています。「社会福祉・介護業界」の重要度は増しており、国もさまざまな施策を打ち出しています。

このことは実際の数字にも表れています。女性雇用者数を産業別にみると、もっとも多いのが「医療、福祉」で 559 万人。この数字は女性雇用者総数全体の22.9%を占めています。10人に2人以上が「医療、福祉」業界で働いていることになります。

これらのことから考えても、「医療、福祉」は未経験の女性の方でも飛び込みやすい業種でしょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [私が転職した理由] 地元での職場を検討し、商工会議所のキャリア採用に(43歳男性・兵庫県)
  2. [私の転職理由] 通信制の学校で医療事務の資格を取得、希望通り医療系に転職(女性・鹿児島県)
  3. [私の転職理由] 入社時の約束と違う配属に不信感を覚え、数ヶ月で退職(女性32歳・愛知県)
  4. [私の転職理由] 1ヶ月で終わるはずの新人現場研修がいつまでも続き、話しがぜんぜん違う(男性25歳・福岡県)
  5. [転職した理由] 離職率が異常に高かった厳しい保険営業を辞め、地元農協の事務職に転職
  6. [私の転職理由] 出産を機に毎日終電の職場から住宅営業に転職(女性・静岡県)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール