商社ウーマン転職奮闘物語〈第12話〉 「お客さんに対する想い!私 VS 上司!」

404

「商社ウーマン転職奮闘物語」は、食品専門商社の営業職に転職した20代の女性が取引先や上司、同僚に揉まれながら、一人前の商社ウーマンへと成長していく物語(全17話)です。

前回の第10話は、「初めての喧嘩!私VSお客さん!」でした。
第12話の今回は「お客さんに対する想い!私VS上司!」です。それではどうぞ!

お客さんとのやりとりを上司に説明

私のいつもと違った電話の様子に、上司はただならぬ雰囲気を感じたようで、私が電話を切るとすぐに「どうした?!一体何があった?!」と心配そうに聞いてきました。

私はお客さんとのやり取りを、上司に事細かく説明しました。私の話しを聞いた上司は、しばらく黙って考え込む様子を見せ、「少し考えるから待ってくれ」、そう私に言いました。私は一旦席に戻り、気持ちを落ち着かせるためにも、別の仕事に取り掛かりました。頭に血が上った状態だと冷静な判断も出来ないし、余計お客さんとの関係が拗れる気がしたので、ひとまず別のことに没頭することにしたのです。

しばらくして上司が私に仕事を止めて、自分のところに来るよう言いました。私は黙って上司の元に駆け寄り、何て言われるかジッと待ちました。すると上司の口から出た言葉は、

「今回の件、うちで払っても良いぞ。お客さんに恩を売るじゃないけれども、困った時に助けてあげれば、お客さんのお前に対する態度も変わるかもしれないし。」

こういう内容でした。きっと私の立場を配慮して言ってくれたのだと思います。しかし、私の予想していた考えと丸で逆の答えだったため、私はなかなか「はい」と返事をすることが出来ませんでした。そんな私の様子を見て、上司が「返事はどうした?」と言って来ました。私はしばらく沈黙した後、上司に自分の想いをぶつけてみたのです。

「今回の件、私はうちで支払うのではなく、お客さんの方に支払って貰いたいと思っています。」

上司は驚いた表情をしていました。下っ端の私がまさか自分と真逆の意見を言ってくると思っていなかったのでしょう。デメキン並みに目をギョロッと見開いていました。(笑)私の言葉にイラッと来たのか、

「お客さんはかなり怒っているんだろう!?お前の話しだと、もううちとは取引しなくて良いとまで言われているんだぞ!お客さんに支払って貰いたいとしつこくお願いをしたところで、余計怒りを仰ぐことになる。取引が無くなってしまったら元もこうも無い。お前だけの責任では済まなくなるんだぞ!」

上司は怒鳴りながら私に言いました。

確かに上司の言う通りだと思います。取引が無くなってしまったら取り返しの付かないことになるし、上の人の立場からするとこう考えるのは当然のことだと思いました。けど、今回ばかりは私もこうしたい!という想いがあったため、私は怒られるのを覚悟で再度上司に想いをぶつけてみたのです。

「全く非が無い中で弊社がやります!というのは違う気がしますし、何でもかんでも商社のうちがやります!とやっていると、そっちの方がお客さんの態度も悪化して行く気がします。間違っていることまでハイハイと言う事を聞いてしまうと、“この小娘には何言ってもいい”、とずっと思われ続ける気がするので、ここはしっかりと無理なことは無理と分かって貰いたいです!」

「私はお客さんと深く付き合って行きたいので、間違っていると思ったことは例え喧嘩になったとしてもちゃんと伝えて、腹を割って付き合いたいと思っています!なので、今回の件、私はお客さんの方で支払いをして貰いたいと思います。」

社内が静まり返りました。こいつ俺の言う事に反抗してきた!生意気な女だな!と思われたのかも・・・。私、終わったな・・・。そう思いました。でも、自分が言ったことに後悔は無かったので、「言ってしまった!」という想いと、「言っちゃった・・・。」という想いがごちゃ混ぜになっていたような感じでした。

上司は一言、「分かった。席に戻れ。」と、私に言いました。この反応を見て「私首だな!(笑)明日会社来たら席無いかも!(笑)」そう心の中で思いました。

お客さんから上司のところに電話が掛かってくるかもしれない。そしたらきっと頭を下げに行って、担当替えするのでという話しになるのかな。まだ担当して2年ちょっとしか経っていないのに、私はもう担当から外されるのか・・・。言った事に後悔していないとはいえ、担当を外されるかもしれないと考えたら、凄く悔しくてたまらなくなりました。

お客さんと上司VS私の出来事から数日。特にお客さんから私宛に連絡が入ることはありませんでした。むしろ何もアクションが無かったので、お客さんから本当に切られたのかもしれないと思いました。

このままでは流石にまずいと思い、上司に「お客さんから何か連絡はありましたか?」と聞きに行ったのですが、全く連絡は入っていないとのことでした。こちらから連絡した方が良いのかなと思い、私は上司に「お客さんに連絡入れてみますね」と言いました。すると、「連絡は入れなくて良い。しばらく様子を見る。」そう私に指示を出したのです。そして、

―――何かあったら俺が責任取る。お前がやりたいようにやってみろ。―――

こう言ってくれたのです!!

ほんっとーーに嬉しかったです。あまりに嬉しくて「ありがとうございます!!!」と大きな声でお礼を言ってしまったくらいでした。「相変わらず騒がしい奴だなーお前は!(笑)」上司はそう笑いながら私に言いました。

こんなワガママで頑固な部下で本当にすいません・・・。手のかかる部下で本当にごめんなさい・・・。でも、本当にありがとうございます!心からそう思いました。

色々と不満はあるけれども(それはお互い様か・・・)、やっぱり上司の存在は偉大!私達部下にとってなくてはならない存在だと改めて実感したのでした。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第11話〉 「初めての喧嘩!私 VS お客さん!」
  2. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第3話〉 分からないことが分からない。専門用語に囲まれる日々
  3. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第14話〉 「商社の飲み会はIt’sパーリィー!」
  4. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第9話〉 どん底!「社会人経験が◯年もあるはずなのに使えない」と言われる
  5. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第1話〉 晴れて食品専門商社の営業に転職!
  6. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第5話〉 ○億という高い売上ノルマ!表は喜。裏は苦

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール