商社ウーマン転職奮闘物語〈第11話〉 「初めての喧嘩!私 VS お客さん!」

商社ウーマン転職奮闘物語〈第11話〉 「初めての喧嘩!私 VS お客さん!」

「商社ウーマン転職奮闘物語」は、食品専門商社の営業職に転職した20代の女性が取引先や上司、同僚に揉まれながら、一人前の商社ウーマンへと成長していく物語(全17話)です。

前回の第10話は、自分から相手の懐に飛び込む努力を始め、女性上司との関係が良くなっていったお話でした。
第11話の今回は「初めての喧嘩!私VSお客さん!」です。それではどうぞ!

早朝の5時にお客さんから電話

自分に辛く当たっていた上司との関係が、少しずつ改善されて来たこともあり、以前より仕事がしやすい環境になりました。自分に自信が持てなくて、毎日暗い顔をしながら過ごしていたのに、気付いたら明るい表情が戻っていたのです!仕事をする上で人間関係は大事だって言いますが、本当にその通りだと思いました・・・。

社内での悩みが解決の方向に向かって一安心!なんて思っていた矢先。今度は社外でのトラブルが発生・・・。せっかく明るい兆しが見えてきたというのに、私はまた奈落の底へと突き落とされることになったのです!

ある朝。私が担当している水産業界のお客さんから、私の会社携帯に電話が掛かって来ました。出ようとしたところで切れてしまったため、掛け直そうと着信履歴を見てみると、早朝の5時、5時半、6時にも電話が来ていました。

これはきっと只事では無い・・・。私はピンと来ました。すぐさま電話を掛け直してみると、何で電話に出てくれないんだよ!何度も連絡してんのに!と、大きな声で言われました。お客さんの口調的にカッカ来ているというよりも、どちらかと言うと焦って困っているような雰囲気でした。

朝っぱらからそんなに怒られても・・・。貴方達は早く起きているかもしれないけれど、普通の人は寝ているから!そう心の中で思いながら、私は電話に出られなかったことを謝罪しました。

その後どうしたのか尋ねてみると、4日前に新規で発注をかけた某メーカーの麦味噌をキャンセルしたいとのことでした。今日は納品の前日。仕入業者に早く連絡しないとまずい・・・!私は急いで麦味噌メーカーに状況を説明して、配送を止めて貰えないものか聞いてみました。勿論答えはNO!仕入業者は、

「サンプルも、価格も、規格も、全部OKということで発注を貰ったんじゃないんですか?!納品前日になって配送を止めろだなんて、そんな失礼な話しはないですよ!」

と大変ご立腹・・・。当たり前です。

私はお客さんにもう配送を止められないことを伝え、どうして急にキャンセルをして来たのかを聞きました。しかし、お客さんはバツが悪そうに黙り込んでいます。

どうやらきちんと規格内容を確認せず発注をかけてしまったそう。良く見たら表示したくない原料が入っていて、これじゃあ使えない!と思いパニックを起こしたのです。私は仕入業者に言われた内容を正直にお客さんへ伝え、きちんと商品を引き取って貰いたいとお願いをしました。

すると、お客さんは使えない物にお金は払えない!仕入業者が駄目って言うなら全部御社の方で処分してよ!こういう時のために御社がいるんでしょ?!と言って来たのです!

「このオジサン何言っているの?!」

唖然としました。一体うちの会社のことを何だと思っているの!?今までヘコヘコ営業して来たけど、もう我慢ならない!

「すみません。それは流石におかしいですよね?弊社にも出来ることと出来ないことがあります。」

私はついに言い返してしまったのです!

お客さんのためならどんなことでも力になりたい。そう思って今まで仕事をして来ました。でも、叶えられることと叶えられないことってあると思うのです。今回の件はお客さんのミスで起きたことで、それを私の会社で何とかしろというのはおかしいのではないだろうか?何でもかんでも商社に責任を押し付けるのは絶対におかしい!

そう思った私は、これから再度仕入業者に交渉は行うけれども、どうしても無理となった場合はきちんとお客さんの方で責任を取って欲しいこと。何れにせよもう配送を止められないので、1度お客さんの方で引き取りをお願いしたいことを伝えました。

今までお客さんに嫌われないように、おかしいと思ったことがあっても、ずっと我慢して来ました。けど、今回ばかりは嫌われても言わないといけない。違うんじゃないかな?と思ったことは、きちんと伝えよう。いつまでもただヘコヘコしていたところで、お客さんと腹の底から付き合える関係にはなれないし。例えぶつかったとしても、嫌だと思ったことはハッキリと伝えよう!上辺だけの付き合いにはなりたくない。私は初めてそう思ったのでした。

私の発言を聞いたお客さんは余計怒り出し、うちは客だぞ?!出来ないって言うならもうお宅と取引しないから!と言って来ました。

私はもっとお客さんと長い付き合いをしたいと思っていること、上辺だけの付き合いではなく深い関係を築いて行きたいと思っているからこそ、怒られると分かっていたけれども自分の気持ちを正直に話したことを伝えました。

しかし、お客さんは私の言う事など聞く耳を持ちません。小娘に意見を言われてさぞかし癇に障ったのでしょう。これ以上話していても平行線だ。そう思った私は、とりあえずお互い冷静になるために、一旦電話を切ることにしました。

お客さんのあまりの理不尽さに私は電話を切った後も、しばらくウキーーッ!と猿のようにカッカと怒っていたのでした。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第6話〉 お客さんの言うことなら何でも聞きます!ヘコヘコ営業ウーマン
  2. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第2話〉 中途採用者が1人だけという孤独
  3. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第14話〉 「商社の飲み会はIt’sパーリィー!」
  4. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第16話〉 「上司が褒めてくれた!!感動の瞬間!」
  5. 商社ウーマン転職奮闘物語〈最終話〉 「これからはこんな商社営業ウーマンになって行きたい!」
  6. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第1話〉 晴れて食品専門商社の営業に転職!

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール