商社ウーマン転職奮闘物語〈第5話〉 ○億という高い売上ノルマ!表は喜。裏は苦

商社ウーマン転職奮闘物語〈第5話〉 ○億という高い売上ノルマ!表は喜。裏は苦

「商社ウーマン転職奮闘物語」は、食品専門商社の営業職に転職した20代の女性が取引先や上司、同僚に揉まれながら、一人前の商社ウーマンへと成長していく物語(全17話)です。

前回の第4話では、お客さんから仕事の依頼をもらえず、途方に暮れる様子が描かれました。
第5話の今回はあまりにも高いノルマに驚愕!「○億という高い売上ノルマ!表は喜。裏は苦」です。それではどうぞ!

年間の売上予算(ノルマ)が決定!

〈第5話〉の始まりです。
がむしゃらに仕事をしていき、気付いたら1年が経っていました。1年経つまでは仕事を覚えることで精一杯!営業に出掛けてもとにかく顔を覚えて貰うことで頭がいっぱいでした・・・。1年目は何だかんだ上司と一緒に仕事をしていたので、あまり自分一人で仕事をしているような感覚も無く、本格的に仕事が始まったなと感じたのは1年目以降のことでした。

「今年からは全て一人でやって貰うからな!」

そう上司に言われ、今まで以上に頑張るぞ!と自分に喝を入れました。そして、完全に自分のお客さんという位置付けになってから、改めて自分に与えられた年間の売上予算を確認してみたのです。すると、その額・・・

―――約4億!!!――――

まじまじと4億という売上予算を見て、とてつもないやりがいを感じたと同時に、今まで感じたことのない重圧を感じたのです。何百万円or何千万円単位とかであれば、車を一台買える位とか、一軒家が買えるレベルとか、身近で例えられるものがいくつかありますが、でも、億単位のお金となると身近に感じられるものが殆どありません。しいて言えば年末ジャンボ宝くじ位ですかね?(笑)

4億という売上予算を自分が達成出来るのか?会社から与えられた以上、達成出来るよう努力をしなければならないのですが、とは言え相当なプレッシャーがありました・・・。

私と同い年で社歴的には2〜3年先輩に当たる社員が何名かいるのですが、その人達は何と約2億の売上で予算が設定されていたのです!私は、

「何で社歴の短い私の方が2億も予算が多いの?!私より先に入社しているのだから、本当は私と同じ位の予算を持つか、それ以上持つものじゃないの?!」

内心そう思いました。そんな私の雰囲気を察してか、上司が私を呼びこう言ったのです。

「お前は中途で入社をしているから、新卒で入社した彼ら(彼女ら)より実力があると見込んで、売上予算を多く設定している。会社が中途で人を取るということはそういうことだ!」

―――これが新卒と中途の違いなのか―――

年齢が同じであること等、会社からしてみればだから何だって感じなのでしょう。年齢なんかよりその人が培ってきた経験や、持ち合わせている能力を重視しているのだと、上司にハッキリと言われて改めて気付かされたのです。それと同時に周りの人と自分を比べては、落ち込んでばかりいたことを深く反省しました。

8千万の売上が消滅!まさに地獄

そんなある日。お客さんから商品の製造を辞めることにしたため、私の会社から納めていた原料を使わなくなったと連絡が入りました。この原料は年間にすると8千万近くの売上がありました!

・・・最悪の事態発生・・・

すぐさまお客さんのところに上司と話しを聞きに行きました。が、利益の取れない商品を終売させることになり、既に製造を辞めることは決定したと言われたのです。自分が正式に担当を引き継いだ途端、8千万の売上が無くなる羽目になったのでした。これから1年が始まるという時でした。-8千万からの営業活動となり、私は地獄のスタートを切ることになったのです・・・。まさに死亡フラグ!

「-8千万をどこで取り返すのか?」

毎月の会議はこの話題で持ちきりとなりました。最終的には担当者だけで回復出来るレベルの売上ではないとの判断に至り、8千万を営業部員の人数で割り急遽予算を組み直す形となったのです!

私のお客さんが原因で営業部全体が苦しい状況となったため、周りからは今まで以上にプレッシャーを掛けられる羽目に・・・。

「皆が協力をしているのだから予算を達成するのは勿論のこと、必ず110%以上の達成率で着地するように!」

もはややりがい云々ではなく、完全にノルマの世界へと変わったのでした・・・。絶望的な予算設定での営業活動は、本当に辛いものがありました。でも、こうなった以上はウダウダ言っていても仕方ない!やるしかない!私はそう自分に言い聞かせ、1年間もがき苦しみながらも予算達成に向けて営業活動をしていく決意を固めたのでした。

このあとは第6話「お客さんの言うことなら何でも聞きます!ヘコヘコ営業ウーマン。」に続きます。

●「商社ウーマン転職奮闘物語」 シリーズTOPへ

●こちらも面白いです!「面接で聞かれた変な質問、思わず沈黙してしまった質問集」

●そのあとはこっちも!「教えて!転職して良かったこと・悪かったこと – 500人に聞きました」

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第6話〉 お客さんの言うことなら何でも聞きます!ヘコヘコ営業ウーマン
  2. 404
  3. 商社ウーマン転職奮闘物語〈最終話〉 「これからはこんな商社営業ウーマンになって行きたい!」
  4. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第1話〉 晴れて食品専門商社の営業に転職!
  5. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第11話〉 「初めての喧嘩!私 VS お客さん!」
  6. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第7話〉 叱られてばかりの日々。早く家に帰りたい

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール