商社ウーマン転職奮闘物語〈第4話〉 お客さんから仕事の依頼をもらえない!どうして?

商社ウーマン転職奮闘物語〈第4話〉 お客さんから仕事の依頼をもらえない!どうして?

「商社ウーマン転職奮闘物語」は、食品専門商社の営業職に転職した20代の女性が取引先や上司、同僚に揉まれながら、一人前の商社ウーマンへと成長していく物語(全17話)です。

前回の第3話では、上司とお客さんが話している内容が全く分からず、社内からも厳しい言葉を浴び、途方に暮れる様子が描かれました。
第4話の今回はさらに大きな壁にぶつかります。「お客さんから仕事を依頼されない!どうして?」です。それではどうぞ!

営業としての仕事が本格的にスタート

そうこうしているうちに、だいたいのお客さんの引き継ぎが終了しました。
上司から
「あとはお前自身が努力してお客さんと関係を築いていって、お客さんに必要とされるような営業担当になっていくんだぞ!分からないことがあれば都度確認するように。報連相だけはしっかりしてくれよ!」
と言われ、営業としての仕事が本格的にスタートしたのでした。入社後3ヶ月も経たないうちに、実質1人立ちする形となったのです。まだまだ分からないことだらけでしたが(というより分かることは数えられる位しか無かったです)、お客さんの担当窓口が私になった以上、泣き言を言わず頑張っていかなければ!そう思い、とにかくお客さんのところに顔を出し、まずは自分という担当者を覚えて貰う努力をしていきました。

顔を出すこと数ヶ月。初めはテーマも教えて貰えず、依頼すら全然貰えませんでした・・・。商談内容はお互いのプライベートのことや、自分から提案した商品についての質問等が殆どで、こちらが求めている回答を貰うこと等出来なかったのです。

「上司と一緒に来た時はすんなりテーマや依頼を貰えていたのに・・・。あれは頑張ってきた上司が相手だったからか・・・。」

私はつくづくそう思いました。私の上司になった人は、自分が想像していた以上に凄い人なんだ・・・。そう感じたとともに、自分も上司のように頼られる存在になりたい!そう強く思ったのでした。

お客さんから仕事を依頼されない日が続く

なかなか依頼を貰えず落ち込んだ日々を過ごしていると、上司から「しばらく仕事をしてみてどうだ?」と聞かれました。私は正直にあまり営業が上手く行っていないことを伝え、どうしたら上司のようになれるのか尋ねました。すると、上司は一旦作業を止めて、私に会議室に来るよう言いました。悩んでいる私のために時間を作ってくれたのです。ひと息付いた後、上司は私に向かってこう問い掛けました。

「商社は何のためにあると思う?もしお前がお客さんで、何社もある商社の中から1社選択する立場にあったとする。その時どういう理由で商社を選択する?」

私は自分なりに考えた回答をいくつか伝えてはみたものの、あまり正しい回答とは言えなかったようで。そのまま上司にアドバイスを貰う形となりました。(情けない・・・)

「本来メーカー同士で取引した方が、安く売買出来るし価格的なメリットがあるはずだろう?商社が間に入ることによって中間マージンが発生するわけだし。敢えて商社と取引きするのは、既に買っていた物が急に無くなったとか。あるいは急ぎで欲しい物が出来たけど、直接売買している先では商品の扱いがないとか。新規で仕入れたい商品があるけれども、その会社の素性が分からないから、直接やり取りするより信頼出来る商社を挟みたいとか。色々な理由が考えられる。」

「こう考えた時に情報や知識をより多く持った営業に頼りたいと思わないか?急ぎで物を探しているのにスピードが遅かったり、分からないので確認しますが多かったら、それだけで時間のロスが発生する。そういった意味でも商社の営業は情報力や仕事のスピードも必要になって来るし、知識やコミュニケーション能力も兼ね備えていないといけない。」

「お客さんから見て、今のお前はまだどれも備わっていないから、なかなか依頼を貰えていないんだ!」

商社の営業として働くことの本当の意味を、私は上司に教わったことで初めてしっかりと理解することが出来たのです。この時上司に言われた言葉は、今でも一語一句覚えています。

商社の仕事はとても奥が深く、私が入社前に抱いていたような甘い仕事ではありませんでした。身に付けるべきことが沢山あって、ちょっとやそっと営業をかじった程度では勤まらない。地道に勉強して、地道に人間関係を築いていって、的確な処理をより早くこなせるようにならなければいけない。それが会社と会社、人と人のパイプ役となって仕事をするということなのだと学びました。華やかと言われている仕事程、案外地道な作業の積み重ねであるということを私は知ったのでした・・・。

人間的にも未熟で知識も乏しい状態であるとは言え、お客さんから見たら私も既に一担当者。日々勉強を重ねながら、私はお客さんのところに出向いていったのでした。

次回の第5話「○億という高い売上設定。表は喜。裏は苦」に続きます。

●「商社ウーマン転職奮闘物語」 シリーズTOPへ

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第5話〉 ○億という高い売上ノルマ!表は喜。裏は苦
  2. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第1話〉 晴れて食品専門商社の営業に転職!
  3. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第3話〉 分からないことが分からない。専門用語に囲まれる日々
  4. 商社ウーマン転職奮闘物語〈最終話〉 「これからはこんな商社営業ウーマンになって行きたい!」
  5. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第15話〉 「徐々に私のお客さんの態度に変化が?!」
  6. 404

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール