「女性の転職ノウハウ」五月病?沈みがちな入社直後の不安定を乗り切るコツ

「女性の転職ノウハウ」五月病?沈みがちな入社直後の不安定を乗り切るコツ

結婚、出産など女性ならではの仕事の悩みや課題を解説する「女性の転職ノウハウ」コーナーです。
長期休暇明けや入社間もない時期の、「会社に行きたくないなぁ」「体が重い…」など、沈みがちな気分や体調のことを、よく『五月病』と言いますよね。新入社員に多く見られるため、ゴールデンウィーク前後の対策を講じている企業もあるほどです。
特に転職や再就職の場合は、新卒新入社員とは違った原因で、気持ちが不安定になることがあるようです。
今回は、そんな不安定な気持ちや体調を乗り切る、ちょっとしたコツをご紹介します。

以前の職場と比較してみる

転職や再就職の場合、以前の職場と比較してため息をつく方も多いようです。
「前と比べたって仕方ない。」それも正当な意見ですが、比較することで、自分が何に不安や憂鬱を感じているのか明確になれば、対処方法を思いつくかも知れません。

前の職場 現在の職場
給料 320,000円 260,000円
異動 部署を超えた異動・転勤あり 転勤なし 部署内異動あり
通勤時間 60分 30分
勤務時間 9:00~18:00 フレックスタイム制
残業 有り みなし勤務 超過勤務なし
昼休憩 12:00~13:00 外食 時間自由 社員食堂あり
有給休暇 取りづらい 取りやすい
福利厚生 健康保険組合
社内イベント多
人間ドック無料
協会けんぽ
社内イベント少
人間ドック2割自費
その他 男女比8:2(女性管理職少)
電話対応は基本的に女性の社風
男女比5:5(女性管理職多)
電話対応は新入社員が担当

上記は条件面の比較ですが、『こういう仕事がしたいのだ』という職務内容が目的の転職であれば、その比較表を作成します。
憂鬱の原因を洗い出すだけでも、かなりスッキリしますよ。

相談する

誰かに相談するか、話を聞いてもらうのは定番です。
当たり前過ぎる方法ですが、真面目な人ほど「こんなことを相談したら迷惑かも。」と一人で考えがちです。
相手の迷惑を考えてしまうなら、その相手が悩んでいる時は真っ先に相談に乗れば良いのです。そういう考え方ができないなら、その分食事等をご馳走して、その場で貸し借りをなくしてしまのも良いでしょう。
ここで肝心なのは、仕事とは無関係な相手を選ぶこと。
後々、「あんなこと話しちゃった…」と余計な心配を増やさないために、仕事相手でない方が安全ですし、「忙しさのあまり、仕事相手以外と会話していなかった。」と、初めて気づくこともあります。

今までの習慣をやめてみる

仕事は人生で大きな割合を占めるものですが、頑張るあまり、家と会社の往復になってしまう…というのもありがちな話です。その上、家庭と両立となると、自分の時間なんて考える余裕もありません。
時間に追われていることが気持ちの沈む原因であれば、思い切って、何かをやめてみませんか?
例えば、育児のために早く帰らせてもらっている分、朝早く出社しているなら、それをやめてしまう。電話は誰よりも早くとることを心掛けているなら、1回置きに抑える。資料や報告書作成時に、何度もチェックしてミスのないよう気を付けていたのなら、最後のチェックはやめて第三者にお願いするなど。まずは細々としたものに目を向けてみましょう。
転職(中途入社)の場合は、即戦力を求められていると意識するあまり、頑張り過ぎる傾向にあります。ですが、長く勤務したいと考えるなら、時には自分自身にセーブをかけることも必要です。

家庭についても同様です。
例えば、炊飯器をセットして、鍋に昆布を入れて…と朝食の準備をするのが毎晩の習慣であれば、それをやめて、週の半分は米飯でなくトーストやシリアルにしてみます。「ご飯に味噌汁がいいな」と家族が言うなら、レトルトを活用して『レンジでチン!』も、たまには良いじゃないですか!
掃除も洗濯も、毎日しなければならない訳ではありません。
そして何より、一人で抱え込むのは真っ先にやめてみましょう。

習慣化したものが大きなストレスになっていることもあります。思い切ってやめてみると、想像以上に心と体の負担が軽くなりますよ。

通勤の楽しみを作る

通勤の楽しみを作る会社に行くのが辛い、足取りが重くなる…そんな思いが強ければ、通勤途中の楽しみを作ってみます。
朝活でヨガをする…そんな楽しみも素敵ですが、もっと些細なことで構いません。
例えば、『通勤途中のコンビニで、1日1個ずつ、コンビニデザートを制覇する。』『毎日違うフレーバーの違うコーヒーを購入する。』など、「今日は何にしようかな?」という気持ちは、買い物欲と食欲を少しだけ満たしてくれる楽しみです。
『今日は300キロカロリー消費した!』とスマートフォンの万歩計機能を活用すれば、体型を気にする方にとっては励みになります。

休暇を取る

通勤の楽しみを作る入社間もない時期は、有給休暇のない企業が多いとは思います。ですが、気持ちの沈み方が強いようなら、1~2日休みをもらって、心と体を休ませましょう。
その上で、前述した方法を試してみることをおすすめします。また、自宅でゆっくりすることで休まるなら、今後の家事を効率化して、楽にする準備も良いでしょう。
(家事の効率化については、『採用決定!入社までに準備すべきことは?家庭編』でも紹介しています)
「有給休暇もないのに休むなんて…」と気が引けるかも知れませんが、企業にとっては、時間と費用をかけて採用した人材に、体調を崩して辞められてしまう方が痛手です。
休んだ分は、時間をかけて取り戻していきましょう。

場合によっては病院へ

通勤の楽しみを作る医学的には『五月病』という病はありません。
色々試しても、休暇をとっても、沈んだ気持ちと体の不調が治らないと感じた場合は、『五月病だから…』とそのままにせず、病院へ行きましょう。心療内科を思い浮かべる方が多いと思いますが、様々な病気が隠れている可能性もあります。まずは、かかりつけ医や近所の病院での受診をおすすめします。
また、たいしたことは無いと自分で思っていても、周囲が先に異変に気付いているのが病というものです。「顔色が悪いよ、病院に行ったら?」と言ってくれる人がいたら、素直に聞き入れてみましょう。

ついつい後回しにしてしまう、自分のこと。
心や体を健康に保つことが、仕事でもプライベートでも一番上手くいくコツです。ストレス社会に真っ向勝負も有りですが、いかに避けるかと考えるのも、心と体には必要であることを忘れずにいたいですね。

「女性の転職ノウハウ」コーナーは、女性ならではの結婚、出産後の悩みや課題からライフスタイルに合わせた会社の探し方、面接の乗り越え方まで詳しく解説いたします。女性の方はぜひご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

面接前にあなたの性格や想定年収を診断しておきましょう

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール