「クリーニング・理容・美容・浴場・エステ業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]

「クリーニング・理容・美容・浴場・エステ業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]

「クリーニング・理容・美容・浴場・エステ業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]

「クリーニング・理容・美容・浴場業」の特徴

今回、取り上げるのは「生活関連サービス業、娯楽業」の中の一つ「洗濯・理容・美容・浴場業」。サービス産業というと幅広いのですが、この4業界は私たちの生活に密着した、誰でも一度はお世話になったことのあるものばかり。クリーニング店やランドリー店に代表される洗濯業、理容店や美容室、銭湯や健康ランド、スーパー銭湯、サウナなどの公衆浴場業はすぐにイメージできるものの他にも洗張や染物、シミぬき、エステティックサロンやネイルサロンなどもこの業界に入ります。個人それぞれの清潔を保つためのサービス、リラックスを促進する分野、と考えるとわかりやすいでしょう。

「クリーニング・理容・美容・浴場業」の現況

まず年間売上高と従業者数を見てみると、洗濯業は1兆8千億円で38万5千人、美容業は1兆7千億円で46万人、理容業は5千億円で22万人(総務省「サービス産業動向調査」より)。
「生活関連サービス業」の中でも「美容業」に携わる数がもっとも多くなっています。実際、平成11年以降、美容室は増加の一途にあり、業界は拡大傾向にあります。ただし大都市の人気エリアへの出店集中など偏りも見られ、生存競争は厳しい様相です。幼児期から美容室へ通う子供が増えたり、男性も美容室へ行くことに抵抗を感じなくなっている今、そうした顧客の意識変化をしっかりと察知し、多様化するニーズに応えていく企業努力こそが生き残りのカギとなるでしょう。若い女性を中心に人気の職種ではありますが、カット練習など自己研鑚のための残業も多く見られ、個人や有限会社の経営店舗では月間休日が6日というところがもっとも多くなっています。労働条件の厳しさもあって常時雇用者の平均年齢は30歳未満女性が41%を占め、年齢が上がるにつれて離職していく状況が伺えます。

「クリーニング業(洗濯業)」においては近年、洗濯洗剤の改良や洗濯機の機能向上、ビジネスシーンでのカジュアル化などにより、わざわざ店にクリーニングを頼まない家庭も増えているため、業界は縮小傾向。同業他店が1つの駅周りに3店も4店もあり、限られた客数を取り合うような図となっています。ここでもライバル店との差別化、付加サービスの工夫が必須となっていますが、様々な割引サービスやネット宅配、リサイクルへの配慮などに積極的に取り組んでいるのは白洋舎やホワイト急便などの大手チェーンが主であり、個人経営店の先行き不安は否めないところです。
給与面はというと、業界全体の月平均現金給与額は22万9411円(平成25年 厚生労働省「産業、事業所規模、性、給与内訳別1人平均月間現金給与額」より。娯楽業も含む)となっています。

「クリーニング・理容・美容・浴場業」に転職を考えている人へ

「クリーニング業(洗濯業)」であれば都道府県知事がおこなうクリーニング師免許の取得、「理容師・美容師」であれば厚生労働大臣が指定する養成施設を卒業し、国家試験を経て理容師・美容師免許の取得を目指そう。また国家資格ではないが、「エステティック業」には認定エステティシャン資格、「ネイルサービス業」にはネイリスト技能資格などもあります。
4つの業種に共通しているのはどれも日々の暮らしに密着した職業であり、会社同士のビジネスというよりは人対人の、心の通ったサービスが重要な点です。人に喜ばれるためには汗水たらして働くことを厭わない性格であったり、笑顔での接客が自然とできるような人は、是非そこをアピールするべき。「清潔」を売る職種である以上、面接時の身だしなみには細心の注意を払いましょう。

●そのほかの「生活関連サービス業、娯楽業界」の話を見る

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「ソフトウェア開発業界」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  2. 「情報サービス業」はどんな仕事?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  3. 「予備校業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]
  4. 「卸売業」はどんな仕事?概要と特徴について[業界研究]
  5. 「公務員業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に答えてもらいました!
  6. 「アパレルショップ業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール