[転職体験談] 食品製造業から塾業界に飛び込んだ埼玉県のT.Mさん(男性)

転職体験談

食品製造業から塾業界に飛び込んだ埼玉県のT.Mさん(男性)提供

今回の体験談は、食品製造業から塾業界というまったく異なる飛び込んだ埼玉県のT.Mさん(男性)。学生時代に塾講師をやっていたことがきっかけで、27歳の時に、転職を決意しました。どのように活動したのでしょうか。

このままこの仕事を一生続けていていいのか

 現在会社員として勤務をしている32歳男性です。27歳の時に埼玉県のとある食品製造業から塾業界に転職しときの経験をお話しさせて頂きます。私は料理をすることが大好きで、食品業界で料理に関する知識を学びたくて入社したのですが、配属先はシステム部に決定し、システム関係の仕事につくことになってしまいました。システムの仕事もそれなりに面白かったのですが、食品関係の知識を学ぶ機会があまり無かった事、これからずっとシステム関係の仕事を続けていっていいのか考えるようになり、新たな企業で新たな仕事をしてみたいという思いが芽生え始めました。またその時独り身ということもあってまだ自由がきくことや、様々なことにトライしてみたいという思いも強かったため、良い機会だと判断し、転職を決断をしました。

以前アルバイトをしていた塾業界を探す

 転職するに当たって、使用していたサイトはリクナビネクストやマイナビ・DODA等です。DODAは、専門職の仕事が非常に多く、リクナビネクストやマイナビは小規模な企業から大手の企業まで取り扱っているのが助かりました。転職先として探したのは塾業界でした。これは以前、塾関係で講師をしていたことや、塾で子供と接しながら人生を歩むことで、何か自分の新たな人生を見つけたいと思ったからです。
 特に自分が得意な個別指導の授業形態をメインとした学習塾を中心に応募していました。ただ個別指導の店舗運営は、ほぼ1人か2人で行うため、正社員としての募集は非常に少なく、契約社員が大半なのでなかなか見つからずに苦労しました。
 大手企業や小さい企業等のこだわりはありませんでした。そうこうしているうちに1件良さそうな塾が見つかりました。とても明るく楽しそうに授業をしている教師の姿を目にした時、とても感銘を受け、その塾に応募し無事に内定を頂くことができました。仕事をしながらの転職活動だったため決断するのにも時間がかかったことを覚えています。

新しい転職先は休みは少ないけど、生きがいを感じた

新しく働くことになった塾は、当時起業して間もない小さな企業で、立ち上げて2、3年目のベンチャー企業でした。週休一日制でしたので、休みはほぼ無い状態でしたが、毎日子供と多くの時間を接することができ、授業を教えることがすごく好きでしたので、講師としての生きがいをとても強く感じることができました。また土曜日には、理科実験等大手塾ではあまり行わないようなイベントを定期的に企画するため、子供と一緒になって様々な新たな体験をすることができました。

転職をするならなるべく20代のうちに

 転職するに当たっての大きなポイントがあります。
それは年齢です。あなたは今何歳ですか?世の中では、まだまだ年齢重視の企業が多く、年を取るほど転職が難しくなりますので、なるべく20代で転職することをオススメします。比較的若さが考慮されるため、自分の熱意や思いそして過去に経験を伝えることで転職できる割合があがります。しっかり転職の意思を伝えるのがポイントです。

30代になると、年齢が上がれば転職に対しても技術や能力が問われるようになり、面接においても、あなたがその仕事に対してマッチングしているのか、またそのタスクに対してこなせる能力が問われます。もしあなたが転職を希望されているのであれば、新たな企業に就業する前に、入社する企業についての業務内容や専門知識を学習し、又前の企業で技術や知識をしっかり習得した上で、新たな企業へ転職することが成功の鍵だと思います。

文章:埼玉県のT.Mさん(男性)

「転職グッド」編集部が考える転職ポイント

食品製造業からまったく分野の異なる塾業界に飛び込んだT.Mさん。塾の仕事は、子どもを成長させてあげたいという強い気持ちはもちろん、自身の学力においても相当のレベルが求められます。また正社員として働く場合は、単に生徒に教えるだけではなく、最新の高校や大学の入試事情のリサーチや生徒を集める力などのビジネス的なセンス(利益の向上など)も求められます。
とはいっても塾業界の醍醐味はやっぱり生徒の成長です。少子化傾向で競争が厳しくなっているとはいえ、生徒と二人三脚で一生懸命に受験に挑み、目標を達成した時の喜びは、何事にも代えがたいものでしょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 転職は決して後ろめたいことではありません-大阪府のH.Kさん(男性)
  2. [転職体験談] コールセンターからITエンジニアに転職した Nさん(男性)
  3. [転職体験談] IT関連企業から経営コンサルティングファームに転職したS.Aさん(男性)
  4. キャリアアップを目指して医療系IT企業に転職したH.Mさん(女性)
  5. 求人広告代理店から損保コンサルティングに転職した東京都のN.Yさん(女性)
  6. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール