[私の転職理由] 布団メーカーの営業ノルマが厳しすぎて退職、不動産の営業に転職(静岡県・男性)

[私の転職理由] 布団メーカーの営業ノルマが厳しすぎて退職、不動産の営業に転職(静岡県・男性)

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は布団メーカーの厳しいノルマに耐えられずに退職、不動産営業に転職した静岡県の男性のお話しです。

布団メーカーの厳しいノルマに耐えられずに退職

布団メーカーの営業ノルマが厳しすぎて退職、不動産の営業に転職中小企業の布団メーカー直営の営業部に勤めていました。毎月の販売数のノルマが非常に厳しく、毎月の業績発表があるたびに、ノルマ不達成を理由に上司の槍玉に挙げられていました。
その当時は毎日のように担当地区に営業をかけていたのですが、競合布団メーカーとの競争が激しく、なかなか業績を上げることができませんでした。顧客を他社に取られるたびに、私の会社内での立場は落ちていく一方でした。
追い詰められた私は、親せきや知人に営業をしてなんとか売り上げを達成する方法を取っていました。でもその方法にも限界があります。そのうち売上も上がらなくなりました。
またそのほかにも社内では会社の同僚のいじめや上司のパワハラなどが常習的に行われていて、私自身もストレスから来る胃潰瘍で入院してしまったことが転職を決意した大きな理由です。

前職の経験を生かして不動産の営業に転職

転職の面接は不動産会社を受けました。最初は不動産業の会計事務を希望していたのですが、面接では前職の仕事と経験が評価され、営業職として採用となりました。研修期間の後に営業部に正式に配属されました。
入ってみてわかったのですが、不動産の営業は、以前の職場で扱っていた布団などの商品とは違い、需要と供給のバランスが取れているため、ノルマの達成もそれほど厳しくはありません。布団のように無理矢理に販売する必要がないので精神的にとても余裕が出て来ました。(※不動産業界の良い点、悪い点
また職場の人間関係もギスギスしておらず、ストレスを感じさせない円満な雰囲気ですし、今までの営業の経験を生かせる仕事に再び就けたことで、自信を取り戻すこともできました。環境と待遇が変わることで、精神的にも安定した生活を送れることができるようになったのが、私にとっては大きいです。転職して良かったと感じています。

「転職グッド」編集部からのコメント

噂には聞いていますが、布団メーカーの営業はなかなかハードですね。不動産の営業職もそれなりに難しいと思うのですが、「・・ノルマの達成もそれほど厳しくはありません」という辺りに、過酷な営業の仕事を乗り越えてきた強さを感じます。この人のおっしゃっている「需要と供給のバランスが取れている」はユニークな表現ですね。需要の少ないものを売る仕事はおのずと厳しくなりますし、供給の多いものを売る仕事は過当競争に陥って苦労します。転職をする際にも、この会社の商品は需要と供給のバランスが取れているのかどうかを考えてみるのもいいですね。
このほかにも「私の退職理由と転職できた理由」に多数の実例を載せていますのでご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [私が転職した理由] 不透明な社内体制が嫌になって、広告代理店に転職(女性・奈良県)
  2. [私が転職した理由] 地元での職場を検討し、商工会議所のキャリア採用に(43歳男性・兵庫県)
  3. [転職した理由] 離職率が異常に高かった厳しい保険営業を辞め、地元農協の事務職に転職
  4. [私の転職理由] 生協の宅配ドライバーを辞めて、食品調理会社に転職(埼玉県・男性33歳)
  5. [私の転職理由] 自社商品を強制的に買取させられる会社を退職(茨城県・女性23歳)
  6. [私の転職理由] 子どもの頃の夢を捨てきれず31歳で念願の電気工事会社に転職(男性・大阪府)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール