「広告代理業(求人広告)」はどんな仕事なの? 答えは「人」がすべての業界です [業界研究]

「広告代理業(求人広告)」はどんな仕事をやっているの? 答えは「人」がすべての業界です [業界研究]

「広告代理業(求人広告)」はどんな仕事をやっているの? 答えは「人」がすべての業界です

「広告代理業」ってどんな仕事をやっているの?求人系の広告代理店への転職を考えているんだけど、どんなことをやっているの?

今回は、実際に以前、求人系の広告代理店で営業職(正社員)として働いていたNさんに、業界の様子や特徴を書いてもらいました。

広告代理業といっても扱うものはさまざま

 広告代理店は新聞や雑誌、ラジオ、テレビやその他の広告媒体のスペースを販売して、クライアント側にメリットを提供する業種です。広告業界ときくと商品があってそれを売り出すためのテレビCMを作ったり、セールスプロモーションのために宣伝を打ったりというイメージを持っている人が多いと思いますが、広告と一言でいってもいくつかに分かれており、前述したようなセールスプロモーション系の広告のほかにも求人広告、不動産広告などがあります。

その中で今回は「求人情報を扱う広告代理業」について説明してみたいと思います。

求人系の大きな会社といえばまずはなんといってもリクルートです。グループ全体で連結売上高1兆2千億もある大きな会社で、実際、求人広告というのは同社の創業者である江副さんが切り開いたといっても過言ではありません。
業界は、リクルート社を筆頭に全国エリアを対象にした企業、地域に根差した中小の求人広告代理店、さらにその代理店の2次代理店まで、多数存在します。世の中に会社がある以上、人材の募集(求人)は必ずありますので、いかに自社を経由して発注をしてもらうかがポイントになります。

業界の構造としては、リクルートなどテレビCMなどで有名な媒体を自社販売する1次代理店、その下に自社媒体は持たないけど営業のみをおこなう2次代理店、さらにその代理店の3次代理店までも多数存在します。同じ求人の案件を本体の大手企業と代理店が取り合うこともざらにあります。営業力が問われる業種です。

広告代理店の営業担当者

広告代理店で働く人はほとんどが営業を担当しています。もちろん制作部、デザイン部などもありますが、やっぱりメイン(花形)は営業職です。自分の担当エリアの企業を訪問し、採用を担当している人事や総務の人と話をしながら、情報を集めていくわけです。
広告代理店というのは有形のものを売っているわけでも、何かサービスを提供しているわけでもありません。人が全ての業種です。自社媒体なり、他社媒体にクライアントの採用情報を載せて、実際に求人募集者を増やすのが最大の仕事なのです。

広告代理店に限らず、各種代理店の宿命として、基本的にどこの会社を経由してもそれほどサービスの質に差が無いということがあります。だから企業のアイデンティティーとか、営業担当者本人の信念がないと、とかく価格競争に陥りやすいという面があります。

営業担当者としては価格競争に陥ってしまっては、利益は減るし、高い物が売れなくなるし、まったく良いことがありませんので、やっぱりそこは提案力やアイデアで補っていかなければなりません。クライアントの人材に関する悩みを聞き出し、いっしょになって解決しようと努力するのです。求人広告の枠を売る仕事ではありますが、自分をいかにして売り込むかということが大事です。

結果的に、仕事を任せてもらえるようになって、人脈が広がっていくと、さらに新規のお客さんを紹介してもらったりという流れになったりと、仕事がとても面白くなってきます。

求人系広告代理店に転職を考えている人向けアドバイス

前述したように、広告代理店とは、人が全ての業種です。人しか無い業種です。
営業主体の業界なので、どこの会社も男女の差はないように思えます。(そんなこと気にしていられないということでしょうか)女性なので許されるとか男性なので何とかという考えは一切なく、同じ営業としてバリバリやります。

だからでしょうか、人間的に魅力のある人が多いように思えます。オンとオフをきちんと使い分けられる趣味人も多く、みんなアクティブです。実際に大学時代に体育部だった人は多くないのですが、体育会系のような雰囲気というとわかりやすいかもしれません。あとは明るい、楽観主義、物怖じしない人が集まる業界です。

営業なのでどんなにがんばったと自分で思ってもなかなか仕事がとれないこともありますが、努力は絶対に裏切りません。営業がメインの業種の宿命で、売上や数字がいつも目の前にありますが、それはしょうがないですね。たしかにキツイこともありますが、それ以上に「自分のことを信用してくれて、大切な採用活動を任せてくれる」。その喜びの方が何倍も大きいです。

一番は、企業の社長や役員と同じ考えで仕事が出来るようになること

求人系の広告代理業で営業職をやった場合の一番の醍醐味というか、メリットは、企業の社長や役員と同じ考えで仕事が出来るようになることです。一般的に採用というのは、その企業にとってとても大事な部分なので、経営者であったり役員が担当することが多いわけです。そういった上層部の人たちから人材についての悩みや課題を聞いて、解決しようと頑張っているうちに、いつの間にか自分も「経営者のような考え方になってくる」んですね。気付かないうちに。その社長や役員から怒られたり、厳しい要求をされたりしているうちに、鍛えられていくんです。考え方も前向きで主体的になっていくんです。

だからという訳じゃないんでしょうが、リクルートの社員って引っ張りだこですよね。あとは起業する人も多いです。給料をもらっている社員なんだけど、経営者の視点でものごとを考えて、会社に貢献していく。そんな人にいつの間にかなれるので良いと思います。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「看護師(幼稚園・保育園勤務)」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  2. 「小売業界(アパレル)」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  3. 「予備校業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職ポイント [業界研究]
  4. 「製造業(自動車関連)」の良い点・良くない点- 働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  5. 「水産養殖業」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職アドバイス [業界研究]
  6. 「食料品製造業」はどんな仕事?概要と特徴について

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール