[私の転職理由] 長時間労働のWeb制作会社で身体を壊し退職、同業他社へ転職(沖縄県・女性25歳)

[私の転職理由] 長時間労働のWeb制作会社で身体を壊し退職、同業他社へ(沖縄県・女性25歳)

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は、勤めていたweb制作会社が長時間労働で身体を壊してしまい退職、技術力を評価してくれた同業の制作会社に転職した沖縄県の女性(25歳)のお話しです。

長時間労働のWEB制作会社で身体を壊す

以前の会社はweb制作系の会社で企業のホームページなどを制作していました。ザ・ブラック企業といった会社で毎日深夜までの残業は当たり前、休日出勤をしても手当などはつかず、定時で帰ることに後ろめたさを感じるような社風でした。

それでも好きな仕事でしたし、私の住んでる地域ではかなりトップレベルの会社でしたので刺激も多く、上司はじめ社員も人として魅力的な方ばかりでそれなりに楽しく働いていました。

不満があるとすると拘束時間が長すぎるということのみで、それに対して何度も改善を提案しましたが、会社の考えとしては「本当に仕事が好きなら不満はないはず」という感じでこの考えを変えることはないとのことでした。

そのうち、体調を崩すようになり、出社できない日々が続き、在宅勤務にできないか、療養のための長期休暇をもらえないか会社と相談したりもしましたが、結局体調不良を理由に退社することになりました。

自分の技術力を評価してくれた同業他社に転職

転職したのは同じWEB業界で、比較的スムーズに決まりました。
前職では同業界で働く人と知り合うきっかけが多く、転職先の会社の社長とももともと知り合いでした。SNSに転職先を探している、という旨を投稿したところ同業界の知人数名から声をかけていただき、いくつかの会社と面談したり、会社見学をさせてもらったりしました。

私がこれまでに作ったサイトを見てもらったり、こちらが希望する点(拘束時間や給与面)を正直に話し、お互いにとってベストな条件で働けるかを結構踏み込んで話し合いました。

今の会社に決めたきっかけは、私の技術力を高く買ってくれたこと、働きやすい会社にするために社員が発言しやすい社風であること、前の会社ではネックになってた残業や休日出勤がほとんどないこと、などトータルで考えてなるべくストレスも少なく、だけど給与面でも満足できると思ったからです。

正直に言うと、レベル的には前の会社より劣りますが、優秀な社員も多くスキルアップのために社員自ら社内勉強会を開催したりしていたのでその辺は気になりませんでした。プライベートの時間を十分にとれるようになったのでこの会社に入って本当に良かったと思っています。

「転職グッド」編集部からのコメント

労働集約型産業の典型であるデザイン制作やプログラムなどWEBの制作系会社の残業毎日の長時間労働&休日無しのケースです。WEB制作系の会社は、一見、デジタル社会の先端を行く効率の良い職種のように見えますが、その実は旧来の印刷デザイン(DTP)と同様に、ひとり一人の作業時間がそのまま成果となって現れる、人が資本の業種です。この業界では勤務シフトの上手な組立やクライアントとのスケジュール管理などをしっかりおこなわないと、このようにブラックになってしまいます。
幸いにも新しい会社は同じWEB制作の会社でも、プライベートの時間が取れるようになったとのこと。きちんと経営陣が従業員の工程を管理しているのですね。
このほかにも「私の退職理由と転職できた理由」に多数の実例を載せていますのでご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [私の転職理由] 転職を考えたのは自分のやりたいデザイン会社を見つけたから(三重県・男性28歳)
  2. [私の転職理由] 入社時の約束と違う配属に不信感を覚え、数ヶ月で退職(女性32歳・愛知県)
  3. [私が転職した理由] 地元での職場を検討し、商工会議所のキャリア採用に(43歳男性・兵庫県)
  4. [私の転職理由] 子どもの頃の夢を捨てきれず31歳で念願の電気工事会社に転職(男性・大阪府)
  5. [私が転職した理由] 派遣社員と社員の待遇格差を感じ始めたため(40歳女性・神奈川県)
  6. [私の転職理由] アパレル関連から、いきなりフレンチレストランの調理見習いに転職(男性・東京都)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール