[私の転職理由] 給食サービス事業所が閉鎖、思い切って和食板前に転職(男性23歳・神奈川県)

[私の転職理由] 給食サービスの事業所が閉鎖、思い切って和食の板前に転職(男性・神奈川県)

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は勤めていた給食サービス店舗が閉鎖してしまい、和食料理屋の板前に転職した神奈川県の男性(23歳)に話していただきました。

勤めていた給食サービスの会社が閉鎖することに

私は高校を卒業後に老人ホーム施設から委託を受けた給食調理サービスに勤めていました。でも私たちがいた事業所はライバル企業の営業力に負けてしまい、施設からの撤退を命じられました。つまりテナント交代です。一部パートさんと職員の引き継ぎの話はあり、私にもその誘いは来たのですが正直、条件があまり良くなくて断わりました。

給料面でも満足できていなかったのもありましたし、私は結局、転職を選びました。理由は心機一転、新しい環境で頑張りたかったのが大きいです。

振り返ってみると、半ば強制された転職だったので抗うことは出来ず、雇われの身であった自分達には拒否権はありませんでした。慣れた職場で長く続けていればある程度の出世は約束されていたので、後悔と不安が八割、転職に対する期待が二割と言った感情でした。

和食料理屋の板前に転職

給食調理の仕事もいいのですが、やはりレストラン等で活躍するシェフと比べると仕事内容に物足りなさを感じていました。

私はシェフになりたいと考え、和食料理屋の板前に転職することができました。採用された理由として一番大きかったのは年齢が若かった事だと思います。和食料理のスキルはゼロに等しい状態だったのですが、やる気が伝わったこと、やむを得ない転職理由だったので理解してくれたこともあるかなと思っています。

仕事は、給食調理とは違って仕込みの量が膨大なのでとにかく朝は早く、また夜中まで掛けて掃除をするので拘束時間が長くなりましたが、やりがいがあってとても充実しています。ながれ作業の如く淡々と仕事をこなしていた日々を思い出すと転職をして大正解だったと思っています。むやみやたらに体力と時間を消費していたばかりの前職と比べて、今の職場では明らかに料理や接客のスキルが身についている気がします。

また金銭的にも充実しており、長期休暇もあるので結果としてプライベートも充実しています。

「転職グッド」編集部からのコメント

この方の場合は、以前の職場が閉鎖になり、そのまま再雇用で残るか悩んだ結果、やむを得ず転職をすることになったケースです。
資本の移動が活発な現代において、前職がいくら楽しくて良い条件だったとしても、会社が買収されてしまた場合、経営者が変わって大幅な路線変更があった場合、あとは倒産や廃業などによる経営会社変更など、さまざまな情勢の変化で職場が無くなってしまうことがあります。最近では鴻海に買収されたシャープ、PC事業をレノボに売却したNECやIBMなどが同様ですね。

その時に自分はどうするか、他社に転職して新たな道を歩むか、または買収された側の会社に再雇用されてこれまでと似た道を歩むか、ひとり一人が人生の決断を迫られます。

昨今はグローバル化が進み、日本の企業も世界をマーケットに闘っています。いつ自分が当事者となっても慌てないように、日頃から自立意識を持って、仕事に取り組んでいたほうが良いですね。
このほかにも「私の退職理由と転職できた理由」に多数の実例を載せていますのでご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [私の転職理由] 上司との関係がうまくいかず転職、心労がなくなったのが嬉しい(男性・東京都)
  2. [児童指導員に採用された理由は?] 子供が好きな事、前職で子供の対応には慣れていた事-女性(28歳)
  3. [私の転職理由] 看護学校卒業後に系列病院で働くもあまりの激務に転職(愛知県・女性27歳)
  4. [採用された理由は?] 前職を短期で辞めた理由など、すべてを正直に話したからだと思う
  5. [私の転職理由] 大手建設業の契約期間を残して、同業の正社員に転職(女性27歳・神奈川県)
  6. [私の転職理由] 生協の宅配ドライバーを辞めて、食品調理会社に転職(埼玉県・男性33歳)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール