[転職体験談] 広告代理店から司法書士事務所の事務職に転職 – N.Aさん(女性)

司法書士事務所に転職した大分県のN.Aさん

司法書士事務所に転職した大分県のN.Aさん(女性)

広告代理店から司法書士事務所の事務職に転職した大分県のN.Aさん(女性)に、転職を考えた理由と、転職活動の方法、転職後にどうだったかを書いてもらいました。

1.転職前の業界と転職を考えた理由

転職する前は広告代理店の事務をしていました。
事務といってもパート勤務だったので、どうせなら正社員でちゃんと働きたいという気持ちもあり、正社員で働ける事務を職業安定所で探していました。
その中で目にとまったのが司法書士事務所の求人です。
実はその前からずっと司法書士の事務所で働きたいと思っていたのですが、実際求人はなかなかなく、見つけた時は「やった!」という気持ちでした。
私が司法書士事務所への転職を希望したのは、以前、自分のちょっとしたことでお世話になったからです。その時に相談に乗ってくれた司法書士の先生でした。
市の無料相談に行った際に紹介された先生で、解決のための手続きなどを行ってくれることになり、精神的にすごく救われました。
私も困っている人を助けたい!それが司法書士事務所で働こうと思った理由です。

2.転職活動は地元のハローワークで

正社員で仕事を探すと決意してからは、職業安定所のインターネットサイトなどを常にチェックしていました。
インターネットで探すなら、他にも求人サイトはあるのでしょうが、私の住んでいるところの求人はなかなか一般のサイトでは希望する事務などの求人は出てなかったので、職業安定所で探すことにしました。
特に司法書士事務所は法人運営されているところもありますが、ほとんどが個人で運営されているところが多いので、もし給料や休日などの取り決めが違っていた場合に、職業安定所経由の方が改善してもらいやすいのではと思いました。

3.転職した業界と転職後、働いてみてどうだったか

司法書士事務所の仕事内容としては登記中心の業務が多く、相続の仕事が多かったため戸籍収集や相続関係図などを作成する業務、そして登記申請のための書類を作成したり、法務局などで調査をする業務がメインでした。
本当は私が以前、無料相談で助けてもらったトラブル問題に携わって、世の中の困っている人を助けたいという気持ちがあったのですが、何度か先生に希望を出したものの、うちではやっていませんと言われてしまい、願い叶わずでした。
司法書士事務所は先生に特徴によって、何の業務をメインにされているかはまったく違うので、どうしても自分の希望する業務にこだわるのなら最初に確認をした方がいいと思います。

4.転職希望者への成功アドバイス、注意点

私の場合は、ある問題の解決のお手伝いがしたいと希望して司法書士事務所の門をたたいたのですが、実際には全く違う仕事内容でした。
ただ、戸籍を様々な市町村役場に請求し、それをつなげて一つの相続関係図を作成するという仕事は私には合っていたようでとても面白いと感じました。
色々な市町村役場や法務局に行くこともあり、事務所でじっとしているデスクワークではないので行動派の人には良いと思います。
誰か相続人になるのかという判断は、最初は判断がつかなくて迷うこともありましたが慣れると手際よくできるようになり、市役所の人にも「すごく詳しいですけど司法書士の資格をお持ちの方ですか?」と言われることもあって気分が良かったこともあります(笑)
この仕事のおかげで新しい分野の知識を身に付けることができましたし、法律についても詳しくなれました。そして登記の仕事が好きになりました。希望していた仕事ともし違っていたとしても、実際やってみれば、私のように楽しく働けるということがあると思います。

記事執筆:大分県のN.Aさん(女性)

「転職グッド」編集部が考える転職ポイント

パートタイマーから正社員への転職はぜひ積極的にチャレンジしていただきたいことの一つです。特に女性の場合、出産時から子育て期間は、時間が自由になりやすいパートタイマーを選択することが多いのですが、以前と比べると会社側の子育て制度も充実してきましたし、経営者や周囲の理解も進んで来ています。なによりパートタイマーと正社員では、雇用の安定面、福利厚生面、そして特に給料・賞与面が大きく異なります。
不採用が続くと人間誰しもいやになってくるものですが、あきらめずに毎日、求人情報をチェックして、ぜひ正社員の仕事にチャレンジしてみてください。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [転職体験談] 生保から航空会社の客室乗務員(CA)に転職した女性 - その成功の秘訣は?
  2. [転職体験談] 塾業界から半導体装置メーカーに転職した Zさん(男性)
  3. 「自己紹介文は超大事だよ!」と転職後にあらためて思った Yさん(女性)の話
  4. [転職体験談] IT関連企業から経営コンサルティングファームに転職したS.Aさん(男性)
  5. [転職体験談] 小売業からIT業界に転職をチャレンジしている23才の男性の話 写真はEさんの家の近くにある香川県まんのう公園のルミナリエ
  6. 転職は決して後ろめたいことではありません-大阪府のH.Kさん(男性)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール