転職サイトは少なくとも3~4サイトに登録をしておいた方が良い理由 [転職のノウハウ]

転職サイトは少なくとも3~4サイトに登録をしておいた方が良い理由 [転職のノウハウ]

今の時代、転職活動の際にリクナビNEXTやマイナビ転職などの情報サイトで調べるのはごく自然のことになりました。一昔前は分厚い転職雑誌を見ながら、一ページ一ページ探したものですが、現在ではインターネットの普及でパソコンやスマホから情報を取得する人が圧倒的になってきています。

前回は、転職活動の際にはハローワークだけをではなく、転職サイトや転職エージェントも活用した方が良い理由をご説明いたしました。
今回はさらに一歩進めて、ではその転職サイトは何サイトくらいに登録をしておいた方がいいのか?という点についてお話しいたします。

特徴がわかりにくい転職情報サイト

ひとくちに転職情報サイトといってもリクナビNEXTやマイナビ転職などの大手が提供する総合的な転職サイト、エンジニアや介護職、薬剤師、保育士など業種に特化した転職サイト、女性の求人に特化したサイト、各社の情報を検索テクノロジーで横断的に表示させるサイトなど実にさまざまです。

もともとは各社とも総合的な求人サイトから始まった訳ですが、競争の激化や求職者のニーズの多様化、さらに新しい求人ベンチャー企業が登場してくる度に、他社とはひと味違う、独自色を出したものを作ろうとカテゴリの細分化が進んできています。結果的に今日のように数百以上の求人サイトが世の中に存在するようになったのです。

サイトの数が膨大に増えてくると、世の中の常として、求職者(ユーザー)からは「どのサイトが良いのかわからない」「どこが違うのか理解出来ない」といった声があがって来ます。転職を考えている人というのは、当然のことながら転職が終われば、サイトを見なくなりますので、サイトに慣れていません。そのために食べログや価格コム、じゃらんなどの継続的に活用できるサイトと違って、情報の共有がおこなわれにくいという難点を抱えています。(不動産購入サイトや結婚式サイトなど一生に何度も利用しないものと同じですね)

また転職を考えている方というのは基本的に急いでいますので、とりあえずCMなどで有名などこかの総合サイト1つに登録をして、求職活動を始めるわけです。もちろんこのことは全く問題無いのですが、今回は一歩踏み込んで「転職サイトは少なくとも3~4サイトに登録をしておいた方が良い」という点について解説いたします。

転職情報サイトの掲載費用は意外に高額

採用側企業が転職サイトに募集を出そうとすると、1サイト約20万円~40万円(4週間)とけっこうな費用がかかります。1サイトでこの金額ですから、3サイト、4サイトだと100万円、200万円が優にかかってしまうわけです。しかも4週間でこの金額ですから、年間を通して募集すると軽く1,000万円を超えてしまいます。

事業規模の大きい企業であれば問題ないのかもしれませんが、中小企業やベンチャー企業にとってこの金額は少なくありません。全てに掲載すると支出が多くなるため、企業は募集を出す転職サイトの費用対効果を徹底的に吟味し、絞り込んで出稿するわけです。それは応募反響が大きいサイト、担当営業者が優れているサイト、比較的リーズナブルなサイトなどまちまちです。

だから転職サイトは載っている企業がバラバラになります。「リクナビNEXT」にも「マイナビ転職」にも載っている情報、「リクナビNEXT」にしか載っていない情報、「@type」にしか載っていない情報、第二新卒「Re就活」にしか載っていない情報など、みんな違うのですね。

自分に合った企業を見逃さないために少なくとも3~4サイトに登録を

このような背景を理解していないと、急いでいるし、登録が面倒だし、とりあえず1サイトだけで探せばいいか、となりがちです。でもあなたがぜひ入社したい思った企業は他の転職サイトにしか載っていないかもしれません。今の会社を辞めてぜひ働きたいと思う企業が急に出てくることもあります。

せっかくの転職が残念なことになってしまってはもったいありません。チャンスを逃さないためにも、少なくとも3~4サイトに登録をして、最新の求職状況を把握しておきましょう。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 離職期間(ブランク)とは
  2. 女性ならではの面接準備 [女性の転職ノウハウ]
  3. こんな中小企業に転職するのはやめておいた方がいいかも - 8項目 [転職のノウハウ]
  4. 転職活動はハローワーク一本でおこなうのは危険!転職サイトやエージェントも活用しよう
  5. 「マザーズハローワーク」って何?仕事と子育てを両立したい女性再就職なら活用してみて
  6. 面接対策、ネガティブな転職理由をポジティブな理由に変換する-初回編 [転職のノウハウ]

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール