[転職体験談] メーカーに転職したNさん(男性) -転職サイトを毎日チェックして気になる求人はすぐ応募

[転職体験談] メーカーに転職したNさん(男性) -転職サイトを毎日チェックして気になる求人はすぐ応募

今回の「転職体験談」は人材派遣会社から資材メーカーに転職をした北海道のR.Nさん(男性)。リーマン・ショックによって大きな打撃を受けた人材派遣会社を諦め、形のある商品を扱う業種を探した結果、めでたく短期間のうちに新しい会社へと転職することができました。そのポイントとは何だったのでしょう。本人に当時の様子を書いてもらいました。

転職を決意した理由-リーマン・ショックで会社が打撃

私は平成14年から平成21年までの約7年間、人材派遣会社の営業職として働いていました。
派遣社員の受け入れ促進を行い受注を取り、人選した候補者の企業見学に付き添い、就業開始後は、派遣社員の様々なサポートや契約期間の延長を企業側に交渉する、といった業務内容でした。
所属していた部署は製造業への派遣がメインだったので、様々な業界の人事担当者や工場長との折衝を通じて知識を広め、それが経済全般や営業職に対する魅力を深める動機となりました。
しかし、平成20年に起きた経済恐慌リーマン・ショックによって派遣業界は大きな打撃を受け、勤めていた会社は全国的な人員整理に踏み切り、優秀な営業職も去っていきました。
私は、経済恐慌が起きる前から度々表面化していた、派遣業界のずさんとも言える実態にも疑問を抱いていて、会社の退職勧奨を機に、次は形ある商品を扱う営業職を経験しようと考え、転職を目指すことに決めました。

転職サイトを毎日チェックし、気になる求人はその日のうちに応募

資材メーカーに転職成功した北海道在住のR.Nさん転職活動を行う上で、転職サイトの利用はとても効率的でした。有給休暇の日数が限られている中で転職を成功させるためには、いかに時間を有効活用できるかという点に尽きます。もちろんハローワークにも通いましたが、年齢的にも若くないので失業保険を当てにするような生活は考えられませんでした。
リクナビNEXTやenジャパン、DODA、マイナビ転職と、地元北海道に特化したジョブキタというサイトに登録。毎日チェックして、気になる求人はその日のうちに応募しました。不明な点のある求人は、企業の電話番号を調べて質問させてもらった事もあります。
結果的に、採用をいただいて就職を決めた会社は、登録をしていないタウンワークからの応募でしたが、転職サイトを毎日チェックする習慣や、1日も早く転職を果たすために行ってきたスピード対応は、間違いなく不可欠なものだったと思っています。

資材メーカーの営業職に晴れて転職

転職を果たした会社は、生花用の各種資材や花を飾るためのカゴや器、装飾用の雑貨類を扱う卸売会社で、ルート営業と新規開拓を担当する営業職に就きました。
前職を辞める際に、次は形ある商品を扱う営業職に挑戦したい、と考えていたので希望が叶った形です。しかし生花業界という未知の分野であることや、商品アイテム数が非常に多いことで、慣れるのには想定以上の時間を費やしました。商品を覚えていくためには、普段から商品に触れる機会を持つしかないと考え、在庫管理や納品、倉庫の整理といった作業にも力を注ぎました。また、お客様である生花店の方々は職人気質の人も少なくないので、営業職としての実績以前に自分がどうあるべきか、ということを見つめ直す機会になりました。
ワンボックスカーに商品を詰め込んで毎月出張しましたが、知らない土地で500円の商品1つから新しい関係が始まることに感謝と嬉しさを実感しました。

R.Nさんからのアドバイス-転職はスピードを意識することが重要

転職活動については、やはり何よりもスピードを意識することが重要だと思います。そのためには目標と計画が欠かせませんが、採用決定日を本来の目標よりも1週間くらい前に設定して、そこから逆算した計画を立てて「絶対にこの計画を崩さない」という覚悟で取り組みました。そして、目標までの1日1日を細分化することで、その日にやるべき事やボリュームが見えてきます。また、活動中はその時にやっている事だけに集中して、メールを見ながらとか他の事をしながらにならないように注意するべきだと思います。
あとは、根拠がなくても自信を持つことは大切だと思います。自信がないと、転職をしてもすぐに迷いが付き纏うようになってしまうからです。自信を持って仕事に取り組んでいけるよう、私は面接で社長や上司になる方と少しでも多く話しをするように心掛けました。皆さまの転職成功を陰ながら応援しています。

「転職グッド」編集部が考える成功のポイント

幸いにも残り少ない有給休暇を使って転職活動ができたNさん。限られた時間の中で「リクナビNEXT」や「enジャパン」などの転職サイトをフル活用。毎日新着案件をチェックし、気になる求人が見つかったら、その日のうちにすぐ応募したとのこと。
前職の人材派遣会社でさまざまな業種の会社を見ているうちに、ふつふつと形ある商品を扱う会社への憧れが芽生えていったようです。
「何よりもスピードを意識することが重要」とおっしゃっているように、なんと有給休暇の消化期間中に次の職場が決まった成功例でした。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 求人広告代理店から損保コンサルティングに転職した東京都のN.Yさん(女性)
  2. 転職は決して後ろめたいことではありません-大阪府のH.Kさん(男性)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. 食品専門商社へ転職
  5. 「自己紹介文は超大事だよ!」と転職後にあらためて思った Yさん(女性)の話
  6. [転職体験談] 塾業界から半導体装置メーカーに転職した Zさん(男性)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール