[私の転職理由] アパレル関連から、いきなりフレンチレストランの調理見習いに転職(男性・東京都)

[私の転職理由] アパレル関連から、いきなりフレンチレストランの調理見習いに転職(男性・東京都)

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回はアパレル関連からフレンチレストランの調理見習いに転職した東京都の男性に話していただきました。

勤めていたアパレルがファストファッションに押され衰退傾向に

長い間アパレル関連の仕事に関わっていました。直営店もありましたが基本的にはオリジナルブランドの製品卸しがメインの会社で、私は企画デザインから生産までほぼ全般にわたり管理を担当していました。
ただ年々生産体制が国内から海外に変わっていったのと、グローバル化で企画が内容よりもスピード重視になってきたことに、ストレスを感じていました。ファストファッション全盛の現在、メイドインジャパンの品質が通用しなくなってきたのです。
もともとモノ作りをしたくて入った業界でしたから、企画内容は二の次という傾向は寂しいものがありました。好きでないものを作り続けることをこの先ずっとやっていくのか、そう考えると苦痛で憂鬱になってしまったのです。
一時期は独立を試みたこともありましたが、営業が苦手な上に、人件費を含めた大きな資金が必要になるため、結局、断念して転職しました。

いきなりフレンチレストランの調理見習いに

新しい会社はアパレルとは全く関係なく飲食業です。結構名の通ったフランス料理のお店です。
面接はそこそこで数日間の研修を経て何とか採用になりました。年齢的にはかなり不利だったのですが、たまたまタイミングが良かったのと、入っても辞めていく人が多い業界なのでいつも人手が足りないのが救いでした。

仕事の内容は調理場での作業、つまり調理の見習いからのスタートでした。飲食関係の職場は学生時代のアルバイト以来です。当然ながら技術や知識面では素人レベルでしたから、かなり苦労しましたが、その後別店舗への転勤を乗り越え、今では何とか中堅クラス的な存在までは扱ってもらえるようになりました。

レストラン業界というのはみんな最終的には独立が目標ですから、勤め人の現時点で転職が成功だったかは答えが出ていません。
個人的には以前の仕事とは内容があまりに違いますが、モノ作りという点で納得はしています。
成功だったかわかるのはまだ先になりますね。

「転職グッド」編集部からのコメント

アパレルの商品開発からほとんど未経験のレストランとはダイナミックな転職例ですね。思い切りの良い男性ならではです。

人間は誰しも1日に3回食事をします。人は食べなければ生きていけませんし、友人や家族といっしょに食事をすることで何物にも代え難い幸せを感じることもできます。食事は単なる生きていくための栄養補充というよりも、人生に豊かな彩りを与えてくれるものなのです。この方が、未経験で飛び込んだ世界は、人に幸せを与えることができる素晴らしい職業でした。

恐らく最初は年下の青年に見下されながらの調理の見習いだったことでしょう。プライドを傷つけられることばかりだったと想像します。でもそれを踏ん張って乗り越えて来たからこそ、中堅クラスの存在にまでのぼっていけたのだと思います。

この方がおっしゃるように調理人の方の大半が持つ夢は自分のお店を出すことです。ぜひ一国一城の主を目指して頑張って欲しいと思います。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [私の転職理由] 上司との関係がうまくいかず転職、心労がなくなったのが嬉しい(男性・東京都)
  2. [私の転職理由] 給食サービスの事業所が閉鎖、思い切って和食の板前に転職(男性・神奈川県)
  3. [私の転職理由] 出産を機に毎日終電の職場から住宅営業に転職(女性・静岡県)
  4. [私の転職理由] 同じ製薬会社の国内大手に20代で転職(女性・東京都)
  5. [介護職に採用された理由] 面接で祖母の介護経験と知識を上手にアピールできた
  6. [私の転職理由] 生協の宅配ドライバーを辞めて、食品調理会社に転職(埼玉県・男性33歳)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール