正規社員は前年同期に比べ53万人の増加、6期連続の増加(労働力調査)

正規社員は前年同期に比べ53万人の増加、6期連続の増加(労働力調査)

総務省統計局は2016年8月9日、平成28年(2016年)4~6月期の労働力調査(詳細集計)の結果を公表した。

正規社員は3367万人と前年同期に比べ53万人の増加

正規の職員・従業員は3367万人と、前年同期に比べ53万人の増加で6期連続の増加だった。

一方で、非正規の職員・従業員も1989万人と、36万人の増加で14期連続の増加となった。

正規の職員・従業員(男女計)

正規の職員・従業員(男女計)

非正規の理由、男性は「正規の職員・従業員の仕事がないから」

また非正規の職員・従業員についた主な理由として、
男性の場合は「正規の職員・従業員の仕事がないから」がもっとも多く148万人だが前年同期に比べ9万人減少している。次いで「自分の都合のよい時間に働きたいから」が140万人、「その他」が124万人となっている。

女性の場合は「自分の都合のよい時間に働きたいから」が 350万人ともっとも多く、次いで「家計の補助・学費等を得たいから」が328万人、「家事・育児・介護等と両立しやすいから」の215万人、「正規の職員・従業員の仕事がないから」の152万人と続いている。

完全失業者は217万人と前年同期に比べ10万人の減少

完全失業者は217万人と前年同期に比べ10万人の減少だった。仕事につけない理由として、もっとも多かったのが「希望する種類・内容の仕事がない」61万人だが前年同期に比べ6万人の減少だった。
次いで「求人の年齢と自分の年齢とがあわない」が30万人、「勤務時間・休日などが希望とあわない」が24万人、「賃金・給料が希望とあわない」が19万人だった。

また失業期間では、完全失業者(217万人)のうち「3か月未満」が81万人と前年同期に比べ3万人の減少。
「3か月以上」が126万人と,10万人の減少。このうち「1年以上」は78万人と,4万人の増加している。

失業期間1年以上の完全失業者の推移

失業期間1年以上の完全失業者の推移

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 女性の働きやすさと関係?女性の雇用者数が多い業種1位は「医療、福祉」、2位は「卸売、小売業」
  2. 大学新卒者の32.3%が3年以内に退職 - 業種別で最も離職率が低いのは電気・ガス関連業
  3. 「転職した人が多い業界ランキング」- 一番人数の多い業種はどこ? (2015年発表分)
  4. 転職活動の方法- みんなはどうやって仕事を探しているのか(転職者実態調査)
  5. 島根県内のIT企業28社による「GO島根!ITエンジニア転職フェア」が9月1日(木)に東京・赤坂で開催
  6. 国の主催で「合同企業説明会 OSAKAジョブフェア」が2016年9月26日(月)に大阪梅田で開催

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール