商社ウーマン転職奮闘物語〈第14話〉 「商社の飲み会はIt’sパーリィー!ド派手な宴会」

商社ウーマン転職奮闘物語〈第14話〉 「商社の飲み会はIt’sパーリィー!」

「商社ウーマン転職奮闘物語」は、食品専門商社の営業職に転職した20代の女性が取引先や上司、同僚に揉まれながら、一人前の商社ウーマンへと成長していく物語(全17話)です。

前回の第13話は、「これからもよろしく!仲直りの時」でした。
第14話の今回は「商社の飲み会はIt’sパーリィー!」です。それではどうぞ!

毎年ド派手な忘年会

苦手だった上司との関係も徐々に良くなり、お客さんとのトラブルも解決に向かって、ようやくひと段落しました。

入社から2年半ちょっと。一難去ってまた一難。気持ちが休まる日が無かったです。特にここ最近はキツかった~!やっと少し落ち着ける・・・。なんて思った時には、もう12月の忘年会シーズンでした。

私の会社の忘年会は、毎年ド派手に開催されます。よく商社の飲み会はキツいしノリが激しいなんて言われていますが、私は今の会社に入って正にその通り!と思いました。

飲みニケーションこそ人間関係を良好にする手段、飲み会の参加率は昇進の早さに比例する。本当コレ!飲み会に参加しない社員の扱いといったら、多分他の業界より風当たりが強いんじゃないかなって気がします。勿論全ての商社がこうとは限りませんが、傾向的には見られると思います。

一言でいうと商社の飲み会はパーリィー!社員はパリピ(パーティーピーポー)です。(笑)お祭り大好き!騒ぐの大好き!どうやって人より目立つかを常に考え行動しています。

私の会社の忘年会では、何故か“35歳以下の若手”が余興をやらされるのですが、毎年のように皆で「35歳って設定おかしいだろ!もはや40歳以下でええやん!(笑)」って話しをしています。余興をやらされる人の中には役職付きの人もゴロゴロいて。中には課長クラスの上司も、余興メンバーの中に加えられているのです!その課長なんかはいつも、

「俺若手やないし、どっちかってーとおっさんやからな!(笑)何で俺と同じ役職なのに、40代のおっさんの方はやんなくてええねん!ほんまおかしいわー!」

なんて、コテコテの関西弁で文句をタラタラと言っています。(そりゃあそうだって思って聞いている私)

余興は1人ずつやる決まりになっていて、毎年優勝者は8万円相当の商品券、2位はゲーム機、3位はUSJorディズニーのペアチケットが贈呈されています。それなりの景品が付いてくるので、余興メンバーは皆やるからにはガチで優勝を狙って来ます。

私は今年ドン・キホーテで裸に見える衣装を買って、とにかく明るい安村+小島よしおの裸芸をやりました!女だから~とか、恥ずかしいとか、そんなこと思っていたのは入社して初めの年だけでした。それ以降は景品を手にするために、羞恥心なんて捨てて余興に臨んでいますよ!(笑)芸をやっている時だけは女性であることを忘れて、

「安心して下さい!履いてますよー!」

「うぇ~~い!チントンシャンテンどーん!」

って、全力で楽しみました!(笑)

なんとこの年は40人弱いる若手(?)の中で2位を獲得しました!惜しくも優勝は“密着!橋本カンナと壇蜜の楽屋”を披露した男性係長に獲られてしまったのですが、あれに勝つのは無理だって思った位ハイレベルな芸だったので諦めが付きました。(笑)

この忘年会以来私は会社で“とにかく明るい安村やってた子”とか、“安村さん”、“安村”と呼ばれるようになり、いつの間にか本名で呼ばれなくなりました。新卒の子に本名を覚えて貰えなくなりそうだな~って。“安村さん”で覚えられたら嫌だなって思う今日この頃です。

女性だろうと関係なく身体を張る感じの飲み会なので、駄目な人には駄目だろうなって思います。完全に体育会系のノリなので、歌って踊って芸やって騒いで~が好きな人じゃないと、商社で働くのはちょっとキツイかな・・・。

商社ウーマン転職奮闘物語〈第14話〉 「商社の飲み会はIt’sパーリィー!」

そんなパリピだらけの会社なので、朝は大人しく夜は元気な輩が大半を占めています。2日酔いで気持ち悪そうにしている人もいれば、寝不足で疲れてますオーラ全開な人もいて、基本的に朝はシーンとしています。それが段々と元気になって来て、夕方になると皆エンジン全開。「今日も飲みに行くかな!」とか言い出すので、ゾンビが大量発生しているバイオハザードカンパニーです。死んでは生き返ってを繰り返し、酒というウイルスに感染している生きた死者の集まりです・・・。(苦笑)

ちなみに私の直属の上司に当たる部長は、つい最近奥さんに激怒され3日間家を追い出されたそうです。どうやら酔っ払って鞄を何処かに置いて来たらしく、家の鍵を無くしてしまったそう。いつも威厳があって怖いタイプの上司が、ある日とても静かだったので。相当こっぴどく絞られたんだな・・・。こんな怖い上司を鎮めるお嫁さんってどんな人なのだろう?!って、しばらく部下の間で話題になっていました。(笑)

あまり規模が大きくない私の会社ですら結構激しい飲み会なので、多分大規模な商社となるともっと凄いんだろうな・・・なんて思います。

飲み会が苦手な人なんかは、必ず入社前に飲み会の頻度や雰囲気を確認しておくようにしましょう。

そんな私も“今日も”2日酔い・・・今日こそ早く帰ろう!(笑)

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第5話〉 ○億という高い売上ノルマ!表は喜。裏は苦
  2. 商社ウーマン転職奮闘物語〈最終話〉 「これからはこんな商社営業ウーマンになって行きたい!」
  3. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第3話〉 分からないことが分からない。専門用語に囲まれる日々
  4. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第16話〉 「上司が褒めてくれた!!感動の瞬間!」
  5. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第2話〉 中途採用者が1人だけという孤独
  6. 商社ウーマン転職奮闘物語〈第9話〉 どん底!「社会人経験が◯年もあるはずなのに使えない」と言われる

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール