[平成27年国勢調査] 女性の25~29 歳の労働力率が初めて8割超え

[平成27年国勢調査] 女性の25~29 歳の労働力率が初めて8割超え

2016年6月29日発表の「平成27年国勢調査」の速報集計によると、女性の25~29 歳の労働力率が 80.9%となり、昭和25年以降初めて8割を超えたことがわかりました。

女性の25~29 歳の労働力率が初めて8割超え

2016年6月29日発表の「平成27年国勢調査」の速報集計によると、女性の25~29 歳の労働力率が 80.9%となり、昭和25年以降初めて8割を超えたことがわかりました。(労働力とは就業者と完全失業者を合計した数です。つまり学生や家事(主婦、主夫)、高齢者を除いた人数です)

なお女性全体では49.8%と約半数になっており、年齢(5歳階級)別にみていくと、20~24歳で 69.7%、25~29歳が 80.9%、30~34歳と 35~39歳で72.4%、40~44歳が75.7%、45~49歳が78.0%となっています。

総 務 省 統 計 局  平成27年国勢調査

総 務 省 統 計 局  平成27年国勢調査

30年前の昭和60年には、54.2%と約半数だったことを考えると、女性の社会進出は著しく、今後はさらに増えていくと思われます。

転職グッド編集部より

遅々として進まない管理職などへの女性登用を法で後押しをしていこうと、安倍政権肝いりの「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が制定され、世の中の気運が高まってきました。
それらに呼応するように女性の就業者数は過去最高を記録しています。世の中に男性と女性が半々である以上、特に一般消費者を対象としたビジネスをおこなっている会社自体の男女構成バランスがいびつだと、商売自体もうまくいくはずはありません。(人口の半分を占める女性の視点が欠けがちになるからです)

転職グッド編集部では今後も「働く女性」にスポットを当てた記事を定期的にお届けしています。ぜひ
「働く女性の実情」シリーズをご覧下さい。

女性向けの「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)転職を検討中の女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して(建前の募集ではなく)転職先を探すことができます。
「子どもが出来ても働ける会社」「女性管理職がいる会社」「残業が少ない会社」など、女性目線の絞り込みが出来るのも嬉しいところ。掲載企業は東証一部上場のキャリアデザインセンター運営とあって、大手企業からきらりと光るベンチャーまで多数あります。「女の転職@type(アット・タイプ)」を見る

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞn

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール