転職を検討する理由トップ3は「給与」「仕事内容」「残業・休日数」-エン・ジャパン調べ

転職する理由を20代~50代に聞いたところ、回答のトップ3は「給与」「仕事内容」「残業・休日数」だった。転職サービスのエン・ジャパン株式会社が2016年6月20日に発表した。

転職を検討する理由トップ3は「給与」「仕事内容」「残業・休日数」

転職を検討する理由トップ3は「給与」「仕事内容」「残業・休日数」転職を検討する理由を3つまで選んでもらった(出典:エン・ジャパン)

20代~50代の同社サイト利用者を対象に「転職とお金」についてアンケートを行ない、9,320名が回答した。それによると「転職を検討する理由は何ですか」を聞いたところ、もっとも多かったのは「給与」で全体の61%が回答、次いで「仕事内容」(49%)、「残業・休日数」(30%)と続きました。年代による差は見られなかったという。

ちなみに4位以降は、「勤務地」「職場の人間関係・社風」「福利厚⽣」「成⻑・スキルアップのため」「会社の将来性」「評価に対する不満」「家庭の事情」「ほかにやりたい仕事がある」「業界の先⾏きが不安」となっている。

続いて、転職の検討理由に「給与」を挙げた人に、企業や上司へ給与交渉をしたことがあるかを尋ねたところ、「給与交渉をしたことがある」と回答したのは全体の20%と少数派だった。
したことがある人の回答をみると、『現状から具体的に何をどうしたら給与が上がるか、上司と相談したことがある』、『できる仕事の量を増やして⽉給を上げてもらった』など、建設的な話になるよう交渉している様子が伺えたという。

(転職するきっかけとして給与を選択した方) 転職を検討する前に会社・上司に相談・交渉をしたことがありますか?(転職するきっかけとして給与を選択した人に「転職を検討する前に会社・上司に相談・交渉をしたことがありますか?」 (出典:エン・ジャパン)

「交渉したことがある」人のコメント
○基本給が少ないので、少額でもいいので頑張った分ボーナスが欲しいと言ったことがある。(24歳/⼥性)
○業績を上げた時などに相談したことはあります、(26歳/男性)
○固定給があげられないのであれば、インセンティブで収入をあげる機会をもらえないか交渉しましたが、結果は副業OKということで落ち着いた。(30歳/男性)
○社⻑に直訴。貢献事項を纏めた資料を用意。(31歳/男性)

また、「交渉したことがない」人のコメントを見ると、 『言っても上がると思えないので時間の無駄』 、『閉鎖的な会社のため相談すると風当たりが強くなる』、『現在の会社では、昇級試験に合格しない限り、給料は変わらないため交渉する余地が無い』など、制度的に難しいから無理といったあきらめの気持ちや交渉後に留まったときの気まずさを懸念している様子がわかった。

「交渉したことがない」人のコメント
○交渉したかったが、先輩もそんなに多く貰っていないので交渉は諦めた。(28歳/⼥性)
○希望額を伝えたところで、無理だと分かっているから。(31歳/男性)
○何人かそのような相談をした者はいましたが、会社の回答は「そういう決まりだから」で突き返されてしまっていました。(35歳/男性)
○信頼関係がないから言ってもムダ。(38歳/男性)

なおこの調査は、『エン転職』( https://employment.en-japan.com/ )利用者あてにおこない、有効回答数は9,320名、調査期間は2016年4⽉27日〜2016年5⽉31日。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 脱ニート!脱フリーター!+若者正社員チャレンジ事業
  2. 仕事のストレスは大丈夫?NHK番組で紹介された人気の「ストレスチェック」を試してみて
  3. 配偶者控除を廃止して、共働き夫婦に対応した新制度を創設か?
  4. 自己都合退職の失業手当給付日数を、現在の最大150日から180日以上に増やす方針
  5. リクナビNEXTでは、企業の社員と会える転職フェア
  6. 転職して給料が増えた人、減った人、実際はどちらが多いの?

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール