3年前と比べて正社員数が増えた業種、減った業種ランキング- 正社員を目指す人は必見!

厚生労働省が2015年11月に発表した「3年前と比べて正社員の数が増えた業種調査」が現在の採用動向を反映していて興味深い。転職で正社員を目指している人にはぜひ参考にしてほしい調査だ。

今回、取り上げる統計は「平成26年 就業形態の多様化に関する総合実態調査」。正社員と正社員以外の労働者のそれぞれの就業形態について、事業所側、労働者側の双方から意識面を含めて把握することを目的とした調査だ。

それによると、3年前の2012年(平成23年)と比べて、正社員が「増えた」と答えた事業所は20.6%、「減った」と答えたのは27.2%、「変わらない」とするのは50.5%だった。

中でも重要なのが「増えた」とする20.6%。正規雇用全体の人数はここ20年以上横ばい状態にもかかわらず、3年前と比べて正社員の数が増えた景気の良い業種はどこなのだろう。

正社員が増えた業種の1位は「不動産業、物品賃貸業」

1位は「不動産業、物品賃貸業」で33.9%だった。少々意外に思える結果だが、2015年3月に発表された公示地価では、4年前と比べると全国平均で住宅地は▲2.7% → ▲0.4%に下落率が縮小し、商業地は▲3.8% → 0.0%と横ばいに転換。三大都市圏平均では住宅地、商業地ともに上昇している。
アベノミクスによる緩やかな景気回復、低金利等による良好な資金調達環境によって、社員の採用意欲も旺盛になっていることがわかる。不動産業は他の業界からの転職者数も多いと言われている業界なので、未経験の人も検討してみてはどうだろう。

3年前と比べて正社員の数が増えた業種

2位は「情報通信業」の28.7%だった。実質GDP成長率への寄与度が高く、雇用者数も一貫して増え続けている業界だ。特にインターネット附随サービス部門は平成17年~24年は33.1%、平成24年~25年は15.5%と著しい成長率で「情報通信業」を牽引している。スマホ関連サービスは若手との親和性も高く、20代の転職者にとっては要チェックの業界。

3位は「医療、福祉」の27.0%。ライフサイエンスは情報通信とともに成長産業と言われている業界で、来る高齢化社会に向けた新商品や新サービス開発に対する各自治体からの助成金も活発だ。今回の結果からもわかるように雇用面においても期待されている。

4位以降は、「サービス業(他に分類されない) 」「運輸業、郵便業」「鉱業、採石業、砂利採取業」「建設業」と続いている。

正社員数が一番減ったのは「電気・ガス・熱供給・水道業」

では反対に3年前と比べて「減った」業種のランキングを見てみよう。
一番減ったのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の41.5%だった。次いで2番目は「金融業、保険業」の37.4%、3番目は「学術研究、専門・技術サービス業」となっている。

生活インフラを担う「電気・ガス・熱供給・水道業」は人口と連動して業績が推移していくため、徐々に減少しつつある現在では、正社員の人数はもちろん、業種全体の就労人数も減っていくと思われる。

なお正社員数の増減を事業所規模別にみると、300~999人の事業所が42.3%、1,000人以上の事業所が43.0%の割合で増えていた。社員数の多い会社ほど、正社員の採用が活発であることがわかる。

3年前と比べて正社員の数が増えた業種

3年前と比べた正社員数の変化

3年前と比べた正社員数及び正社員以外の労働者比率の変化を表したもの。割合が100%にならないのは「不明」とした回答をこの表に含めていないため。

(単位:%)平成26年

業種区分 増えた 変わらず 減った
全産業平均 20.6% 50.5% 27.2%
鉱業、採石業、砂利採取業 23.6 52.4 23.3
建設業 22.4 43 34.1
製造業 20 45 32.8
電気・ガス・熱供給・水道業 14.9 42.7 41.5
情報通信業 28.7 40 31.1
運輸業、郵便業 23.8 40.6 35.1
卸売業、小売業 18.9 54.6 25.4
金融業、保険業 19.7 41.9 37.4
不動産業、物品賃貸業 33.9 44.1 21.8
学術研究、専門・技術サ-ビス業 21.6 43.2 35.2
宿泊業、飲食サ-ビス業 13.1 59.4 22.7
生活関連サ-ビス業、娯楽業 17.9 51.3 29.6
教育、学習支援業 18 48.6 31.4
医療、福祉 27 56.8 14.5
複合サ-ビス事業 10.3 54.5 34.6
サービス業(他に分類されないもの) 25 44.5 28.1

出典:厚生労働省 平成26年就業形態の多様化に関する総合実態調査

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. リクナビNEXT主催「はじめての転職フェア」大阪 が12.10(土)開催
  2. 面接に必ず役立つ!自分の強みがわかる「性格特性診断(無料)」を受けておきましょう
  3. 既卒3年以内対象の 「東京・合同企業説明会」が2016年11月4日に開催
  4. 日本の有休消化率ランキング
  5. マイナビ、看護師のための初転職イベント・合同病院説明会を9/17名古屋、9/24横浜で開催
  6. 「はたらいく就転職フェア@大阪」

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール