【第13弾】転職の良い点、悪い点を500人に聞きました-転職前にご覧下さい

【第13弾】教えて!転職して良かったこと・悪かったこと - 転職経験者500人に聞きました

転職して良かったこと・悪かったこと、今回は第13弾です。転職をするということは誰しも勇気のいることです。新しい会社でうまくいくのかどうかも気になりますね。ここでは「転職をして良かったことと悪かったこと、後悔したこと」を読者のみなさんにアンケートで答えてもらいました。経験者の回答をずっと読んでいくとなんとなく転職のメリット、デメリットがわかってきます。これから転職をしようと思っている人はぜひ参考にしてくださいね!

【第13弾】教えて!転職して良かったこと・悪かったこと

転職して良かったこと

パルプ私は7年前に転職して現在、製紙関係の営業職に就いています。若かった事もあり、あまりアピール出来る職歴も無く介護や営業職しか仕事がありませんでした。
良かった事は、営業という仕事柄様々な地域に出かけるので、その土地ならではの楽しみを見つけられるのと、いろいろな職種の方々との人脈が出来る事です。
いずれは自分で起業したいと思っているので、この人脈や知識は私にとって大きなメリットになると思います。他にも自分で仕事を取ってくるので以前の工場勤務等より仕事・報酬に関してより深く考える様になりました。

転職して悪かったこと

後悔した事は特にありませんが、やはり与えられた仕事をこなす方がよっぽど楽だなと思う事はしばしばあります。
自分が仕事を取らなければ会社が無くなるというプレッシャーは勤務時間外や休日も関係なく頭に残ってしまうので、あまり気が休まる時間はありません。
製紙業界は現在値下げ競争が激化している中でどの様に利益を出すか等、常に考えなければいけない事が多くなってしまいます。
(男性 28歳 北海道 製紙・パルプ業)

転職して良かったこと

会社の業績が傾き、大量の希望退職を募集しました。周囲は皆、40才を過ぎての転職は厳しいと、残る事をすすめました。ただ、モチベーションを無くしていて、ギスギスした雰囲気の中で働くことが嫌だったので、団体職員に転職しました。非常勤という不安定な雇用ながらも、やりがいのある職場に転職することができました。相談に対応する仕事です。日々勉強ですが関連する資格も取り、自分なりの展望も見え始め、転職して良かったと思えます。

転職して悪かったこと

転職後は、年収が半減しました。非常勤の為ボーナスもありません。時間給で計算される為、休日の多い月は月給も下がります。なんとかやりくりしながらも、生活はいっぱいいっぱいになりました。
(女性 51歳 東京都 団体職員 非常勤)

転職して良かったこと

ホームセンター始めは少人数のデザイン事務所に就職したのですが、職場の人との関係が上手くいかず、ストレスからミスを連発するようになり、退職を考えました。次の仕事先を考えた時、「以前とは逆のたくさんの人とできる仕事をしてみてはどうか」という両親のアドバイスと、学生時代のコンビニでのアルバイトが楽しかった事を思い出し、接客業を中心に仕事を探しました。現在は大勢の人に囲まれながらホームセンターの契約社員として働いて、充実した毎日を送っています。

転職して悪かったこと

退職したのが秋という中途半端な時期だったので、正社員はなかなか難しく、かといって無職というわけにもいかなかったので、ひとまず契約社員という形で現在の仕事に就きました。両親もある程度経ったらどこかの会社の正社員になったら?と言われるのですが、現在の仕事が楽しくてこのまま続けたいと内心思っています。しかし正社員と違い、どこかふわふわした立場なので、将来の事を考えるとやはり少し不安になります。また、デザインの仕事にもまだ未練が残っていて、これからどうしていこうかというのが悩みです。
(女性 21歳 大阪府 接客業)

転職して良かったこと

ファーストフード店の店長から、パチンコ店のスタッフに転職しました。ファーストフード店の店長時代はトラブルがあればすぐに店舗に行き対応しなければならず、休日も休めない精神的に追い詰められた日々を送っていました。また、給与の面でもあまり待遇はよくなく、転職を行いました。パチンコ店のスタッフでは、休日はしっかり取れ、給与の面でもかなり向上し、精神状態が非常に安定しました。

転職して悪かったこと

パチンコ店では、交代制勤務になり、夜番の時には帰宅が深夜になるため、生活サイクルが狂いやすくなってしまいました。朝起きるのが非常に辛くなってしまったことと、深夜に食事をすることで体重が増えてしまったので困っています。
(女性 34歳 愛媛県 パチンコ店ホールスタッフ)

転職して良かったこと

以前は法人化していない少人数の税理士事務所で事務として働いていました。経営者の税理士がワンマンだったので、間違っていても指摘すらできない環境が窮屈でした。建設会社の経理事務に転職して、従業員同士があまり親しすぎない環境にちょっとスッキリしています。

転職して悪かったこと

前職の税理士事務所では、お客様の家族や生活のことが色々関係してくる仕事でしたので、お客様とも色々会話をする機会があり、「ありがとう」と直接言って頂けたりして、人の役に立っている感覚がありましたが、現在の建設会社では、今のところそんな感じはないです。
(女性 51歳 神奈川県 建設業経理事務)

転職して良かったこと

農業 イラスト昨年、60歳を迎え、会社としては65歳まで延長はみとめられたんですが、退職して農業をするようにしました。まず一番良かったと思うのは人間関係という精神的苦痛といいましょうか、42年間から脱出した事です。他人から見れば逃げたようにもとられるかもしれませんが、健康的な毎日が体にとってすごく効果があるようにも思えます

転職して悪かったこと

会社員の時には時間に縛られて規則正しい生活でしたが、農業ということもあってか時間にルーズになったようです、もちろん、金銭的(収入)問題もありますが、これは以前にもましてきりつめて何とかやっています。
(男性 60歳 福岡県 農業)

転職して良かったこと

もともと販売の世界で働いていたのですが、ブラック企業ここに極まれりと言ってもいいような企業だったので毎日サービス残業をさせられていました。
転職をしたことによって「普通の会社」でまともに働くことができるようになったので、常識的な企業もちゃんとあるということを知ることができて本当に良かったと思っています。

転職して悪かったこと

転職したことによって、正直収入は減りました。前職では一日最低12時間は働いていたので、当然収入はそれなりにあったのです。
しかし、働けば働くほど多くなってくるのが税金というもの。払う税金の額も転職によって以前の半分以下になったので、正直ほっとしています。
(女性 28歳 北海道 調理師)

転職して良かったこと

転職できてよかったです。以前の製造系の仕事は、私が思い描いていた仕事とは全く異なっていて、なにより休みが少なすぎました。日曜日しか休みがなく、気分転換さえもできませんでした。仕事が毎日憂鬱で、体調壊したりしていたので、転職して成功だと思いました。現在は小売業で営業をしています。

転職して悪かったこと

また、就活をしなきゃいけないのか、という後悔はありました。周りが辞めずに働いているのに、自分はなにを甘えているんだと葛藤感と罪悪感に悩まされました。前の職場の方に迷惑をかけてしまい、期待に添える仕事ができなくて申し訳ない気持ちでいっぱいでした。
また、次の会社が決まるまでの生活費も調達しなければならず、バイトをしながらの就活だったので、1日1日が忙しく大変でした。
新しい仕事は営業職ですので、お客様と接することが前の職業と比べ圧倒的に多くなったので、ストレスが溜まりやすくなりました。会社に帰ってくると、デスクワークでパソコンをひたすら打ち続けたりするので、製造業とはまた違う疲労感に襲われたりするので、時々後悔したりもします。
(男性 23歳 三重県 小売業)

「転職グッド」編集部より

「教えて!転職して良かったこと・悪かったこと」はいかがでしたでしょうか。

この良かったこと悪かったことアンケートは500人に聞いていく予定です。次回の第14弾も楽しみにお待ち下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 【第7弾】教えて!転職して良かったこと・悪かったこと - 転職経験者500人に聞きました(同期がいないので馴染むまで苦労しました)
  2. 【第11弾】教えて!転職して良かったこと・悪かったこと - 転職経験者500人に聞きました(転職後、終電で帰ることが無くなりました)
  3. 【第2弾】教えて!転職して良かったこと・悪かったこと – 500人に聞きました
  4. 【第8弾】教えて!転職して良かったこと・悪かったこと - 転職経験者500人に聞きました(親の会社を辞めて以前からやりたかった植木職人に転職しました)
  5. 【第9弾】教えて!転職して良かったこと・悪かったこと - 転職経験者500人に聞きました(現職は上司の指示に従って進めなければならないので窮屈に感じる)
  6. 【第6弾】教えて!転職して良かったこと・悪かったこと - 転職経験者500人に聞きました

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール