「パルプ・紙・紙加工品製造業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]

「パルプ・紙・紙加工品製造業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]

「パルプ・紙・紙加工品製造業」の特徴

紙や紙を加工してできた製品は、日常生活に深く浸透して必要不可欠なものとなっていますが、その事を実感しながら毎日生活している方は少ないのではないでしょうか。でも、トイレに入ってトイレットペーパーがなかったらかなり困りますし、葉書や封筒も必要です。引っ越しに段ボールの箱がないととても不便です。他にも新聞や雑誌、本やノートなど、私たちの生活に紙がないという事態は考えられません。
「日本は世界で最も多くティッシュペーパーを使う国」という統計もありますが、日常生活で紙や紙製品を当たり前のように使えるのは製紙工場が存在するおかげです。

 日本には複数の製紙メーカーがあり、メーカーが運営する製紙工場では紙の原料である木材や植物から製紙パルプが製造されています。製紙工場の周囲では独特の匂いが発生していることがありますが、それはパルプを漂白するための「次亜塩素酸ナトリウム」など、原料に薬品を混入させる工程で発生し、加熱処理によって煙突から周囲に拡がるからです。この匂いは地域の公害問題として度々取り上げられてきましたが、現在は各市町村や製紙メーカー側の努力もあって改善の傾向にあります。

 製紙工場の求人案件は全体的に見ると少なめですが、機械のオペレーターや浄化槽の管理、配送トラックのドライバーなどで社員の募集がある他、紙ロールの巻付けやカット作業、完成品の梱包といった製造過程の作業をアルバイトで募集する企業もあります。また、製造業に精通した人材派遣会社でも募集が実施されることがあります。

「パルプ・紙・紙加工品製造業」の現況

 日本で生産される紙や紙製品は、非常に高品質なことで以前から世界的に知られています。海外に行かれた事がある方なら、例えば同じアジアでも国外で日常的に使われている紙の品質が、日本製とは異なることに気付いた経験があるのではないでしょうか。
製造技術では世界のトップに属する日本の製紙産業ですが、国内の消費量は少しずつ減っているのが現状です。人口が減少傾向にある事と、インターネットの普及で本や雑誌など紙媒体の流通量が低迷している事が主な原因となっています。そのため、日本製の紙や紙製品は国外への輸出に活路を見出しています。現在は東南アジア諸国を中心に、印刷用紙などの輸出が拡大していますが、輸出には当然経費がかかるので今後は国外への供給とコストのバランスがテーマとなりそうです。

国内の製紙メーカーは、王子製紙、丸紅紙パルプ販売、日本製紙、レンゴーといった大手から、各地域の中小企業や下請工場も合わせると全国に分布していますが、これらの企業に携わる従業員数は全国で18~19万人となっており、各製造業の中では少ない部類に入ります。国内の需要で考えると、この先従業員数が飛躍的に増加するとは考えにくいため、やはり海外輸出がこの産業を支える鍵といえるでしょう。

 また、生産コストのスリム化としては古紙の再利用があり、現在の製紙原料を割合にすると木材や植物が約4割、古紙が約6割とリサイクル効果が表れています。古紙の再利用は森林伐採に対する環境問題にも貢献しています。

「パルプ・紙・紙加工品製造業」に転職を考えている人へ

 製紙工場の求人は、全国的に見てもあまり多くありません。それだけに、この業界へ転職を希望する方は自発的な就職活動をお勧めします。ハローワークの求人や総合転職サイトを閲覧されている方は多いと思いますが、製造業に特化した転職サイトにも目を向けてみたり、製造業の対応をしている人材派遣会社や人材紹介会社に登録して情報を集めるのも効果的な方法といえます。働いてみたい会社がある場合は、定期的に企業HPの求人欄をチェックしておくと良いでしょう。
繁忙期などの求人では期間限定となっているケースもありますが、業界の経験がない方ならご自身の適性を確認する上でも就業してみてはいかがでしょうか。適性があり、周囲の評価も得られれば長期就業の可能性が開ける場合もあります。

 製紙工場における職務は、製造部署であればマシンオペレーター、浄化槽管理、梱包や出荷、衛生作業など幅広くあります。入社後、初めのうちはこのような作業系の業務に従事することが多いですが、経験や知識、技術の習得に応じて生産管理や品質管理、商品開発といった役割を担うようになります。
優遇される資格としてはフォークリフトの免許が挙げられます。実務としての操作経験があれば大きなアピールポイントになります。

●そのほかの「製造業界」の話を見る

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「電子部品・デバイス・電子回路製造業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴、仕事内容 [業界研究]
  2. 「旅行業」はどんな仕事なの?旅行業の概要と特徴、転職ポイントを紹介
  3. 「金融業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)
  4. 「看護師業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)
  5. 生産工程職(製品製造・組立・検査)に向いている人、向いていない人-性格、能力、適職性など
  6. [看護師の転職] 職場を選ぶならやっぱり病院勤務?良い点を4つ紹介

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール