転職者の「転職支援に関する行政への要望」は「年金・退職金が不利にならないようにして」

転職者の「転職支援に関する行政への要望」 2位に「企業年金・退職金が不利にならない」

厚労省が全国の転職経験者を対象におこなった「転職者実態調査(平成27年)」によると、「転職支援に関する行政への要望(2つまでの複数回答)」として、もっとも多かったのは「より多くの求人情報の提供」の32.1%、2番目に多かったのは「企業年金・退職金が不利にならないような制度の改善」の30.5%でした。

転職者の「転職支援に関する行政への要望」※画像作成:転職グッド編集部

行政からの求人情報は「ハローワーク」が中心ですが、企業側からすると無料で掲載できるというメリットはあるものの、掲載までのステップが民間サイトに比べて面倒であったり、時間がかかったり使いにくい面もあります。また行政運営であるが故の公平性の担保で、俗に言うブラック企業などが紛れ込んでいる可能性も多分にあります。出稿者側(採用企業側)にとって掲載しやすい媒体を意識すると、さらに求人情報の数は増えるかもしれません。「転職活動はハローワークだけでおこなうのは危険」に詳しく載せています。

また2番目の「企業年金・退職金」については転職者からすると切実な回答です。 数十年前と比べ、転職がごく一般的な、自然なことになってくると、企業年金や退職金の継続性がとても重要になってきます。現在でも離職者への支援はいろいろ実施されているものの、使い勝手が良い制度かどうかということになると疑問符がつきます。将来の安定した生活が見込めない社会は決して望ましいことではありません。個々人にIDが振られるマイナンバー導入を機に、企業年金や退職金の継続性についても、就労者目線でわかりやすいものにして欲しいところです。

「転職支援に関する行政への要望」で、3番目に多かったのは「職業紹介サービスの充実」の25.7%、4番目が「金銭面での職業能力開発・自己啓発の支援」の20.6%、5番目が「個人の職業能力を診断・認定する資格制度の充実」の12.6%でした。
「職業紹介サービスの充実」については上記でも述べたように、求職者側からみても、リクナビNEXTなどの民間サイトと比べて、使いにくい面を感じることがあります。

4番目、5番目の職業能力開発(教育・訓練)のサービス内容や資格制度も重要な問題です。産業のグローバル化によって建設業、製造業など従来の産業の雇用パワーが落ちてきている一方、サービス業などのいわゆる第三次産業の占める割合が多くなってきています。またインターネットやシステムの発達による事業の高度化、ロボットや人工知能(AI)による業務の効率化によって、職業そのものの定義もあいまい、かつ複雑化、高度化してきており、就労者の産業移動(例:製造業から社会福祉業への転職など)が喫緊の課題になっています。
産業構造が劇的に変わったからといって、「はい、どうぞ他業種に転職してください」では、多くの人は付いていくことができず、就労率の低下を招き、社会の不安定要因に繋がってしまいます。
行政(国)は国民から収めてもらった税金を、国民が円滑に業種移動できるように、職業能力開発(教育・訓練)の分野に投資する必要があります。

※出典:「転職者実態調査(平成27年)」 調査客体数 11,191人、有効回答数 6,090人

行政への要望 割合
より多くの求人情報の提供 32.1
職業紹介サービスの充実 25.7
職業能力開発(教育・訓練)のサービスの充実 14.8
金銭面での職業能力開発・自己啓発の支援 20.6
個人の職業能力を診断・認定する資格制度の充実 12.6
企業年金・退職金が不利にならないような制度の改善 30.5
その他 4.2
特に希望することはない 18.6

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞn

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール