[転職体験談] 信用組合からメンズ系アパレルに転職した Tさん(女性)の話

[転職体験談] 信用組合からメンズ系アパレルに転職した Tさん(女性)の話

[転職体験談] 信用組合からメンズ系アパレルに転職した Tさん(女性)の話 ※写真はイメージ


今回の体験談は、金融業の信用組合から小売業のアパレルに転職をした埼玉県のTさん(女性)です。もともと活発な性格だったTさんは営業希望で総合職で入社したのですが、4年経っても内勤勤務のままで先行きが見えないことから転職を決意。新しい職場はお客様と接することができる小売業です。さてTさんの転職活動とはどのようなものだったのでしょうか。

転職前の業界と転職を考えた理由

4年制大学を卒業した後、仕事をしながら「金融の知識」を身につけたく金融業界を中心に就職活動をしました。金融業界の中でも「証券」や「保険」など決まった商品を扱うよりも、預金、為替、融資など金融商品を幅広く取り扱っているのに魅力を感じ信用組合に就職しました。
私自身活発な性格で、事務処理をする職種よりも、外に出て営業をする方が向いていると思い、総合職で入社。バリバリと営業で働くキャリアウーマンを夢見て、就職した信用組合でしたが、理想と現実は少し違っていました。
入社して1年目から「窓口業務」を中心に仕事を任せられました。営業に出たかった気持ちは、とても強かったのですが、まずは「窓口業務」で様子を見ると言う会社の方針に従っていました。あとでわかったのですが、信用組合は少し考えが保守的なところもあり、女性は外には出ないで内勤に配属されることが多いようです。

入社して4年が経過したのですが窓口業務は変わりません。上司に「営業に出たいのですがチャンスはありませんか?」と相談をしたのですが「女性は営業に出さないと思う、過去に前例がないからきっと、難しいよ」と言われてしましました。
その時、自分がしたい「営業」という仕事内容が出来ない会社に、ずっといることに不満を感じ始めました。やりたい仕事のチャンスが貰えないならば、見切りをつけて、新たな会社で頑張った方が有意義です。そこで、私は、転職を決めました。

転職活動でおこなったこと

転職活動をする上で、まずは、転職サイトに登録しました。具体的には「マイナビ転職サイト」です。
自分が望む仕事内容の条件や給料面、福利厚生、など細かく入力することができるので使いやすく、1回登録すれば、情報が常にメールで送られてくれるのも転職活動に有利だと感じました。つねに新着の転職求人情報が入ってくるので、すぐに応募でき、転職活動がスムーズに進みました。転職経験者の意見やアドバイス、転職に特化した情報(履歴書の書き方や面接の応対など)もチェックできます。

エントリーをして1次通過したらすぐに会社のホームページで「どのような強みや弱みを持っているのか?社歴や事務所の場所」などなどをチェックして、企業勉強をしました。
同時に「自己分析」もしました。大学の就職活動でもしましたが、再度、転職の機会に自己分析をし、自分自身を見つめ直すという良い機会にもなります。企業勉強をして自己分析で自分自身を売り込む体勢をバッチリと整えて面接に向かいました。

転職した業界と転職後働いてみてどうだったか

私が、転職した業界はショッピングモールなどに出店しているメンズ系のアパレル業です。以前は、金融機関に勤めていたので、全く畑違いの仕事内容です。でもこの仕事内容のギャップが、私には刺激的で転職して本当に良かったと思いました。
金融関係はとにかく細かく、おおばっぱなところがある自分には向いていなかったんだなと改めて実感しました。
何より、金融で働いていた時は、窓口で座りっぱなしだったのが、アパレルでは自分から考え動いて、お客様の所に行き、営業ができます。自分が望んでいた仕事内容です。

人と接することができて、なおかつ、趣味のファッションを扱えるアパレルは、まさに天職でした。1から仕事内容を覚えるのは、大変でしたが、自分が選んだ道です。辛いとは感じなく、楽しい時間と考え、乗り越えました。慣れるまで時間は、掛かりましたがこれはイイ意味です。毎日転職先で新しく教わる仕事内容が、新鮮で、転職して良かったと常に実感していました。

転職希望者へのアドバイスや注意点

転職先で書類選考や面接で落ちても自分を責めない方がいいと思います。
そんな時に「自分はダメな人間なんだ」「自分は使えない人材なんだ」と気が落ち込んでしまうこともあると思いますが、自分を責めても何も始まりません。転職活動は「恋人関係」みたいなものかもしれません。「恋人」と価値観が合わなかったら、長くは続かずに別れてしまいますよね。それと一緒で、転職先で不合格をもらったら「企業と自分自身が合わなかったんだ」と、気持ちを前向きに切り替えた方がいいと思います。
いつまでもクヨクヨしていると、転職活動もネガティブになイメージになり悪循環に繋がります。「病は気から」とも言います。その点は、転職活動にも当てはまります。「気持ちの切り替え」を意識して、転職活動をすることをオススメします。

記事執筆:埼玉県の M.Tさん(女性)

●その他の「転職体験談(成功・失敗)」もご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  2. 食品専門商社へ転職
  3. [転職体験談] IT関連企業から経営コンサルティングファームに転職したS.Aさん(男性)
  4. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  5. [転職体験談] 広告代理店から司法書士事務所に転職 - 大分県のN.Aさん(女性)
  6. 「志望動機は超大事だよ!」と転職後にあらためて思った Yさん(女性)の話

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール