「アパレルショップ業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]

「アパレルショップ業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]

「アパレルショップ業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]

「アパレルショップ業界」の特徴

 「衣食住」という言葉があるように、着る物と食べる物、住む所は人間が生活するための根幹を成す要素です。その中で、着る物を販売する業界にはデザイナーズファッションやスポーツファッション、ビジネススタイル、カジュアルファッション、学生服や呉服など実に多彩な領域があります。
 衣服でも特に既製品全般のことを「アパレル」と呼称しますが、実態としては「アパレル」という言葉と「ファッション」という言葉に大きな差はありません。「アパレルショップ」とは呼んでも「ファッションショップ」とは呼ばないとか、「ファッションセンス」とは呼んでも「アパレルセンス」とは呼ばない、といった具合で使い方に違いがある、という程度に留まっています。
 
 現在では「アパレルショップ」という呼び名が一般的になった衣服の小売業ですが、近年の特徴としては何といってもファストファッションの進出です。国内ではユニクロやしまむらが有名ですが、米GAPやスペインのZALA、スウェーデンのH&Mなど海外から進出してきたファストファッションのブランドも目立っています。

 もう1つの特徴としては、量販店として事業展開する企業と専門店を展開する企業でそれぞれ働く場所やその内容が異なることです。量販店は全般で見ると、それほど有名ではなくても個性や機能性に優れた商品を出しているブランドを複数扱っています。専門店は単独のブランド商品を専門で扱うので、ブランドのネームバリューも必要となります。その意味では、単独のブランドで勝負できるアパレルショップは外資系やユニクロなどの大手に絞られてきています。

躍進する海外から進出してきたファッションブランド

 先述したファストファッションの存在から、アパレルショップ業界の現状は全体として上向き傾向が見られるものの、ファストファッション以外の業態では横ばいか、むしろ下降傾向にあるとされています。最も苦戦しているのは百貨店で、特にリーマンショック以降は著しい低迷を続けていました。ようやく最近になって回復の兆しを見せていますが、好調時には程遠い状況となっています。
 路面店も厳しい状態が続いています。もともとアパレルショップには、売上が天候に左右されやすいという難点があり、ファッションビルやショッピングモールなどのテナント以上に路面店がその煽りを受けています。

 天候に左右されない販売チャネルとして、ネット通販が順調に成長を続けています。アパレルのECサイトとしてはZOZOタウンが代表格ですが、総合ECサイトである楽天やAmazon.jp、海外のECサイトであるBUYMA、海外Amazon、タオバオなども勢力を伸ばしています。

 そしてファストファッションのブランドですが、飛躍的な伸びは一段落したものの、現在も堅調な推移となっています。国内メーカーの売上順位ではユニクロを擁するファーストリテイリングが群を抜いてトップを飾っていますが、そのユニクロにおいて各店舗の売り上げ順位を見ると上位5店舗中3店舗が海外となっており、インターナショナルな事業展開をも成功させています。

「アパレルショップ業界」に転職したい人は

 アパレルショップで販売の仕事をするには、一定以上の適性が必要となってきます。服やファッションが好きであることは前提条件として、店頭には流行のアイテムが並び、季節やイベントなどに合わせてディスプレイも変化していきますから、そういった流行や時節に敏感であることが適性の1つといえます。この適性を磨くには、日ごろからの観察力を養うと良いでしょう。
 市街地に出ると様々なものを観察できます。通りを歩く人々の服装、立ち並んでいるお店のウィンドウ、ネオンや看板からの情報など、常に意識する習慣をつけておきましょう。

 販売員としては接客も必ず発生します。人と会話するのが好き、人の話しを聞き出すのが得意、人の役に立つことで充実感を得られる。そういった考え方やテクニックも適性といえます。相手がお客様だからといって緊張しすぎず、ご自身の個性も大切にして、誠意をもって接すれば、ファンになってくれるお客様も現れます。
 
 納品した服を検品して、たたんだりハンガーに掛けたりして品出しを行い、慣れてくればディスプレイも任されるようになります。チーフや店長といった店舗を任される立場になれば、それまでとは違った面白さも見出せます。ぜひ役職者を目指してみましょう。業態などにもよりますが、早い方では20代前半で店長、同後半でエリアマネージャーの任務に就くケースもあります。エリアマネージャーの役割はマーケティングを中心に調査や分析などを行う、店長の上司にあたる役職です。本社と店舗のつなぎ役となる重要な存在で、数字の管理能力が必要になります。

●そのほかの「小売業」の話を見る

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「学習塾・予備校業界」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  2. 「宿泊業界(ホテル・旅館)」の良い点・良くない点(その2)- 働いている人に聞いてみました!
  3. 「飲料・たばこ・飼料製造業」の概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  4. 「情報サービス業」はどんな仕事?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  5. 「福祉介護業界」の良い点・良くない点(その2) - 働いている人に聞いてみました!
  6. 「医療業界(医療事務など)」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞いてみました!(転職の参考にどうぞ)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール