[転職体験談] 不安定な歩合給の仕事からイベント会社のディレクターに転職した Jさん(女性)の話

[転職体験談] 不安定な歩合給の仕事からイベント会社のディレクターに転職した Jさん(女性)の話

不安定な歩合給の仕事からイベント会社のディレクターに転職した Jさん(女性)の話

以前の仕事は固定給+歩合制で不安定だった

私の以前の職業は、東京都内にある英会話教室での営業職です。営業といっても得意先を回るようなものではなく、有名書店や百貨店などの一角に設置してあるブースに立ち、道行く人にカタログを渡したり、教室の特長を説明したりして、教室への来店の約束を取るというものでした。来店した人にはさらに詳しいシステムを説明し、契約に結びつけます。いわば店頭でのデモンストレーターと店内でのカウンセラーを一人でこなすような、特殊かつ難しい仕事でした。

この会社は固定給+歩合制で、契約件数によって収入が変動します。調子がいい月には高い洋服を買ったり、高級レストランに出かけたりとプライベートも充実していましたが、調子が悪い月にはランチ代や交通費までも節約しなければならない始末。歩合を励みにして契約件数アップに燃える同僚もいましたが、私の場合は、贅沢はできなくても、もっと安定した収入が得られる職種の方が性に合うように感じ始め、転職を考えるようになりました。

安定した収入が得られる職種を目指して転職活動

転職先の第一の希望は、これまでの経験とスキルを活かせる職種であること。加えて、自分がもっと成長するためには営業的な業務だけではなく、新しいことにチャレンジできて、視野が広がるような業務内容の会社への転職を目標に設定しました。タウン情報誌やとらばーゆを中心に情報収集を重ね、良さそうなところに片っ端から応募をしていったのですが、最初のうちは履歴書を郵送しただけで不合格の通知ばかり。私はなんの資格も持っていないので、履歴書だけでは不利なのかな、と落ち込んだこともありました。

そこでひらめいたのが、自己PRの工夫です。「自分にはこんな素質がある」「御社でこんな仕事にチャレンジしてみたい」など、自己PRの書き込み欄からはみ出すくらいの勢いで猛烈にアピールしていきました。すると徐々に1次選考合格の通知がもらえるようになったのです。数社目の面接の時には私の自己PR文の話で盛り上がり、担当者と楽しく話をするような状態で、リラックスしたまま終了。この会社に、無事に採用となりました。

晴れて「イベントディレクター」に転職 – 給料も固定給に

私が入社したのは広告制作やイベント運営を行う会社で、「イベントディレクター」という職種です。これまで経験してきた職種とは業界がまったく異なりますが、前職でデモンストレーターのような業務に携わっていたことがイベントディレクターにも通じるとして、採用のポイントになったということでした。

中心になる業務内容は、家電量販店や秋葉原の電器店などの店頭で新商品のデモンストレーションが行われる際に、イベントコンパニオンやスタッフを統率し、管理する現場監督のような仕事です。加えて、イベントがない日には次のイベントの企画を立てたり、スタッフに業務内容を説明するための資料を作成したりといった仕事を担当しました。

それまでにまったくかかわったことのなかったパソコン操作を、独学や先輩の指導で一から学ぶことができ、数年後には後輩に指導できるほどのスキルを習得することができました。給与面は固定給なので安定しており、平均すると前職より若干アップ。本当に希望通りの会社が見つかり、大満足の転職でした。

転職を考えている人へアドバイス

今回、理想的な転職ができたのは、自分の経験が活かせるだけでなく、自分を成長させてくれる会社を貪欲に探した点が大きかったと感じています。「これまでの経験は少ないけれど、御社で成長させていただける期待を持っています」というような姿勢をアピールしたことで、将来有望でやる気があると感じてもらえたようです。

また、以前の多少の経験といえば、接客や販売のアルバイトだけでしたが、これらに共通するのは「人と接する仕事」だということに気付き、自分の得意分野として推していきました。新しい会社はこうしたアルバイトさえも経験として買ってくれ、私を「いろいろなシチュエーションを経験したコミュニケーション能力の高い人材」だと評価してくれたのです。

転職は自分と会社との相性が大きいと思いますが、自分の持ち味を自分でしっかり評価して、チャレンジしましょう。

●その他の「転職体験談(成功・失敗)」もご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [転職体験談] 生保から生保
  2. 求人広告代理店から損保コンサルティングに転職した東京都のN.Yさん(女性)
  3. 転職は決して後ろめたいことではありません-大阪府のH.Kさん(男性)
  4. [転職体験談] コールセンターからITエンジニアに転職した Nさん(男性)
  5. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)
  6. 食品専門商社へ転職

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール