「鉄道業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]

「鉄道業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]

「鉄道業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]

日本列島のインフラを担い、雇用や給与面の安定度も抜群の「鉄道業界」。近年では、鉄道業務のみならず、立地を生かした商業開発、不動産、ホテルなど多角経営を図っており、本業を上回る収益をあげている企業もちらほら。また日本画誇る鉄道システムの海外輸出にも官民一体となって力が入れられている。ここでは「鉄道業界の特徴や近況、転職あたってのポイントをまとめてみた。

「鉄道業界」の特徴 – 人々を安全に運ぶインフラ業

幼い子供たちが大好きな「電車の運転手さん」。鉄道が大好きな子供、いわゆる“子鉄”がそのまま大きくなり鉄道業界を志望する、というのは周囲をほのぼのとさせる話だ。とはいえ、鉄道業界=電車の運転手、だけではない。電車や鉄道を保守整備する技術者、運行の管理部門など、世界トップクラスの安全性とときには秒単位にもなる時間的正確性を守るため、昼夜問わず多くの人々が従事している。また鉄道や地下鉄の他にも、モノレールや山岳地帯のケーブルカー、ロープウェイにリフト、トロリーバスなどもこの業界に含まれる。つまり軌道や索道で人や貨物の運送を行う仕事、とイメージするとわかりやすい。

「鉄道業界」の現況 – 本業以外に商業施設や不動産などにも進出

景気低迷期には企業の出張控えや、各家庭の行楽費削減で落ち込んでいた鉄道界。それがここ2、3年、景気の回復により労働人口が増え、鉄道の利用客数は増加に転じた。観光・行楽が前年比プラス5%の伸びとなっているのも業界の好調ムードを後押しする要素となっている(公益財団法人 日本生産性本部 余暇創研「レジャー白書」より)。円安を背景にこの先しばらくは国内旅行志向が続く可能性も高く、さらには東京オリンピック前後に外国人観光客がどっと押し寄せることを考え合わせると、先行きはしばらく明るいといってよいだろう。
約14兆円ともいわれる鉄道界において、売上でも従業員数でもトップを走り、業界のけん引役となっているのがJRの東日本、東海、西日本。私鉄では近畿日本鉄道や東京急行電鉄、東京メトロなどが続く。こうしたビッグ企業が持つ路線間での相互乗り入れやICカードの共通化など、「鉄道が便利になった」と認知される努力を長年行ってきたことが、利用客増加という成果につながっている面もある。
そんな各トップ企業が現在力を入れ始めているのが、エキナカや構内ショッピングモールなどの商業施設、不動産、ホテルなどの他業種への進出。駅や高架下、周辺地域の活用といった関連事業を展開することで、線区価値のアップを図っているわけだ。「JR」「東急」「近鉄」などの知名度・ブランド力は絶大であり、今後もさまざまな分野への進出が予想される。
実際の労働環境を見てみると、月間の実労働時間では30人以上の事業所規模で170.9時間(厚生労働省「毎月勤労統計調査」より)。給与面では月平均現金給与額は35万5839円(平成25年 厚生労働省「産業、事業所規模、性、給与内訳別1人平均月間現金給与額」より。郵便業も含む)となっている。

海外にも打ってでる「鉄道業」-官民一体で首相みずからトップセールス

近年、官民が一体となったインフラシステムの輸出にも力が注がれる。鉄道業についていえば、日本の強みである世界一正確に運行可能な鉄道システムと車両のセット販売。2015年にはタイのバンコク・チェンマイ間高速鉄道事業が日本の新幹線方式での建設が決定。嬉しいニュースの一方で、インドネシア・ジャワ島、米ロサンゼルス・サンフランシスコ間の高速鉄道計画をライバルの中国に奪われるなど、営業力不足も指摘され始めている。すでに日本国内での鉄道網は完成形に近づいており、海外に打って出るのは至極当然のなりゆき。今後も各国で持ち上がっている高速鉄道の計画において、日本の鉄道システムをいかに広められるかは、ここ数年の動きがキーポイントになるだろう。

「鉄道業界」に転職を考えている人へアドバイス

安定感があり、なにより抜群の知名度がある鉄道業界は非常に人気がある。
例えばJR東日本の社会人採用の場合だと、線路や橋りょうなどの保守土木、車両エンジニア、ホームやみどりの窓口を担当する駅内業務、列車のシステムや情報通信、機械設備、技術事務、事業用地管理などを定期的に募集している。
同業経験者や機械系の技術者は優遇されやすい面もあるので、まずはアルバイトや契約社員などから経験を積み、正社員を目指すのも一つの方法かもしれない。安全と正確性を重視する業界柄、事務職系においても確実でミスのない仕事が求められるので、几帳面な性格やコツコツ仕事の実績はアピールポイントになるだろう。鉄道が単なる移動手段ではなく、JR九州の豪華列車「ななつ星」や足湯のあるリゾート新幹線「とれいゆ」、テレビで話題になった三陸鉄道など、鉄道に乗ること自体が旅の目的となる時代である。そうした新しい旅のスタイルやニーズに敏感であることも、今後ますます必要となってくるはずだ。

●そのほかの「運輸業、郵便業」の話を見る

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「製造業界(電機・電子部品など)」の良い点・良くない点- 働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  2. 「医療業界(医療技術職)」の良い点・良くない点 - 働いている人に聞きました!
  3. 「英会話など各種カルチャー・スポーツ教室」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  4. 「小売業界(アパレル)」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  5. 「生命保険代理店」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  6. 「社会福祉・介護業界」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール