[転職体験談] 転職は決して後ろめたいことではありません-大阪府のH.Kさん(男性)

転職は決して後ろめたいことではありません-大阪府のH.Kさん(男性)

転職は決して後ろめたいことではありません-大阪府のH.Kさん(男性)

今回登場するのは短期間のうちに数回の転職を経験することになった大阪府のH.Kさん(男性)。法曹への憧れと生活のための仕事のはざまで迷いながらの転職活動でした。紆余曲折の上、結果的に決まった仕事はどのような業種だったのでしょうか。当時の気持ちを率直に語っていただきました。

転職前の業界と転職を考えた理由

 私は短期間に3回もの転職を経験しました。今回はその2度目の転職についてお話しようと思います。
 元々、個人事業主の経験が長かった私は、最初に入った会社を短期で退職してしまいました。次こそは腰を落ち着けなければと思って入った二つ目の会社でも、スタッフの指導方針で社長と大ゲンカをして辞めてしまう始末。会社勤めなんか自分には向いてないのではないかと私が自己診断するのも無理からぬことでしょう。
 しかも、当時の私は法曹への漠然とした憧れがあり、法科大学院を受験して人生をやり直すのもいいかと考えていたほどでした。そんな浮ついた人生設計のもと、ひとまずは生活のために仕事をしなければ仕方がないということで、腰掛け程度の仕事を探すことにしたのです。つまり、この時の私はハッキリ言って世の中をナメきっていたわけですね。

転職エージェントを利用して活動を開始

 転職活動にあたり、1度目の時にも使っていた転職サイトの「リクナビNEXT」と「マイナビ転職」、そしてリクルートの転職エージェントを利用することにしました。結論を先に述べると、私はリクナビNEXTを通じて自力で応募した企業に就職することになります。しかし、この時の転職活動を通じて私の心の支えになっていたのは「リクルートエージェント」の存在でした。
 1~2年程度の腰掛けのつもりだということは応募先企業には口が裂けても言えませんが、転職エージェントにはそのことも含めて転職動機を全て打ち明けていました。その時点で難しい転職にはなるのですが、エージェントは私の希望に叶う正社員求人を精力的に紹介してくれ、また書類選考や面接のたびに電話やメールで私を激励してくれました。それがあったからこそ、特に焦ったり挫けたりすることもなく転職活動を続けられたのです。

コンサルティング関係のベンチャー企業に転職

 私が出会った転職先は、コンサルティング関係のベンチャー企業でした。私にとっては初挑戦となる業界ですが、これまでの仕事の知識を活かせる部分もあったため、それほど気後れを感じることはありませんでした。
 小規模な会社なので、社長以下全員の距離が近かったのですが、なんといっても親しみやすい人ばかりで人間関係にストレスを感じなかったのが幸いでした。入社前は腰掛け程度と考えていましたが、次第にこの会社での仕事に充実して取り組むようになり、法科大学院に行き直すという現実離れした考えもいつしか過去のものになっていきました。
 ただ、人間関係には恵まれていたものの、残業代や有給取得の仕組みが全く整備されていないことや、営業ノルマの達成を執拗に求められる社風が私には結局合わず、この会社も一年で退職することになってしまいます。

転職希望者へのアドバイス、注意点

 転職は決して後ろめたいことではありません。少しでも現職に不満を覚えていたり、もっと自分に合った仕事がしたいと考えているならば、思い切って転職活動をしてみるのは良いことだと思います。
 ただ、この時の私のように転職動機がフラフラしていたり、腰を落ち着けて働くつもりがなかったりすると、一人で転職活動を続けていくのは心が折れるかもしれません。そうした場合には自分をサポートしてくれる転職エージェントなどのサービスを利用するのもいいでしょう。たとえエージェント経由の応募が内定に結びつかなくても、自分の転職を応援してくれる人がいるというのは心強いものですし、職務経歴書の書き方や面接の話し方について実践的なアドバイスをもらうこともできます。私が転職できたのも、元を辿ればエージェントの助けがあったからだと思います。
 少しでも多くの情報を吸収し、自分のものにして、良い転職ができるといいですね。頑張って下さい。

文:大阪府のH.Kさん(男性)

「転職グッド」編集部が考える転職ポイント

数回の転職を経て、いまは幸せに生活をしている大阪府のH.Kさん。法律の仕事をやってみたいという希望もあり、夢を取るか、現実を取るか、心が揺れ動く中での転職活動でした。文中でH.Kさんも言っていますが、自分が何をやってみたいのかいまいちわからない、でも相談する人がまわりにはいないという場合は、転職エージェントなどサービスを考えてみるのもいいですね。彼らの手元には膨大な求人企業データがストックされており、自分の合う仕事をマッチングしてくれるはずです。でも転職エージェントが何でもかんでもやってくれるわけではありません。最終的にはやっぱり自分の意志と行動力が成功の決め手となります。

●そのほかの人の「転職体験談」も読んでみる

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 求人広告代理店から損保コンサルティングに転職した東京都のN.Yさん(女性)
  2. 食品専門商社へ転職
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 生保から生保
  5. [転職体験談] 信用組合からメンズ系アパレルに転職した Tさん(女性)の話
  6. [転職体験談] 小売業からIT業界に転職をチャレンジしている23才の男性の話 写真はEさんの家の近くにある香川県まんのう公園のルミナリエ

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール