現役看護師が語る!看護師を長く続けるための4つの工夫 [看護師の転職]

現役が語る!看護師を長く続けるための4つの工夫 [看護師の転職]

今回は現在、看護師として働いている皆さんへのメッセージ的な記事です。
看護師は忙しい仕事です。日々の多忙な業務の中で疲労感やストレスを感じてしまうことも多いでしょう。体調を崩したり、辛いことがあると、「もう辞めてしまいたい」「転職しようかな・・」等と考えてしまうこともあると思います。
でもその前にもう一度、夢が叶って入職した時のことを思い出してみてください。看護師は病気や怪我で苦しんでいる人をサポートする尊い職業です。特にこれからの高齢化社会に欠かすことのできない仕事です。同じ看護師への転職ならともかく、看護師自体を辞めてしまうのはもったいない話しです。
だからという訳ではありませんが、今回は、「看護師として1日でも長く働くための4つの工夫」についてお話をします。

1.人間関係が良く、助け合えること

看護師という仕事は、報告や連絡、相談がとても重要であることや、患者の状態によっては他の看護師の援助を受けなければ、1日の業務がなかなか終わらないといった事態も少なくはありません。そんな時に「手伝ってほしい」「~してほしい」と声に出して意思表示をしっかりとできること、そして周りがそれに応じられることが大事ではないかと思います。
そのためには日々の人間関係も影響してくるのではないでしょうか。辛いときに辛いと言える、また誰かが困っているときには助けられる、そのような職場であれば、長く看護師としてその職場で働けるのではないかと思います。1人1人の心がけで良い職場作りをしたいものです。

2.自分の時間を大切にすること

看護師という仕事は、多忙であり、時には残業もあり、とかくストレスが溜まりがちです。疲れてしまうこともあれば、帰りも遅くなることもあります。そんなときに「辞めたい」「転職したい」という気持ちが強くなるのだと思います。(これは誰しも同じですね)
自分だけのストレス解消法はありますか。買い物や旅行、ゆっくりとお湯に浸かる、美味しいものを食べる・・・何でも良いのです。疲れてしまった自分を癒す、「これだ!」という手段を見つけましょう。疲れてしまった日には、自分を十分に労るようにしてください。自分の時間を持ち、自分と向き合うことで「明日も頑張ろう!」と、きっと思えるはずです。現にそうやって乗り越えている看護師さんは数多くいます。

3.自己研鑽をし、自分を高めること

自分の仕事に自信を持っていますか。看護師は業務を行うにあたり、エビデンス(=根拠)が求められます。何故そうなるのか?何故これが必要なのか?その根拠が無いと、わからない時、どこかでつまずいた時に、自信を失ってしまいます。自己研鑽をし、少しずつ自分の知識を増やしていくことでエビデンスが増え、自分の業務にも自信が持てるようになります。業務を行うにあたっての糧にもなります。
自分を高めていくと面白いことに、自然と仕事にやりがいや面白さを感じるようになるはずです。

4.同期や仲間を大切にすること

「同期や仲間を大切にすること」これは特に重要です。あなたには同時期に入職し、苦楽を共にした仲間がいますか。職場の人にはなかなか言えないようなことも、看護業界で働く同期には話せることがあるはず。
看護師という仕事は常に生死の境を目の当たりにする仕事です。自分では気付いていないうちに、心身共にストレスがたまっていることが多いのです。そんな時は同期と一緒にパーっと騒ぐのが効果的です。
もし同期が近くにいない人は、年の近い人や入職が近い人を探すようにしてみてください。自分と少しでも共通点があると身近に感じられるものです。お互いに応援し合いながら、支え合いながら、やっていくと、とても元気が出てきますよ。

最後に

今回は「看護師を長く続けるための工夫」について4つお話ししました。工夫は工夫でもちろん大事なのですが、看護師を長く続けるためにはもっとも大事なものは、看護師という仕事や看護師である自分を肯定できることです。
好きだから続けられる。好きだからやれるということもあるのではないでしょうか。仕事が好き、患者が好き、仲間が好き。看護師を続けるためには、このような「好き」の積み重ねが大事だと思います。つらいことや楽しいことを今後の業務の糧にして、看護師を長く続けていきたものですね。
その他にも「看護師業界で働きたい人へ」ページに多数掲載しています。ご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「鉄道業界」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  2. 看護師に転職-仕事内容や平均年収・給与、向いている人を解説
  3. 「公務員業界」の良い点・良くない点 - 働いている人に答えてもらいました!
  4. 「看護師業界」の良い点・良くない点(その2)- 働いている人に聞いてみました!
  5. 「卸売業界」の良い点・良くない点を働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  6. 「旅行業」はどんな仕事なの?旅行業の概要と特徴、転職ポイントを紹介

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール