有給休暇の取得日数、年間で「5日以下」が 50%以上も – 取得しづらい理由は?

有給休暇の取得日数、年間で「5 日以下」が 50%以上 - では取得しづらい理由は?

有給休暇を取って海外旅行へレッツゴー!と思ってはみるものの現実はなかなか気軽に取得できないことも多いようです。
人材関連サービスのディップ株式会社が2016年8月2日、有給休暇が付与されている902名を対象に、「働く女性の実態調査-有給休暇の取得について」のアンケート調査結果を発表しました。

有給休暇が「0日」の人が 14%も

有給休暇が付与されているという 902名を対象に、「過去1年で有給休暇を取得した日数」を質問したところ
もっとも多かったのは6日~10日の31%、2番目が「4~5日」の20%、3番目が「10日以上」の18%となりました。

一方で、取得日数が5日以下の割合も 51%にのぼり、取得しなかった、出来なかったの「0日」が14%もいました。

年次有給休暇は労働者の権利であるにもかかわらず、取得できている人と取得できていない人との間に大きな差があることがわかります。

過去1年で有給休暇を取得した日数

過去1年で有給休暇を取得した日数

有給休暇が取得しづらい理由

次に有給休暇が取得しづらい理由について尋ねたところ、「上司・同僚が有給を取らない」が36%で最も多い結果となりました。次には「休暇を取ると仕事がたまり、余計に疲労が蓄積される」が32%、「取得理由を詳細に伝えなければならない」、「嫌味を言われる」30%が続きました。

有給休暇が取得しづらい理由

有給休暇が取得しづらい理由

そのほかにも「病気や怪我じゃ無いと受理されない雰囲気がある」(25%)、「自分がいないと仕事がまわらない」(23%)、「申請を却下されたことがある」(12%)、「評価が下がる」(9%)、「有給休暇を取ると皆勤手当が無くなったり、ボーナスに響く」といった、少し悲しい回答も見受けられました。

これらの理由から、直属の上司の考え方によって有給休暇の取得状況が左右されていることが多く、有給休暇を取りやすい雰囲気が会社全体にあるかどうかによって、取得状況が大きく異なることがわかります。

厚労省が進める「有給休暇取得の義務化」について

次に厚生労働省が改正の調整を進めている労働基準法の「有給休暇取得の義務化」について知っているか、という質問をしたところ、「知らなかった」が 72%にのぼりました。

また有給休暇取得義務化には賛成ですか?反対ですか?を聞いたところ、88%が「賛成」と回答しています。

有給休暇の義務化に対するユーザーの声として、「日本は働いているのが偉くて、休んでいるのがいけないという風潮がある。有給も与えられた権利なのに「休みをいただきます」などというのも変。「休みます」でいいのではないかと思います。(さやかりんさん/正社員)」、「割り切って取るべきだとは思いますが、人事評価が下がりそうで恐い。使えなかった分は買い取りができるようになればいいと思います。(びどうさん/派遣社員)」といった意見がありました。

転職グッド編集部より

「有給休暇取得の義務化」などが盛り込まれた「労働基準法改正法案」は現在のところ正式決定ではありませんが、遅かれ早かれ企業は年間5日以上の有給休暇を付与することが義務づけられると思われます。

上記の結果を見ても、有給休暇の取得状況は職場の直属の上司の考え方によって大きく左右されていることがわかります。経営者自身がもし有給休暇の取得を推進させたいと考えているのであれば、通りいっぺんのスローガンを掲げるだけではなく、管理職の意識改革から着手する必要があるのではないでしょうか。

※出典(「はたらこねっと ユーザーアンケート –どうやったらうまく取れる?有給休暇について- http://www.hatarako.net/」)
アンケート調査結果ページ(http://www.hatarako.net/contents/enquete/result/201607/

転職グッド編集部では今後も「働く女性」にスポットを当てた記事を定期的にお届けしています。ぜひ
「働く女性の実情」シリーズをご覧下さい。

女性向けの「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)転職を検討中の女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して(建前の募集ではなく)転職先を探すことができます。
「子どもが出来ても働ける会社」「女性管理職がいる会社」「残業が少ない会社」など、女性目線の絞り込みが出来るのも嬉しいところ。掲載企業は東証一部上場のキャリアデザインセンター運営とあって、大手企業からきらりと光るベンチャーまで多数あります。「女の転職@type(アット・タイプ)」を見る

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 【女性限定】リクナビNEXT「私の転職フェア」東京 が2017.1.14(土)開催(登録でQUOカード)
  2. 2016年8月の転職求人倍率は2.81倍
  3. これから増えていく働き方「限定正社員」のメリット、デメリットは?
  4. 女性のための再就職支援セミナー&個別相談会
  5. 1000人のキャリア女性と企業による日本最大規模の「女性表彰イベント」が12月に開催
  6. 無料の「ブラック企業診断」 自分の会社がおかしいかどうか法律にそった結果がわかります

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール