[私が転職した理由] 離職率が高かった保険営業を辞め、地元農協の事務職に20代で転職

[転職した理由] 離職率が異常に高かった厳しい保険営業を辞め、地元農協の事務職に転職

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は営業ノルマの厳しい保険の営業職から農業協同組合に転職をした北海道の男性(28歳)に話していただきました。

離職率が異常に高く、上司も危険な会社だった

前職は保険の営業職だったのですが、離職率が異常に高かったこととそれに見合った給料ではなかったことが、転職を決意した理由です。

3年で5割以上の人が辞めていきました。歩合制の部分が強いので、しっかり稼げている人は確かにいたのですが、営業所に1人か2人いればいいほうでした。

金融営業は厳しいが給料は高いというのが相場だと思っていたのですが、給料の部分もそのイメージとはかけ離れていて、高くはありません

また上司からのプレッシャーもひどくて精神的に病み、この職場で将来ずっと続けていこうとするイメージが全くつかめませんでした。

若さというのは最大の武器、思い切って辞めるのも手

新しい職場は農業協同組合の事務に入組しました。

もともとは税理士の仕事を目指しており、会計の資格をとっていたこと、まだ第2新卒で年齢が若かったこと、Microsoftオフィス(特段エクセル)の経験がひととおりあったこと、営業経験が生きて人とうまく話せるようになったことが採用された理由だと思います。

また営業で自分で考え、プレゼンする能力も面接の上で非常に役に立ちました。

まず石の上にも3年といって3年勤めてからやめるべきという人もいるかと思いますが、今は世の中の流れが非常に早く3年で大きく世の中が変わってしまいます。

若さというのは最大の武器であるので、自分に合わないと思ったらさっさとやめるのもひとつの手かと思います。(私は実際にそう考えて20代で転職しました)

「転職グッド」編集部からのコメント

(その会社にもよりますが)保険の営業職は数字との戦いが厳しい業界でどうしても365日追い掛けてきます。そのプレッシャーをはねのけるだけの気概が重要なのですが、当の本人にとってはなかなか「言うは易く行うは難し」です。

とはいってもこの方の場合は、会社の給与金額、直属の上司の人間性にも大きな問題があったようです。転職をしたのは恐らく25歳、26歳くらいだと思いますが、現在では大学新卒者の32.3%が3年以内に退職してしまうという現状もあり、企業側でも第2新卒として優秀で若い人材を積極的に採用しようとしているところが多いようです。

この方が選んだのは農業協同組合の事務です。前職から比べると少々意外な気もしますが、金融営業職のノルマで疲れ切っていたのかもしれません。

農業協同組合(通称JA)は、農業者によって組織された協同組合ですから、それぞれの地域とかなり密接に結びついており、協調性や年功序列などいわゆる先進的ではない風土も多く見受けられます。グローバル系企業が合う人、土着系企業が合う人、それぞれですから、転職にあたっては事前にしっかりその業界の成り立ちやこれまでの経緯を調べて、面接に挑みたいところです。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 上司の性格が悪く退職を決意、同じ業界の他社にそのまま転職
  2. [私の転職理由] 1ヶ月で終わるはずの新人現場研修がいつまでも続き、話しがぜんぜん違う(男性25歳・福岡県)
  3. [児童指導員に採用された理由は?] 子供が好きな事、前職で子供の対応には慣れていた事-女性(28歳)
  4. [私の転職理由] アパレル関連から、いきなりフレンチレストランの調理見習いに転職(男性・東京都)
  5. [私の転職理由] 長時間労働のWeb制作会社で身体を壊し退職、同業他社へ(沖縄県・女性25歳)
  6. [私の転職理由] ネット広告の営業職から、なぜかパン屋さんに転職(福岡県・女性29歳)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール