こども専門写真館から児童指導員に転職 – 女性(28歳) の採用された理由は?

[児童指導員に採用された理由は?] 子供が好きな事、前職で子供の対応には慣れていた事-女性(28歳)

前の会社にて転職を決意した理由(退職理由)と、新しい会社に入社できた(採用された)と思う理由を聞くコーナーです。今回は子供向け写真館から放課後児童指導員に転職をした東京都の女性(28歳)に話していただきました。

前職で子どもと接しているうちに児童指導の仕事をしたいと思うように

子供写真城スタジオアリスで5年間勤務しておりました。美容師免許をもっています。お子様の着付けやヘアー担当として、美容師免許もっている方のみの募集がありましたので応募致しました。

お子様に携わって仕事をしているうちに【児童を指導してみたい】と言う気持ちになり、児童指導員の仕事に就くべく転職を決意致しました。スタジオアリスにてお子様の笑顔に触れ、自らの指導で子供たちが前向きで明るい気持ちになってほしいと思い児童指導員の求人に応募し、転職しました。

児童指導員として再就職に成功

放課後児童指導員として就職しました。小学校から帰宅後の子供たちを預かり指導する場です。面接の際は、自分が子供が好きである事、前職にて子供の対応には慣れていること、自分自信が母子家庭で忙しく働く母を見て育ち、なかなか一緒にいれない寂しさやかまってもらえない悲しい思いをしてきたので、子供の気持ちに寄り添った対応をしていきたいと意志を伝えました。

面接対応者の方から『お仕事で忙しい両親に変わって子供たちを預かるので、甘えたい子たちも多いと思います。包み込んであげてください。』と、言って頂きました。

実際に勤務してみると、おとなしい子、やんちゃな子、十人十色さまざまですがしっかりと指導が出来るように、良き理解者になれるように努力しております。とてもやりがいを感じております。

放課後児童支援員とは

「放課後児童支援員」とは、これまで放課後児童クラブ(学童保育)への有資格者の配置は義務ではありませんでしたが、「放課後児童支援員」は基準に基づき、新たに設けられた資格です。「放課後児童支援員」は各都道府県が行う研修を修了した人です。この資格は全国で通用します。

「転職グッド」編集部からのコメント

子どもと触れあうことのできる仕事は女性の人気業種の一つです。自分の接し方の一つ一つが子ども達の人格形成に関わってくることを考えると大きな責任以上にやりがいを感じる人も多いでしょう。

この方は美容師免許や児童指導員の任用資格を持っている上に、前職で子どもの対応にも慣れているということもあって、進化形のような形で自分の希望どおりの仕事に就くことができました。

これらの業種は給料が平均より若干低めという点は否めませんが、地域密着の仕事であること、大好きな子どもと触れあっていられる仕事であることなどから、育休後、子育てが終わった後に再就職する人も多いようです。

女性の方は、↓ 下記の「女の転職@type(アット・タイプ)」を利用してみてください。「子どもが出来ても働ける会社」「女性管理職がいる会社」「残業が少ない会社」「働くママが在籍している会社」など、希望条件から探せる仕組みになっています。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して(建前の募集ではなく)転職先を探すことができます。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [私が転職した理由] 派遣社員と社員の待遇格差を感じ始めたため(40歳女性・神奈川県)
  2. [私の転職理由] 布団メーカーの営業ノルマが厳しすぎて退職、不動産の営業に転職(静岡県・男性)
  3. [私の転職理由] 生協の宅配ドライバーを辞めて、食品調理会社に転職(埼玉県・男性33歳)
  4. [私の転職理由] 鉄鋼会社の製造部門から、スポーツ用品販売業に転職(兵庫県・男性26歳)
  5. [私の転職理由] 自社商品を強制的に買取させられる会社を退職(茨城県・女性23歳)
  6. [私の転職理由] ネット広告の営業職から、なぜかパン屋さんに転職(福岡県・女性29歳)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール