「電子部品・デバイス・電子回路製造業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴、仕事内容 [業界研究]

「電子部品・デバイス・電子回路製造業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴、仕事内容 [業界研究]

「電子部品・デバイス・電子回路製造業」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴、仕事内容 [業界研究]

「電子部品・デバイス・電子回路製造業」の特徴

 数ある製造業のひとつに、電気機械ツールや情報通信機械ツールなどに組み込まれる電子部品、デバイス、電子回路を製造する分野があります。
 電子部品とは簡単に説明すると、電気機械類がそれぞれの正常な動作を行うために内蔵されている部品の総称です。半導体は電子部品の中でも「能動部品」と呼ばれるカテゴリーに属します。それに対し「受動部品」と呼ばれるものには抵抗器やコイル、コンデンサなどがあります。コネクタ、端子、スイッチなどの「接続部品」と小型モーターなどに代表される「交換部品」、その他の部品を加えると、電子部品は5つのカテゴリーに分類されます。
ただ、このうち半導体を含めた能動部品を「デバイス」として区分し、それ以外の4分類を「電子部品」とする記述もあります。

 世界の電子部品市場は半導体を除いても約21.5兆円とう統計結果がありますが、そのうちの4割近くを日本製品が占めています。世界市場における日本製品が極めて重要な立場にあることを物語るデータです。
 日本の電子部品メーカーが競争力を高めたのには様々な要因が挙げられます。高度な素材技術や顧客への確かな技術対応力といった要因は、追随する競合他社や新興の海外メーカー勢に対する高い障壁となっています。
 生産拠点を物価の低い国外に移すなど、コスト面での競争力を高めたことも大きな要因ですが、メーカー各社には家族や同族を幹とする企業が多く、経営層にリーダシップがあることも有利に働いたとする声もあります。
 日本の電子部品メーカーが世界で高いシェアを誇る要因から、この業界への転職のポイントを考察すると、まず技術習得や競争力の維持といった面において責任、やりがいを見出せる業界であるといえます。環境面としては海外赴任や同族企業への適応が求められる場合があるといえるでしょう。

 ちなみに「電子部品・デバイス・電子回路製造業」の主な企業としては、ルネサスエレクトロニクスや東芝セミコンダクタ、セイコーインスツル、村田製作所、ローム、京セラ、太陽誘電などがあります。

「電子部品・デバイス・電子回路製造業」の現況

 先に触れたように、日本のメーカーが製造する電子部品は世界シェアの約40%を占めています。これを分類ごとに見ていくと、「受動部品」のカテゴリーにおいて約50%、「構造部品」においては約75%と圧倒的な数値を誇っています。世界規模で見ても電子部品生産額は前年比を上回る勢いとなっており、成長業種であるといえます。
 日本の電子部品メーカーが生産の拠点としているのは、中国をはじめとする国外が中心です。ここ最近では国内に新工場を立ち上げる動きも出てきましたが、それでもなお日本の電子部品メーカーによる国外生産の割合は約70%を推移しています。その背景にはEMS(生産受託サービス)の存在があります。

 現代社会で大きな需要を持つスマートフォンやタブレット端末は、販売するメーカーの自社生産ではなく販売メーカーから委託されたEMSが生産しています。そこで、各電子部品メーカーも製造した部品類をEMSに納品するのですが、EMSは生産拠点の多くを国外に置いているため、輸送費や税金、人件費などを考慮すると部品メーカーも国外に拠点を構えた方がコストを低減できるのです。

 一方、デバイス(電子デバイス)の領域における日本メーカーの生産シェアは苦戦の傾向にあるとの指摘も存在しますが、これは「電子部品に比べれば」という前置きが必要でしょう。半導体の世界市場は約35.5兆円、そのうち10%程度が日本メーカーのシェアとなっています。
 電子デバイスには真空管などの電子管や半導体素子、集積回路といった種類がありますが、この領域で日本メーカーの課題となっているのは、特許や知財などのIP(Intellectual Property)に関する戦略の向上です。

「電子部品・デバイス・電子回路製造業」に転職を考えている人へ

 電子部品やデバイス関連の製造業には、取り扱う製品ごとに様々な企業や環境があります。製品としても半導体や集積回路、コンデンサ、スイッチ関係、各種のLEDパーツ、液晶を用いたパネル関連、照明器具など多岐に渡ります。また、例えば「光電変換素子製造業」という分野がありますが、その中でも発光ダイオードやフォトカプラ、インタラプタなど領域が細かく分かれています。その他にも、音響部品や磁気ヘッド、小型モーターといった製造分野があります。
 この業界への転職を希望する方は、まずご自身が進みたい分野や領域をしっかり把握することをお勧めします。希望する領域と異なる企業を選んでしまうと、学んだことや経験した事が活かせないばかりか、内容が希望に適っていないことで意欲を低下させてしまう可能性もあります。逆に、ご自身が本当に興味を持っている領域で仕事ができるようになれば、意欲を伴って技術や知識をどんどん吸収していくことができるでしょう。

 それぞれの企業(メーカー)が募集する職種も様々です。主だったものとしては、製品の研究開発や設計業務といった専門職、工場での製造職、事務職や営業職、総務関連などがあります。製造業では、例え事務職や総務といった内勤業務でも、取り扱う製品に興味がないと長く務めることは難しくなります。また製造職は夜勤も含めた3交替制の工場も少なくありませんので、健康面などにある程度適性が必要です。
 開発や設計といった技術職や製造職は時期を問わず求人があります。また、貿易事務、国内外の特許申請を経験した弁理士、語学力を伴う営業・技術経験者などは将来性もあり優遇されるでしょう。

●そのほかの「製造業界」の話を見る

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 「左官工事業界」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  2. 「英会話など各種カルチャー・スポーツ教室」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴 [業界研究]
  3. 「木材・木製品製造業」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  4. 「出版業界」に転職を考えている人へ – 業界概要と特徴、仕事内容 [業界研究]
  5. 「飲料・たばこ・飼料製造業」の概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  6. 看護師の面接で聞かれる質問と解説 -その1 [看護師の転職]

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール