[転職体験談] 小売業からIT業界に転職をチャレンジ中の23才男性 E さんの話

[転職体験談] 小売業からIT業界に転職をチャレンジしている23才の男性の話 写真はEさんの家の近くにある香川県まんのう公園のルミナリエ

[転職体験談] 小売業からIT業界に転職をチャレンジしている23才の男性の話
写真はEさんの家の近くにある香川県まんのう公園のルミナリエ

「IT業界」への転職を思い立った経緯

私は、普段小売業で働いている既卒1年目の社会人です。その私が、IT企業へ転職しようと思い立ち、実際にどのような行動をおこしたのか体験をお話ししたいと思います。
まずは現在の小売業界で働くことになった理由です。いま私は青果部門で野菜を販売しております。小売業界で働きたかったわけではなくて、大学を卒業後、家の事情の関係で引っ越しをしました。
当時は、就職先を探して、とりあえず働かなければならないという思いがありました。私が、就職先として受けた小売業界は、青果部門のように物を販売する部署がほとんどですが、その中に総務の募集があったのです。総務は、パソコンの入力がメインで、新入社員の採用が仕事であるならば、業務的に自分に合っていると思い、面接を申し込んだのです。
ですが結果的に、新入社員が総務に行けることはありませんでした。新入社員は、青果部門やレジなど現場配属が決定していたのです。ですので、誰1人として事務所で総務の仕事に配属される人間は、いなかったのです。それだったら最初から、総務の仕事ができるようなことは記述しないでほしいと思いましたが、どうしようもありません。総務に入ることができないショックもありましたが、その後、転職の2文字が頭によぎるようになりました。

具体的な転職活動

具体的な転職活動として、私がどのように仕事を見つけて、どのように面接に行ったのかについてです。
私は職業安定所(ハローワーク)で仕事場所を発見しました。職業安定所の仕事は、良い案件などあまり無いと思いがちですが、そんなことはありません。季節的なものにも左右されますが、しっかりと探していけば、意外に見つかるものなのです。
私が申し込んだのは、地元のIT企業でした。私は大学の頃、マーケティングを習っていたため、さまざまなビジネスに興味があり、ホームページに広告を掲載することで収入を得るアフィリエイトを手掛けていたこともありました。
でもその会社はシステムやプログラム構築をメインとする会社なので、自分にとっては完全に未経験の分野です。ですので、プログラマーとしての応募ではなく、事務職として応募をしました。
ところが、面接でいろいろと話しをしているうちに、先方から「プログラムの才能があるかもしれない」と言われ、技術者の面接を受けることを勧められたのです。私が独学でアフィリエイトビジネスをやっていたことなどを聞いて、途中からシステムエンジニアの面接に変わったわけです。
でも実際は様々な技術的な質問に対して回答がめちゃくちゃだったと思います。プログラム未経験者が、プログラムに関する質問を受けるのですから予想はつきますよね(笑)。マーケティングについては多少自信があったので、自分の頭の中にあることをハキハキと言えたのですが、それが面接を上手く乗り切れた理由なのかは不明です。

まだ合否結果は出ていませんが、良い感じです

現在、結果はまだ出ていません。でもこの前、電話をしてみると、「あなたがやりたいと思っていることと、会社の業務が違うので、その点についてあなたの確認をとりたいので、もう一度面接がしたい。」と言われ、再度訪問することになりました。プログラム未経験ということもあり、やりたいことも分からなかったので当然といえば当然です。
でも、先方の電話での口ぶりはけっこう良い感じでした。しっかりと仕事を学びたいということを伝えれば、合格するのではないかと勝手に思っています。
前回の面接ではたとえば「あなたにとって失敗とは何ですか?」を聞かれました。それに対して私は「マーケティングにおいて、1000回以上の検証が必要だったときに、一つ一つの結果に対して失敗だと考えたことがありません。そのやり方では成功しないという事実でしかないので、失敗だと感じたことがありません。」と答えました。向こうの面接官もなるほどと納得していたので良かったのではないかと思います。
でもシステムエンジニアに関することをしっかりと調べなかったことは失敗でした。まさか途中で採用職種が変わるとは考えていなかったので、とりあえず、いけるんじゃないかという根拠のない自信で面接に行ってしまったことですね。

まだ結果は出ていないのですが、なんとなくうまく行きそうな気がします。自信を持って面接に行けば、面接を突破できる確率は上がるのではないかと思っています。

●その他の「転職体験談(成功・失敗)」もご覧下さい。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [転職体験談] 生保から生保
  2. 転職体験談
  3. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  4. 「自己紹介文は超大事だよ!」と転職後にあらためて思った Yさん(女性)の話
  5. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)
  6. 食品専門商社へ転職

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール