「宿泊業(ホテル・旅館など)」はどんな仕事?概要と特徴について[業界研究]

「宿泊業(ホテル・旅館など)」はどんな仕事?概要と特徴について

「宿泊業(ホテル・旅館など)」はどんな仕事?概要と特徴について

2020年の東京オリンピックを控え、建設ラッシュの好況に沸く「宿泊業」。訪日外国人旅行者数も2014年には1,341万人、2015年はすでに過去最高記録が確実視されている。一方で平均給与や正社員率の低さなどの課題点も多い。

宿泊業に転職するにあたってチェックしておくポイントはどこにあるのだろうか。

「宿泊業(ホテル・旅館など)」の特徴

「宿泊業」というと旅館やホテルをまずイメージしがちですが、他にも簡易宿所と呼ばれるカプセルホテルや山小屋、下宿屋、共済組合など特定の対象者向けの保養所やキャンプ場なども含まれています。業務内容は多岐に渡り、フロントなどの接客業務から厨房、清掃、設備管理のほか本社等の組織管理部門を持つところもあります。

宿泊業で働く人は「サービス産業動向調査年報 平成25年」によると約76万人で、前年比では1.7%の減少となっています。
2014年度の新規求人数では「医療・福祉」や「小売業」などに続く第5位となっており、7万人の募集があった点にも注目したい。ただし、その中での正社員求人の割合は年々低下しており、ついに30%を割り込んでいるのが現状だ(厚生労働省・労働市場分析レポートより。こちらも飲食サービス業含む数値)。
平均給与を見てみると、業種別の中では最も低く、237万円(国税庁2014年分「民間給与実態統計調査」)となっており、100万円以下の人が28.4%いることからもパートタイムなどの働き方が多いことがうかがえます。
業界としての売り上げは季節によって大きく差があり、特に3、5、8、10月で売り上げが高く、夏休みの8月は飛び抜けています。こうした繁忙期を中心とした時限的雇用が見られるのも宿泊業の特徴でしょう。

近年の「宿泊業」の状況

東日本大震災の後しばらくは、宿泊業含む観光業全体の低迷期がありましたが、2013年から2014年にかけて売上高の前年同月比は微増に転じています。追い風となっているのは円高の影響や、中国・東南アジアなどから団体で訪れる「爆買い」の観光客の増加でしょう。実際、中国の連休前後には都内のビジネスホテルはもちろんカプセルホテルに至るまで、予約がとりにくくなるという現象が起きています。そうした訪日外国人の増加やさらなる国内需要を見込んで外資系ホテルチェーンなども次々と参入し、業界内の競争は激しさを増しており、2020年の東京オリンピックを視野に入れると、この先数年間は好況の流れが続くと予想されます。

また近年は、米・Airbnb (エアビーアンドビー)の進出により、個人が所有するマンションや住宅の空き部屋に旅行者を有料で提供する「民泊」が広がりを見せていますが、厚生労働省と国土交通省は2016年にも登録制で解禁することを発表。「宿泊業」も大きく変わろうとしています。

人々の旅行や出張がより豊かになるためのサービス

普段の生活とは異なる非日常空間、ふかふかのベッドや布団、その土地ならではの美味しい食事とお酒。人々の旅行や出張がより豊かなものとなるようサービスを提供するのが宿泊業の醍醐味です。
先に訪日外国人の増加傾向について触れましたが、今や東京や京都のみならず日本のあちこちに、北海道のスキー場から長野県の温泉地へまで外国人が訪れる時代となっています。日本を初めて訪れた外国人旅行者に対して、宿泊業の持つ役割はとても大きなものです。日本の印象は宿泊先で出会った人の印象で決まると言っても過言では無いでしょう。日本で良い思い出を残した旅行客は帰国後に「日本はとても良い国だよ」と広めてくれるはずです。
そこで必要とされるのが語学力。英語や中国語が少しでも話すことができるとなれば採用率もアップ。また、日本のハイレベルな宿泊業界においてはおもてなしの心や清潔感だけではもはや生き残れないため、観光業との提携や独自プランの打ち出しなど多角的な試みへの意欲も期待されています。

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. [看護師の転職] 職場を選ぶならやっぱり病院勤務?良い点を4つ紹介
  2. 「情報通信業界」の良い点・良くない点(その2) - 働いている人に答えてもらいました!(転職の参考にどうぞ)
  3. 「非鉄金属製造業」はどんな仕事なの?概要と特徴、転職のアドバイス [業界研究]
  4. 准看護師としての就業経験が 7年以上に大幅短縮
  5. 「コールセンター業界」の話 - 転職希望者への具体的なアドバイス
  6. 「金融業界」の良い点・良くない点(その2) - 働いている人に聞いてみました!(銀行・證券へ転職)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール