2016年8月の転職求人倍率は2.81倍、求人数は21カ月連続で最高値を更新(DODA調べ)

2016年8月の転職求人倍率は2.81倍

転職サービス「DODA(デューダ)」などを運営するインテリジェンスが9月にまとめた2016年8月の求人倍率は、前月に比べ0.29ポイント増の2.81倍でした。求人数は前月に比べ100.7%で21カ月連続で最高値を更新しました。

求人倍率は2015年夏以降2.5倍を超える月が多く、転職者に有利な売り手市場の状態が続いています。倍率を業種別にみると「IT・通信」がもっとも高く6.73倍、次いで「メディカル」の3.28倍、「サービス」の3.25倍、「メディア」の2.91倍と続きます。もっとも低いのは「商社/流通」の0.94倍でした。

また、求人数が増加したのは「金融」「メディカル」「メーカー」「商社・流通」「小売・外食」「その他」の6業種で、特に伸びたのは「小売・外食」(前月比8.5%)、「金融」(前月比7.2%)でした。

「求人倍率は依然として高水準が続き、転職希望者にとってチャレンジしやすい状況となるでしょう。」(DODA編集長 木下学さん)。半期の10~3月の採用計画に向けた募集が始まり、9月以降も求人数は増加見込みとのことです。過去の「DODA転職求人倍率レポート」もご覧下さい。

2016年8月 転職求人倍率 2.81倍

過去3年間 月別 転職求人倍率

年度/月 2016年度 2015年度 2014年度
4月 2.98 2.45 2.24
5月 3.09 2.37 2.5
6月 2.68 2.23 2.18
7月 2.52 2.32 2.20
8月 2.81 2.70 2.38
9月   2.58 2.34
10月   2.49 2.25
11月   2.62 2.34
12月   3.03 2.69
1月   2.59 2.16
2月   2.60 2.14
3月   2.81 2.28

業種別 転職求人倍率(2016年8月分)

倍率を業種別にみると「IT・通信」がもっとも高く6.73倍、次いで「メディカル」の3.28倍、「サービス」の3.25倍、「メディア」の2.91倍と続きます。もっとも低いのは「商社/流通」の0.94倍でした。

求人倍率 求人倍率 前月比 前年同月比
全体 2.81 0.29 0.11
IT・通信 6.73 0.56 0.45
メディア 2.91 0.31 0.47
金融 1.88 0.31 -0.16
メディカル 3.28 0.20 -0.34
メーカー 1.82 0.19 0.05
商社/流通 0.94 0.16 0.10
小売/外食 1.34 0.24 0.42
サービス 3.25 0.28 0.18
その他 1.92 0.31 0.07

業種別 求人数増加率(2016年8月分)

求人数が増加したのは「金融」「メディカル」「メーカー」「商社・流通」「小売・外食」「その他」の6業種で、特に伸びたのは「小売・外食」(前月比8.5%)、「金融」(前月比7.2%)でした。

  前月比 前年同月比
全体 0.7% 25.3%
IT・通信 -0.6% 13.8%
メディア -1.2% 71.6%
金融 7.2% 21.4%
メディカル 1.0% 5.4%
メーカー 0.9% 28.6%
商社/流通 2.8% 19.2%
小売/外食 8.5% 61.4%
サービス -0.4% 27.9%
その他 6.2% 61.1%

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 有効求人倍率から見る「もっとも採用されやすい職業、採用されにくい職業」
  2. 女性の育児休業取得実績がある企業は84%、課題は代替要員
  3. マイナビ保育士「職場発見セミナー
  4. 「日本の給料&職業図鑑」が大ヒット!RPG化で楽しく、日本の職業375種の解説と生涯賃金も
  5. 過去50年間の夏のボーナスを比較、昭和45年の賞与はわずか13万円だった
  6. 平均労働時間が一番少ない業種は?全業種の2015労働時間ランキングを発表

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール