自己都合退職の失業手当給付日数を、現在の最大150日から180日以上に増やす方針

自己都合退職の失業手当給付日数を、現在の最大150日から180日以上に増やす方針

9月5日の日本経済新聞によると、厚生労働省は自己都合で退職した人の失業手当の給付日数を、現在の90日~150日から、最低でも30日増やして180日以上にする方針を固めました。

自発的に退職した人の失業手当は、2003年の制度改定で給付日数が90日~180日から最大150日に減らしていました。厚労省は今回の改定で少なくとも2003年の水準まで戻したい意向です。また失業や解雇など「会社都合」で退職した人の給付日数も同時に議論をおこなう予定です。

失業保険は、雇用保険制度のひとつで、失業した人や教育訓練を受ける人に対して、失業等給付を支給する制度。1週間の所定労働時間が20時間以上、31日以上の雇用見込みがある労働者は、事業所規模に関わりなく、原則として、全て雇用保険の被保険者になります。

今回の見直しの経緯としては、現在、雇用情勢は平成27年10月時点で有効求人倍率は1.24倍、完全失業率3.1%と、着実に改善が進んでおり、また雇用保険の財政収支も平成26年度末の積立金残高は6兆2,586億円となっていることから、失業給付を過去の水準まで戻しても問題無いと判断したようです。

9月5日におこなわれる職業安定分科会の雇用保険部会で検討を始め、年内までには結論を出す予定です。安倍政権の重点政策である「働き方改革」を受けて、今後はこれまで以上に若年者20歳~35歳、高齢者、女性、障害者等の雇用を支援していくとしています。

どのようなメリットがあるのでしょうか

給付日数が長くなると、求職中の人にはいろいろなメリットがあります。
●手当を多くもらうことができます
いままで最大150日(約5ヶ月)だったものが、仮に180日(約6ヶ月)になると、単純にもらえるお金が増えることになります。もちろん早く仕事が決まることが一番ではありますが、これが嫌だという人はいないと思います。

●あせらず仕事を探すことができます
これまでは失業手当が切れる前に、妥協をして不本意に仕事を決めてしまった人もいるかもしれません。給付日数が長くなると余裕が出て来ますので、さらに良い会社を探すことができるようになります。

●転職しやすくなります
今回、国が意識しているのはこの点かもしれません。仮に仕事を辞めてから探し始めようと考えている人(前職に在籍中から探さない人)にとって、最大150日というのは長いようで短くもあります。特に家庭を持っていて子どもが小さかったりすると、収入ゼロというのはどうしても避けたいため、転職を踏みとどまっていた人も多いのではないでしょうか。今回の制度改革で何日間増えるのかは決まっていませんが、その分だけ余裕が出るということは、間違いなく転職を検討する人が増えると思われます。
労働環境の悪い会社から良い会社へ、停滞業種から成長業種へ、賃金の低い会社から高い会社へ、人材が転職しやすいように国が後押しをすることで、停滞企業を淘汰し、経済を活性化させる狙いがあるのです。

●厚生労働省 雇用保険制度

転職面接・試験前にこちらをぜひどうぞ

転職活動、特に採用面接はノープラン(無計画)、ノーガード(無防備)で挑まないようにしましょう。事採用企業側の求めている人材を把握すること、自分の性格の強み・長所短所を把握すること、明確な職業意識、強い就労意欲があることが大事です。

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収を診断実施中

無料で10分、あなたの性格特性や想定年収診断を実施中!転職面接の前にこれまでに40万人以上が受けた診断テスト(無料)をぜひ受けておいて下さい。たった10分で「自分の特性」や「予定内定社数」や「予想年収」が一緒にわかってしまうという優れものです。自分の転職力点数や総合順位が出る上、各項目ごとに詳しい解説があります。さらに終了後は求人情報も見られるので一石二鳥!
「@type(アット・タイプ)-無料で10分、性格特性や想定年収診断」へ

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!

今の年収は適正なの? スマホでそっと調べよう!一問一答形式に答えていくだけで今のあなたの評価や年収が適切なのかどうかが分かります。ちなみにS君(26歳)はフィット年収が602万円と出て「こんなに上がるの?!」とびっくり。
「今の年収は適正なの? スマホでこっそり調べよう!」

女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」がおすすめ

女の転職@type(アット・タイプ)女性の方はまず「女の転職@type(アット・タイプ)」をおすすめします。無料です。掲載されているのはいずれも女性歓迎(女性を採用したい)の企業ばかりなので、安心して転職先を探すことができます。
「女の転職@type(アット・タイプ)」登録(無料)ページへ

関連記事

  1. 平均労働時間が一番少ない業種は?全業種の2015労働時間ランキングを発表
  2. これから増えていく働き方「限定正社員」のメリット、デメリットは?
  3. 非正規社員と正社員の賃金格差を無くす「同一労働同一賃金」が実現?(働き方改革)
  4. リクナビNEXTでは、企業の社員と会える転職フェア
  5. 正社員転職の合同企業説明会 「KYOTOジョブフェア」が12月17日(土)に開催- 近畿圏の企業120社が集結
  6. ハローワーク立川、就職面接会「就職フェアin昭島」を2016年10月14日(金)に開催(参加無料)

転職体験談(成功・失敗)

  1. 食品専門商社へ転職
  2. [転職体験談] クレジットカード会社に転職したY.Sさん(男性)のケース (内定辞退の話も)
  3. [転職体験談] 美容卸業界から飲料卸会社に転職を決めた愛知県のS.Nさん(男性)
  4. [転職体験談] 実務翻訳者から南の島で念願の広告代理店に転職(沖縄県R.Nさん女性)

面接の前に自己診断を!

面接の前に「自己診断テスト(無料)」をして、自分の強みを言えるようにしておこう

入社したい会社の面接は緊張するもの。面接官は役職付きのケースがほとんどだからプレッシャーもかかります。無料の「自己診断テスト」で自分の強みを上手にアピール出来るようにしておきましょう。 自分の強みを把握して、面接の自己アピール